Z会ブログトップへ

2008.11.27 23:58

<時事ネタ>
Q.NTTドコモとソフトバンクへの端末供給の中止を発表した、携帯電話の世界最大手は?

~答は最後、その前にブログの人気upにご協力を!ここをポチッと。~

いつもメルマガから知恵を頂戴しているビジネス発想源
今日はその勉強会バージョン、三国志ビジネスライブに行ってきました。
※新幹線の時間&会社の仕事が少し残っていたので、途中退出になったのは残念でした(泣)。

ゲストは山田真哉さん、ご存知ですよね、「さおだけ屋はなぜ潰れないのか?」(160万部超の売上、すごい!)。
実は数年前に1度だけメールでやり取りしたことがあり、本日ちょろっと挨拶したら頭の片隅に覚えていてくださっていたようで、ちょっぴり嬉しかったりも。

さてその山田さん。

「自分を三国志のキャラクターに例えると?」

の質問に

ホウ統(「ホウ」はまだれに龍)

とのお答え。
※ホウ統は、諸葛亮孔明と並んで賞される伝説の軍師です。

「なぜ?」
「僕は自分の気に入ったことしかやらないから」(笑)
…確かにホウ統、三国志の漫画などではそういうキャラですね。


自分の気に入ったことしかやらないー
言葉だけ見るととってもワガママなセリフに聞こえますが、山田さんが言うと

「うん、今の社会人に欠けている大事な姿勢だ」

と感じました。


この言葉の裏にあるのは「気に入ったことはやる」
“気に入る”“それをやる”の定義が違うんですよね、この言葉を「しっかりやる」人と「全然やらない」人では。


辛い仕事はしないー
そうじゃないんです、山田さんは、きっと。

会計士になる、それは自分が好きだから。
書籍を書く、それは自分が気に入ったから。

だけどそのための努力や勉強を惜しまない(好きだから、やれる)。


そういうことだと思うんです。

努力をするのが嫌、勉強が嫌、
だけど会計士の仕事は面白そうだから遊びながら会計士になりたいー

のような「甘い考え」は、本当の“気に入ったことしかやらない”姿勢ではありません。


この考え方の根本は、「会計士をやる」ではなく「ラクして甘い汁を吸う」というないものねだりにすぎないわけですから。


気に入ったことはとことんやる。
それは、そのための様々な困難を克服する姿勢を併せ持っている強い姿勢なのです。


時事ネタA.ノキア

~今日の時事ネタを「あっ、そうか」と思ったら→ここをポチッと。~
Tags :
総合
ソーシャルブックマーク:

プロフィール

プロフィール画像
寺西隆行
ICT CONNECT 21 の寺西隆行です。小松高校→東大理一→工学部環境系→教育の道へ。教育とマーケティングをずっと見つめながら過ごすことが喜びです。
※スパムのためコメント欄は閉じました(すいません)。

カレンダー

<<   2008年11月   >>
            01
02 03 04 05 06 07 08
09 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

月別アーカイブ