Z会ブログトップへ

2009.10.11 23:25

本日、Z会の創立78周年!記念式典を行い、「教育」についての講演やパネルディスカッションが行いました。
#参加は社員とその家族のみです。

教育についての話を聞いているときの自分は…


やっぱり楽しい。

「中教審」「一条校」などの、一般の皆さんではぱっと漢字が思いつかないかもしれない単語も聞き取れる。
そのことによって話の含みが広がり、脳裏に様々なことが描かれる。

子ども達の話をする講演者から発する言語はいちいち「聴き」いる。


…やっぱり、教育が好きなんだなあ、自分、と思います。


9日の金曜日も、夜お酒を呑みながら、教育について熱いディスカッションを、教育産業で長く生きていらっしゃった(Z会じゃないですよ)先輩…もうすぐ60歳になります…と交わしました。
僕の言葉なんてまだまだ重みはないんですけど、そんな方とお話できるだけで(話についていけるだけで)幸せです。


この数年、Web関連の業務で突っ走ってきたため、Webの世界ではそこそこ名前が通るようになりました。
日経マーケティング・イノベーションアウォードでは賞まで頂戴し、「Webマーケティング」では結構な高みに到達したかな、という感覚があります。

しかし、この高み、普通の人でも頑張れば割りとすぐにたどり着く高みなんじゃないかな、僕だって数年前まではWebド素人だったし…という感覚もあります。



このブログでは、自分のことを「教育」「Web」「マーケティング」の人、と、臆面もなく(笑)述べています。
ネット周りの活動もここしばらく続いているため、自分の一番の強みは「Web」ではないかな、と思うときもあります。


でもやっぱり違うんですよね、自分の強みは「教育」について好きで、勉強しながら、民間企業~つまり、ビジネスの世界~にいる、ってことなんですよね。

教育に携わる人は、素晴らしい理念を持っていることは多いですけど、その理念を「仕組み」に落とし込んで多くの人に伝えるように構築したり、理念を組織ぐるみで継続的に取り組んだりすることが苦手な人が少なからずいる一方で、民間企業であれば、ゴーイングコンサーン~利益を出すことで企業が継続できる~を意識しながら仕事に取り組みますから、(組織としての)生産性の向上なども無意識に頭の中に浮かべられますから。

そんな民間企業で培った教育を取り巻くセンス(とでもいいましょうか)は、良くも悪くも「異質」です。


金曜と日曜、「教育」にどっぷりつかり、「この空間普通じゃないよね」と思うことにより、やっぱり自分は「教育」を忘れてはいけないんだ、と、改めて思ったのでした(^^
Tags :
総合
ソーシャルブックマーク:

プロフィール

プロフィール画像
寺西隆行
ICT CONNECT 21 の寺西隆行です。小松高校→東大理一→工学部環境系→教育の道へ。教育とマーケティングをずっと見つめながら過ごすことが喜びです。
※スパムのためコメント欄は閉じました(すいません)。

カレンダー

<<   2009年10月   >>
        01 02 03
04 05 06 07 08 09 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ