Z会ブログトップへ

2009.01.31 22:38

正月に帰れなかったので、今実家でのんびりしていますー
Tags :
総合
ソーシャルブックマーク:

2009.01.30 17:56

本日はZ会のニュースリリースよりお届けします!

===

株式会社Z会(http://www.zkai.co.jp/home/index.asp)は、運営するSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)「パルティオゼット」(http://www.zkai.co.jp/z-style/com/index.asp)において、中高生を対象に、親から言われてイヤな言葉についてのアンケートを行いました。結果は下記の通りです。


◆◇◆◇◆◇

1位 早く○○しなさい(24%)
2位 勉強しなさい(23%)
3位 友達との比較(11%)
4位 あなたには向いていないかも(10%)
5位 兄弟姉妹との比較(8%)
6位 テレビ(ゲーム)を消しなさい(3%)
7位 お手伝いをしなさい・部屋を掃除しなさい(いずれも3%)

◎数字上同じパーセンテージで順位が違うものは、小数点以下の部分の差
◎回答者数245名(中学生121名、高校生124名)
◎回答募集2009年1年19日-1月25日

◆◇◆◇◆◇

「言われなくてもわかっているよ!」と思っていることを、皆さんが言われたらどうでしょうか?
誰かと比較して愚痴られたらどんな気持ちになるでしょうか?
自分が真っ直ぐに目指していることを、自分以外の人に否定されるなんて…
いずれも、大人の皆さんも、自分自身が言われても嫌な気持ちになると思います。

親の気持ちからすると「わかっているんだけど、つい…」ということもあるでしょう。
しかし、1位、2位の子どもの「嫌だ!」と思う気持ちを見ると、子どもも「わかっているよ!」という心が背景にあると考えられます。

「わかっているんだけど、つい…」という気持ちに甘え、子どもの「わかっているよ!」という反抗心を過剰に生み出すのは、よくないですよね。


ときには子どもに言いたくなるときもあるかと思います。しかし子どもは何よりも「しつこく言われる」のが嫌いです。言いたくなる気持ちをグッとこらえ、こらえ…を繰り返すと、親の「言いたい気持ちをこらえているんだろうな」と子どもにも伝わり、きっと親が「言いたいけど言わなかった期待」を自然と実践するようになるのではないでしょうか。


なお、フリーアンサーには次のようなものが寄せられました。子どもの気持ちをしっかり見つめてもらうため、できるだけ多く、掲載いたします。


◆(「勉強しなさい」って言われて)親は僕たちくらいの時はどうだった、て聞きたいです。(神奈川・中1)

◆今からゃろーとしてることを早くしなさぃ!って言われたらむかつきます!やる気がなくなりますね。(兵庫・中1)

◆勉強のことなんだけど、もっと努力しなさいとか。自分では一生懸命やってるつもりなんですけどね。(東京・中1)

◆何か欲しい時に、あの子も持ってると言うと自分は自分、他人は他人と言うのに比較はする!(東京・中1)

◆やれば出来るんだから頑張りなさい(もう頑張ってるって!!)(愛知・中2)

◆部活から帰ってきて、「くさいよー(笑)いつもソファーで寝るんだからー(笑)」すぐ風呂入ってるし、いつも寝てない。いつの話だ!(東京・中2)

◆1回言われたら分かるのに何回もしつこく言われたらムカつく。(どんなことでも)(兵庫・中2)

◆自分は頑張ってるのに、親に姉と比較することを言われると、かなり「イラっ」とします。(北海道・中2)

◆「なーんだ、勉強してんのかと思った」がっかりしたかんじのこと言われると、やな気分になります。(東京・中2)

◆たくさんあるけど、今日言われたことです↓「テストで50番以内に入ってなかったら、卓球教室辞めさせるからね!」(埼玉・中2)

◆私だって、できる限り頑張ってるんデス…。いくら私の周りの子が頭いいからって、比べないで!!(大阪・中2)

◆最近勉強センナァと、聞こえるような独り言を言う。(鳥取・中2)

◆「あなたならできる」など期待をかけられる言葉(神奈川・中2)

◆僕はその人じゃないぞっ!て思います。(愛知・中3)

◆「○○したら、買ってあげる」など、上から目線の言葉。「高校合格したらケータイ買ってやる」っていうのが、一番ショックでした。(神奈川・中3)

◆そんな偉い友達と比較されても仕方がないのに…(兵庫・中3)

◆早くお風呂はいりなさい、が一番むかつきます(´д`)言われなくてもはいるよ・・・(大阪・中3)

◆あんな友達と一緒にいるから・・・って言われるのが一番イヤ!!!友達のせいにしないで!って感じです。(東京・中3)


◆親の立場を利用して愚痴られると本当に気分を害する。同じ立場に立って辛さを共有しあえたらどんなに幸せだろうか。(徳島・高1)

◆「勉強しなさい」は苦にならないですね。してない自分が悪いですから。(東京・高1)

◆ずーっと何時間も勉強してて休憩にちらっとリビングに行くと「遊んでばっかいないで勉強しなさい!」て言われる部屋で私が頑張ってたことも知らずにそういうこと言われるといらいらする!(神奈川・高1)

◆まず、育った環境が違うのにくらべるのはおかしいって!!(埼玉・高1)

◆自分より勉強出来る友達とか、顔が可愛い友達とかと比べられるたびに、自分がダメな子だからこんなこと言われるんだ、って自分を責めてしまいます・・・(東京・高1)

◆目的は分からなくもないものの、なんかネガティブなことばっかりぐだぐだぐちぐち酔っぱらいみたいに言うとき。「無理でしょ」「向いてない」「お先真っ暗」最高に腹立ちます。そして言い返せる言葉がありません。でもキレたらまずいんで、親がどっか行ったあとにソファやクッションを思いっきし殴ってます。社会はこういうのばっかりだと割り切れればいいんですが、そう思うとかえって失望してしまいます。(茨城・高2)

◆「あなたには向いていないかも」こういう言葉に限らず僕たちの頑張りを否定するようなことを言うのはやめてほしいです。。(徳島・高2)

◆学費はこれだけかかってるから、生活は厳しいのよ(岩手・高2)

◆何もいわれないことが嫌だ…(鹿児島・高2)

◆「勉強しなさい」と、まるで自分が、言われなきゃ全く何もできないでくのぼうみたいに感じる。というよりも、言うタイミングがいつも悪いと思う。タイミング力のない小言は、耳障りなだけです。(京都・高2)

◆そんなんじゃ○○大に現役合格なんて無理よ(東京・高2)

◆「勉強しなさい」やっぱりこれです。3年間で学力がここまで伸びたのも口うるさく言わない親の存在が大きかったと思います。(岐阜・高3)

◆「男ってダメね」男が何をするにも大雑把で細やかな処置ができないことを言っていると思われるが、「男」と括るのは失礼極まりない。(岡山・高3)

◆ずいぶん前にこぼした愚痴を蒸し返されてケチョンケチョンに批判されること(神奈川・高3)

◆親の学生時代と、今の自分の、優秀さを比較すること。数十年前のこと言われても・・・。(静岡・高3)

◆今まさにやろうとしているコトに対して(~しなさい、と)言われると、イラッときます。(大阪・高3)

◆二つ年下の妹がいるんだけど、この年になって比較されちゃうとカチンとくる…(石川・高3)

◆「そんなの無理だよ」将来の夢、行きたい大学、色々否定されるのが嫌です。(千葉・高3)


全部読んだあなた、「そうそう、そうだよねえ!」という気持ちになりませんでしたか?


ブログの応援は!→ここをポチッと。
Tags :
総合
ソーシャルブックマーク:

2009.01.29 21:08

mixiで何気にあげた表題のタイトルのようなもの、マイミクさんがいつも以上に見たので、やはり衝撃的なタイトルなんでしょうね(笑)
僕としては何も意識せずに書いたんですけど。

さて本題。

お世辞でも、自分の気持ちに嘘をついているわけでもなんでもなく(と、きっとこのブログをずっと読み続けてくれている読者の皆さんだったらわかるとは思いますが)、Z会という企業のことは大好きですし、入社して10年以上たっても「選んだ会社がこの会社でよかったな」という思いに拍車こそかかれ、思いが薄れることはありません。
今の僕の活動を認めてくれる仲間と組織としての「仕組み」は、他社の人間に聞くと羨ましいといつも言われますので。

一方で、すべてにおいて自分の望みどおりの会社や組織というものはありませんよね。
なので、Z会のことは好きでも、毎日起きる事柄の中で、自分の意志や気持ちに反することももちろんあります。


昨年の秋に差し掛かる頃から年末にかけて、そういうことが立て続けに起き…
もともと「この会社に雇用されよう」という発想ではなく、「自分のやりたいこと、伝えたいことを一番叶えられるのがこの会社だ/そして、それを叶えさせてくれる今の会社に感謝しないと」という指向性なものですから、一気(?)に、汚い言葉を吐くことを許されるとしたならば

「ここまでいろいろ主張しているのに、叶えてくれないのはおかしい!」

という気持ちになって、

「この会社を辞めるとしたら…」

なんてこと、考えました。


そのあと、世の中の市場において、自分がこれまでの経験を生かし、成し得ることを判断されるとどんなものなのかなーと、時間を見つけて調べるようになりました。
そして、到達した心境は

「あ、なんとでも食べていけるじゃん」

という感覚です。
自分の意志で辞める、ということもありますが、いつ会社を解雇されても、あー今までのこういうことが、こういうところで必要とされてて、その部分を必要としている雇用って結構あるんだな、という感覚、とでもいいますか。


なんか気持ちがスーッと楽になり、「いつでも辞める覚悟」が出来た瞬間です。

で、その覚悟ができたあと、仕事の効率はどうか、というと、めちゃめちゃはかどるようになったんです。
加えて、「筋が通っていないでしょそれは」ということは堂々と主張するようになり、結果(僕が勝手にそう感じているだけかもしれませんが)いい方向に向かっていることが大半です。
一言で言うと

「やったるわい!」

という気持ちに(今まで以上に)なり、それが行動にあらわすことができているのです。



組織…広い意味で、社会の中で生きるときは、自分の趣味嗜好や好き嫌いの領域での主張は、通らなければ「のむ」べきだと思います。
しかし、(自分の感覚で)「筋が通っていない」と思っていることは、やはりギリギリまで「筋が通っていない」と主張した方がいい。
…けれど、「雇用されている」ということを「弱み」に感じていると、「筋が通っていない」と思っても受け入れてしまいがち。
典型例が「どんな組織でもそうだから」みたいな言葉で、「筋が取っていない、けどどの組織も筋がとおっていないよ」的理屈でねじ込まれる事柄。
注)「筋が通っていないこと」=「悪事」(いわゆるリベートなどの質のもの)ではありませんので、念のため。もし僕が、そういうものがZ会に横行していたら、とっくに辞めてます。「ヤですから、そんな会社にいるなんて」

もし、その事柄が(どんなに小さなことでも)筋の通らないことであれば、どの組織でもそうだから、といって、自社が同じであってはいけませんよね。

そんな筋の通らないことを指摘し、筋が通ることを推進できるーように、「会社をいつでも辞める覚悟」がそれまで以上に身についてから、成長!?したと感じています。
もちろん、何かコンフリクトがあるたびに、「それは筋か?それとも単に自分の好き嫌いか?」と考える自分を同居させ、バランス感覚を失わないようにしつつ。


今の会社が好きだから。今の会社に感謝しているからー。
だからこそ、「会社をいつでも辞める覚悟」というのは、心の中で持ち合わせておいた方がいい、と、今の僕には思えます。
きっとそういう気持ちで仕事に臨んだ方が、「会社に巻かれる」自分ではなく、「会社を創る」自分になり、結果、いろんな人のハッピーに溢れる会社にどんどんなるような、そんな気がしています。
Tags :
総合
ソーシャルブックマーク:

2009.01.28 01:21

なかなか出張のかけもちは辛い!
パソコンに向かう時間がほとんどなかったので、この日はブログかけていません、すいません!!
Tags :
総合
ソーシャルブックマーク:

2009.01.27 23:24

◆Z会よりお知らせ
「鯉城学院Z会東大マスターコース」2月より順次開校!
http://www.rijo.net/zkai.html
↑鯉城学院のサイトにとびます。

Z会は全国にどんどん仲間を増やしています。…といっても買収とか、そういうナマナマシイ(苦笑)ものではなくて、「一緒にやっていきましょう!」という企業さんと提携することによって。

===

わけのわからないタイトルですいません(苦笑)
明日出張で、今日も帰りが遅かったため、思いつかず…明日の予定を今日のブログにしちゃえ!と。

明日、まず午前に、高等教育総合研究所
http://www.kosoken.jp/index.html
さんを訪問します。亀井信明氏は高等教育のコンサルタントとして名高い方。
http://www.toshin.com/news/times/0103change/kamei.html
森上展安氏
http://sankei.jp.msn.com/life/education/090121/edc0901210825003-n1.htm
ともご交流があるようで、いろいろなお話を伺うのを楽しみにしています。

午後はロフトワークさんのご依頼により講演。
http://www.loftwork.jp/seminar/2009/20090128cms.html
資料をバタバタで作ったものですから…ちゃんとやれるかかなり心配…頑張ろっと。

夕方~夜は「ネットコミュニティ白書」
http://www.m-create.com/publishing/net_com_2009.html
執筆者の交流会(少し書かせていただきました)。

そして最後は、newsing
http://newsing.jp/
のユーザー会。
これについては「体力があれば」でさせていただく、ということで…

newsingさんは「エデュトピ」
http://edu-topics.com/
と連携しているサイトですね。


こうやってみると、自分が今向かっている

・教育
・ネット

の掛け算の活動で1日が終わります。
とっても疲れますが、きっと心地よい満足感と共に、明日は帰宅するでしょう。
…最後まで出ると午前さまになるか、どうか、というところですが。


体力つけなきゃーと思う今日この頃です。


ブログを応援してくれる方は→ここをポチッと。
Tags :
総合
ソーシャルブックマーク:

2009.01.26 23:35

相変わらず夜遅くまでの残業の毎日です。
#そんな僕のためにブログ応援を(笑)→ここをポチッと。

だいたい自宅に帰るのが10時過ぎ(会社から徒歩10分なんですけどね…)
それから食事、風呂、で、TVつけるとだいたい11時半頃。

今日はそんな時間に、たまたま進研ゼミさんのCMが流れていました。
しかも「東大特講√T・京大特講√K」のCMに続き、今度は中学講座のCM。
企業としてはとっても大きなベネッセさんですから、この時期派手にCM流していますね。
Z会は中学も高校もCM流していないのに(苦笑)
#小学生コースのCMはあります。

「東大特講√T・京大特講√K」を中心としたCMでは、

東大・京大合格7○○名!
※○内の数字は忘れました。

と大きく出ていました。2大学分合計してますね。
何効果、というか忘れましたが、こういう見せ方をすると、「東大志望」の人は「おっ、東大合格者が7○○名なんだ」と、自分の志望大学の合格者数として7○○という数字を捉えがちなんですってね。(実際は東大・京大の合算なのに、ということです)
だから、「広告」の「見せ方」としては、とってもうまい。
===
後日注)と書いたそばからすいません、このTVCMがバンバン出ているため、Z会も先日「東大・京大併せて2,731名!」と広告で出したらしいです…。一企業人として「ごめんなさい」とすると共に…なんだかいたちごっこで、一個人としては「やだなあ…」と感じました。以下の文脈には影響しませんので、文章はこのまま残します。
===

しかもこの数字、東大特講・京大特講以外の「進研ゼミ」の受講生も含まれているんですよね。
2008年度の東大特講・京大特講での合格者数は計484名ですもん。
http://tk.benesse.co.jp/


さてZ会。

2008年は東大1,525名・京大1,206名の合格者数!
まだまだここでは負けてられません!


…と、広告宣伝担当の僕が必要以上に宣伝しなくても、教材作成の皆さんが教材にかける情熱がすさまじいので、実績は自ずと伴う、と思っています。


そんな彼らを応援するために、いつもはZ会の宣伝が(なぜか)少ない僕のブログですが、たまにはこういうこと書かせてください(笑)



あ、今日、「じょにーのほねぶと相談室」オープンしたので、是非見てください。
http://www.zkai.co.jp/ad/honebuto/
Tags :
総合
ソーシャルブックマーク:

2009.01.25 20:24

あえて目立つタイトルにしてみました。
多くの営業マンに御覧戴きたいと思い。


Z会のWeb関係の統括をやっているものですから、Web関連の売り込み電話・メールはほとんど僕のところにきます。
1分1秒が大切なビジネスの世界において、メールはまだしも、電話で強制的に相手の時間を奪う神経には辟易するのですが、新規開拓の手法が限られている中、仕方がない側面もあるのでしょう。
また、稀に、ですけど、そこでほんとに素晴らしい提案を受けることもありますから、電話そのものをシャットダウンすることもしたくありませんしね。

そんな心を持ってこちらは電話に向かうわけですから、営業マンは徹底的に思考するべきでしょう。

「相手の立場」

を。


営業の電話で多い…いや、実際のところほとんどそうなのですが、

「日本で初めて○○ができるようになりました、ご存知でしたか?」
「こんな媒体が新しく出来ましたよ!魅力ありますよね~」
「効果測定に困っていませんか?便利にできるようになりましたよ!」

…「自己紹介は、いいから。」


世の中でcan'tだったことがcanになったからといって、売り込み先の会社でcanとなるかは別問題です。
魅力を感じるのもあなたではなく売り込み先です。

いくら自己PRしても、相手の心に届かなければ意味がありませんし…そもそもこちらが「自己PRしてね」と時間を許諾しているわけでもないのに、ナルシシズム全開の言葉は必要ないっ。


僕は1分1秒でも惜しいので…

「営業の電話ですか?」

とまず聞いて、そうであった、あるいは、そうでありそうな匂いを感じたら、続けます。

「あれができる、これができる、という口上はいりません。それがZ会にとってどんな役に立ち、どういう展開ができるか、という“Z会だったらこういう方法があるのでは?”という電話じゃないと受け付けません。」

だいたいこれで電話終了。そして電話してきた会社のイメージ一段悪化。
…営業がマイナスイメージになっちゃった、というわけです。


こういうやり取りしていて思います。

営業マンの皆さん、恋愛したことありますか?
誰かを好きになったことありますか?

誰かを本気で自分のものにしたいと思ったとき、あなたはどうしますか?

…と。



ものにしたければ、相手のこと徹底的に調べますよね。
相手に気に入られるようなこといろいろ「してあげる」のではないでしょうかね。
相手を調べた結果、自分の強みで相手に貢献できそうな領域のみをPRしますよね。


事前に調べる余裕がない「合コン」ならどうしますか…
目の前に座った異性がとってもきれい(あるいはかっこいい)であれば、どの辺が特に魅力か、見つめませんかね?
自己PRの前に、相手のことをチラチラ気にしませんかね?
…その上で隙を見つけて、話題にずざざざっ、と入っていきますよね。


Webだったら、企業はほとんど自社サイトもっていますよね。
企業に気に入られたいと思うのであれば、サイトを熱心に調べるのが普通じゃないですかね。
広告媒体を売りたいのであれば、どういう出広の仕方をしているか、ネット上をぐるぐる見てまわるんじゃないですかね。

それをしないで自己PRしても、受け入れられるワケがありません。
恋愛もそうですもん。


私生活ではトンとモテない自分ですが、生憎とWebの世界ではモテまくりなのです笑顔
そして、Webの世界では、何度でも恋愛したいと思っています(あ、私生活も?笑)。

そんな僕を落としてくれる、恋愛のテクニシャン、お待ちしております!


今日のブログがよかったら→ここをポチッと。
Tags :
総合
ソーシャルブックマーク:

2009.01.24 12:07

CM撮影しておりました!
1日中…
Tags :
総合
ソーシャルブックマーク:

2009.01.23 23:47

・「教育」という「業界」で働き
・Webの「広告宣伝」「制作」「コミュニティ運営」という「職務」を遂行する
のがミッションの僕ですが、この時期はどうも

「職務より業界のことをよりいっそう考える」

というアタマになるようで…

センター試験が終わり、2次試験まで、いろいろ気がかりなこともありますし、各大学の状況も気になります。


各大学の志願者状況はどんな感じなのかな…
新しい情報はないかな…
そう見てまわっているうちに、早稲田大学先進理工学部の電気・情報生命工学科(ややこしい…)のサイトにたどりつき、「受験生の方へ」を見ても「何も今度の受験に触れてない…」と、ガッカリしながら「保護者の方へ」をクリック。(何か「受験の際の注意点」とか、保護者向けに書いてあるかなーと思って)

自分の期待していたものは得られなかったのですが(苦笑)、ブログのネタができました(笑)。
そこにはこんな文章が。

===(引用開始)===

2010年度求人の状況報告(2009/1/23)

本学科は例年400を越える企業から学科推薦による求人依頼をいただいています。2010年春に卒業する学生に対する求人状況を報告します。
就職担当教員によれば、各企業における理工系学生の採用計画に大きな変更は無く、本学科に対する求人も例年同様との感触を得ているとのことです。従いまして、2010年度就職に関しても今のところ不安材料は見当たりません。

===(引用終了)===

結構いろんな意味で驚いたんですね、この文章。
これが「いち企業のサイト」ですと、「どうせその企業のウリ文句でしょ」的な表現ですが(苦笑)、大学というところ、そしていわゆる「難関大学」といわれるところは

・なかなか自分の大学の情報を明かさない(それで何かあったらどーするんだ、的体質がある)
・とくに就職というメンタルなところは、「就職状況」のような「決まった後」の情報は開示しますが、「今どんな状況か」を余り(大学発の情報として)みかけない
・このようなところ(サイト)で発表する情報にはそんなに誇張表現はない

などのことを存じ上げているものですから、「あ、この情報は結構ナマの情報なんだな」とピピンとくるものがありますので(この辺、感覚論ですので、なかなか皆さんと共有するのは難しいものがあるかも、ですけど)。
2010年の就職戦線、「大学発」の情報としても結構早いものではないかと。


…と、まわりくどく早稲田大学さんの例を出させていただいたのも、僕が大学、企業に勤める友人が結構口をそろえて話していることを、半ば担保するような話題だったので、「いやーこれを言いたかったんですよ僕は」と思ったわけで。

2010年へ向けた「理系」の採用は減らそうとしていないんですよ、いろいろな企業において。
#具体性を伴わせることが(いろんな意味で)できなくて恐縮ですが。

いくら景気が悪いから、といって、削減すると後々一番厳しくなるのは「技術者」だ、ということ、企業は弁えているんです、しっかりと。

年収ベースで考えると…

・銀行、商社は高い
・メーカーは安い

だから文系は得、理系は損、のように語られることが多いようです(僕の大学時代は今よりもっと多かったような)。
大学時代の知人を見わたしても、「今の段階で」年収が高い(高そうな)のは、理系より文系就職した人間です(羽振りを見ていたらなんとなくわかりますから^^)。

そう考えると、「年収を高くしたい」のであれば文系へ、というのはある意味当たっていますが、ある意味間違っています。なぜならリスクが伴うから。
不況になると厳しくなるのは、理系より文系の方なんですよね。一般的に。
#昔から「理系は不況に強い」などといわれますし。


年収を高くしたい、だけどその分のリスクを背負って、という考え方をするなら文系、
年収はそこそこでいいけど、不況のときに余り心配をしなくていいように、という考え方をするなら理系。

なーんて、文系と理系か悩むとき、自分の性格に合わせて考えるのも、一つのテではあるかもしれませんね。
Tags :
総合
ソーシャルブックマーク:

2009.01.22 00:30

昨年末から、インターネットやWebの利用法についての相談をよく受けるようになりました。
現段階では具体的な話が余りいえないのですが(隠しているわけではなく、走り始めたばかりなので具体的じゃない、だから話せない、という感じ)、とある国の省庁からお呼びがかかったり、公的機関からも連絡があったり。
今日なんて、午後になってとある教育機関から連絡が入り、急遽明日出張でうかがうことに…

もちろん、広い意味で会社のため、お客さんのため、相手のため、そして何よりも自分のためになると思っているので、引き受けるわけですけど。


昨年末から増えた理由は、不況の影響が大きいと思います。
#不況かどうかなんて本当のところは「解雇された」「給料が劇的に減らされた」など以外の人にはわからないんですけどね、なんだか世間が騒いでいるだけのような気もするんですけどね、それはさておき。

不況だから、何かしなければいけない。
でも、今までの方法では厳しいようだ。
そうだ、インターネットで何かできるのでは。
今簡単にサイトとか作れそうだしね…

そんな発想が根本にはあるのかもしれません。


しかし、インターネットは魔法ではありません。
ただ単に「今までできなかったことでできるようになること」が多いものであるだけで、ネットを使えば必ず何かが起きる、とは限りません。


インターネットに頼る前に…

まず、「自らしか生み出せない何か」を生み出す。

これがあって初めて、インターネットは活きるものではないでしょうか。


官庁であろうと、教育機関(つまり学校ね)であろうと、地方公共団体であろうと…
そういうところにいろいろ「(Z会の宣伝などを)やってもらう」ために、使い走りのように話を聞いて、何でもやる、というのは、僕の性には全くあいません。
つまり、すべて僕に“なんとかしてくれ”という姿勢のところは即座に“なんともなりません!”なんていっちゃいます。


そこから議論が始まります。自分達が本当に何をしたいのか、のー。
何もないところは、どんなことをアドバイスしても、何もできませんので。



ブログを応援していただけるのでしたら→ここをポチッと。
Tags :
総合
ソーシャルブックマーク:

プロフィール

プロフィール画像
寺西隆行
ICT CONNECT 21 の寺西隆行です。小松高校→東大理一→工学部環境系→教育の道へ。教育とマーケティングをずっと見つめながら過ごすことが喜びです。
※スパムのためコメント欄は閉じました(すいません)。

カレンダー

<<   2009年01月   >>
        01 02 03
04 05 06 07 08 09 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ