Z会ブログトップへ

2016.02.11 23:40

「幸福」キーワード 伊豆の国市、地域再生へ講演聴く
↑伊豆新聞サイトにリンクします。

講演した大西正泰さんは、個人的な親友です。
伊豆に住む私ですが、このイベントの(大西さんの)招聘には全く私は関与しておらず、講演された後にこの新聞記事を知った、という…まさにご縁は奇なり、です。

また、大西さんと知り合ったのは、彼の教育講演会のとき。
小中高大で教鞭をとったことのある異色の経歴で、保護者との接し方を拝聴したら凄くためになり、終わった後お話してから意気投合。。。
これもまた、ご縁は奇なり、です。


大西さんの住む徳島県上勝町は、「地方創生」の成功事例としてよくメディアの記事で見かけます。
大西さんのお陰もあって、「地方創生」に取り組んでいる様々な地域や人の話を伺う機会が持てているのですが、共通するのは、“それぞれの地域”における「幸福」を追求する姿勢。
冒頭の記事にもありますが、どのような街にしたいか、というビジョンを持ち、一丸となって向かっていることにあります。

大切なのは、“それぞれの地域”において「幸福」のあり方は違うということです。
住む場所によって「在る」資源が異なりますので、求める「幸福」のあり方は違って当然なんですね。


私が「地方創生」に関わる皆さんと触れていて勉強になるのは、その価値観の多様性なんです。
環境が違えば価値観が違う。このことを弁えていないと、「教育」という手法において、若者や子ども達の可能性を“引き出す”ことはできません。
彼らの価値観に寄り添うことが何よりも前提になりますから。。。

そしてまた、「地方創生」に関わる皆さんは、多様性を受容する態度が整っています。
簡単に言えば、「みんな違って、みんないい」という姿勢があるんですね。


メテウスで培いたいことの1つに、多様性を受容できる態度があります。
多様性を受容できるようになると、自らが勉強し、その先にある「幸せ」を自ら見つけに行こうと自然にできるようになると思いますから。
Tags :
Z会
大西正泰
上勝町
メテウス
多様性の受容
ソーシャルブックマーク:

2016.02.06 23:30

自分が気持ちよくお付き合いができている皆さんに共通することとして

自己を常に顧みる

という部分があります。


失敗して落ち込んで振り返り…ということではなく、ある行為により影響した結果を見て、結果自体を受け入れつつも、その選択よりもっとよい方法がなかったか、と、ある程度無意識に考えているんです。

だから仕事をする成果としてもどんどんあがる。
人との接し方がどんどん上手になる。


生きていく上では、社会の中で関係性を築くことが不可欠です。
自分自身が絶対的に正しい、と思いこむのではなく、「社会の中で」自らの行為を顧みて修正を重ねられる方が、気持ちよく触れ合える素晴らしい皆さんなのだと思います。
Tags :
Z会
ソーシャルブックマーク:

2015.01.11 23:03

らーのろじー」代表の本間正人さん

ウィキペディアでの本間正人さんの紹介


つい先日も、僕が住んでいる静岡県、県庁で研修を担当されたそうで…
コーチング、ファシリテーション、英会話…などの世界では、たいそうな活躍をされている方です。

友人の鬼丸昌也さんの披露宴で出会ってから、いろいろ教えを頂戴しているのですが、昨日のブログの内容をご覧戴いたようで、コメントを頂戴しました。
下記の「学習学的人間観」は、ほんとうに広がって欲しい考え方ですので、こちらのブログでも紹介させていただきます。

===(以下、頂戴したコメント)===

「あってはいけないことが起こる」のが現実の社会です。ファーストフード・チェーンの異物混入が大きなニュースになっていますが、アルバイトのクルーがほとんどであるという職場で、のべ利用者数・年間9億人という分母の大きさを考えると、きわめて高いレベルの品質管理が実現していると評価すべきなのではないでしょうか?飲食店で供される料理に、髪の毛や虫、小石などが入っていて嫌な思いをした経験のない方っているのかしら?
「メディアはニュースを報道する」のではなく「メディアが報道したものがニュースになる」という方程式を理解するのが、メディア・リテラシーの第一歩だと思います。
もちろん、利用者の安全・健康が最優先でなければならないのは間違いありませんが、誰かを悪者にして、トップが辞職するまで、責め続けても、何も事態は改善しません。こうした幼稚な構図が、企業経営だけでなく、政治の世界でも、スポーツの世界でも繰り返されているのは、実に残念なこと。
「全ての人、全ての組織が発展途上であり、成功と未成功から学び続ける存在だ」という「学習学的人間観」の方が、はるかに建設的だと、僕は思います。
「事故は絶対に起こらない」という「安全神話」を脱却し、「人間の社会ではミスや事故は必ず発生する」という前提に立って、少しずつ、しかし着実に改善を続けるのが、社会の進歩だと思います。
寺西さんのご友人の方のご意見に激しく同意したついでに一言、申し述べた次第です。
Tags :
Z会スタッフの日常
本間正人
ソーシャルブックマーク:

2014.12.07 23:50

NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」

12/8(月)の予告はこちらです。

崖っぷちこそ、成長の場所 マンガ編集者・佐渡島庸平
↑NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」のサイトにリンクします。

佐渡島さんと僕のつながりは、このブログでも何度か紹介しました。
今の自分は1日にしてならず。
アニメ『宇宙兄弟』大人気!Z会も乗っかる!(笑)
2005年には、Z会の企画で、佐渡島さんと対談させていただいたことも。。。
ありがたいことに、確か、500名くらい、来場者があった記憶があります。

初めて佐渡島さんにお会いしてからもうすぐ10年。
彼はとっても、とっても…いや「すげぇ」ほど成長を続け、多くの人間に慕われてきています。
何よりも「プロ意識」が凄い。自分が「これだ!」と思った職を「創る」、そんな人間です。
※そして謙虚なんですよね、ほんと。


すげぇ!と思える人間が、親しくしている人間の中にいることって、とても幸せだと思います。
なぜなら、自分自身も、成長しなきゃ、と思い続けられるから。
逆に、自分自身も、成長しなきゃ、と思い続けていれば、幸いなことに、すげぇ!と思える人間を引き寄せることができるかもしれません。


受験勉強も同じじゃないですか?
すげぇ!と思える人間が身近にいると、頑張ろう!って思えませんか?

そして、そういう人間を引き寄せるのは…誰?
成長しようと思っていない人間に、すげぇヤツは寄ってくるかな?


受験生の皆さん、最後に力を伸ばすには、周りに「すげぇ!」と思える仲間がいるかどうか、かもしれませんよ。


そういえば…「すげぇ」と評判で申し込みが多いと聞いている、Z会東大マスターコースの「極」講座。
高1生対象 冬の東大対策集中講座「極(きわみ)」シリーズ
14日(日)が最後ですよ!!
Tags :
Z会スタッフの日常
ソーシャルブックマーク:

2014.11.01 21:58

かねてよりずっと伺いたかった、藤田治療院へ行き、体の節々を診て戴きました。

藤田治療院 ~世界で戦えるアスリートサポート~
http://www.fujitacure.com/
サッカーの三浦和良選手をはじめ、そうそうたるメンバーがクライアントの治療院。
院長の藤田義行さんの紹介(←クリック!)を拝見すれば、ゴルフ、テニス、と、多くのプロプレーヤーがクライアントなことがわかります。


「三島にすごい鍼灸師がいる!」とは、メルマガ平成・進化論を、なんと10年!以上も毎日発行し続け、多くのビジネスマンに影響を与えてきている、鮒谷周史さんから伺っていました。
へぇ、そんなにすごい方とは、一度どこかでお目にかかって、診てもらえる日があるといいな…と思っていたら、三島市の地域活動をする中で、幸運にも藤田院長と出会いまして。
プライベートでは、そのときからつながりはありました。

ただ、お忙しいと伺っていましたし、アスリート、というところからは一番遠い存在の(苦笑)僕なんて、(仕事として)診ていただける機会はないだろうな…と思っていたら、ひょんなやりとりから昨日「明日お時間あれば、○時の回が空いていますのでいかが?」とお誘いが。
そんな機会はまずない!と、本日夢だった診療を。

鍼灸は初めてで、緊張もしたのですが、とても丁寧にやっていただき、「こんな感覚になるんだ~」と経験。
そして…すごいですね、ほんと、わずか十数秒、体をさささっと触っただけで、どこが悪いかわかるなんて…。
明日以降の体、どれくらい軽くなった感を感じることができるか、いまから楽しみです。


プロアスリートなみに、医療にあえて訴えるほど、肉体は疲れていませんが、機会ってそういうもんじゃないと思うんですよね。プライスレスです。
こういう機会でもないと、鍼灸を体験できませんし、その鍼灸がほんとに素晴らしいものと体験すれば、より鍼灸治療が必要になったときに頼ることもできるじゃないですか。
そして、「すごいよ!」と、必要な方に提示もできるじゃないですか。

僕が「機会」を何よりも大切にし、逃したくない!と思うのは、そういうわけなんです。
プライスレスです、ほんと。
Tags :
Z会スタッフの日常
ソーシャルブックマーク:

2014.09.25 23:50

突然ですが、「これから世界一周するんです」または「世界一周してきました」という人に会ったことあります?

…という出だし、今日発見した、このブログ↓からのパクリ、です(笑
9/26の夜、世界一周した人に会ってみたくありません?

このブログにはこう続きます。

今から3年前、2011年のことでした。コピー用紙の裏を広告媒体にし、学生に無料でコピーを提供する「タダコピ」というサービスを考案し、学生で起業した太田英基さんという25歳(当時)の男性が「これから世界一周の旅に出るんです」といってやってきたのです。


この書きだし見て、僕はなんともいえない、ほんわかとした気持ちが湧きあがってきたんです。

「ビジネスメディア誠で取り上げてもらえると嬉しいんですよね~」

と、上記の書きだしのようなシチュエーションの直前、僕に語っていた人物こそ、今ではとっても大切な友人になった、太田英基くん、その人だったからです。


彼との出会いは、2010年。僕が大学生を活用したサービスにチャレンジしようとしたときです。
大学生市場の動向が全くわからなかったので、いろいろ情報を模索し、「タダコピ」に行きつきました。
当時はWeb好きの間ではツイッターも活用され始めたころだったので、関係者ツイートしてないかな…と調べてみると、いましたいました、 @mohideki こと太田英基くんが。
ツイッターに@メッセージを飛ばし、「タダコピ」運営会社のオーシャナイズに押し掛けたのが、2010年の春のこと。

その直後に、彼から「寺西さん、面白い人が集まる吞み会やるんですが、きませんか?」とお誘い。
なんだか怪しいお誘いですが、彼なら何か“もってる”だろう、と直感、行ってみると、ほんとに生き生きとした人たちがそこに。
8人くらいの吞み会でしたが、そのときに出会った数名とは、今でもやり取りが続いています。

彼もまた、「人のつながり」をとっても大事にする人なんだろう、と、そのとき直感で思いました。

その後、僕も関わっていた事業でセミナーの講師を務めていただいたり、Z会の有志が自主的に行っている勉強会にも講師としていらっしゃっていただいたり、と、ほんと、お世話になっています。
そしてまた、僕が考え事をしている、そのときどきで、とても大切なアドバイスをくれる、お世辞抜きに素晴らしいヤツです(あえて「ヤツ」という言葉を使います)。


僕は「世界一周旅行記」のようなものって、ほんと興味ないんです。基本的には。
目の前の課題解決を続けるだけでいっぱいいっぱいだし、それで十分満足が得られる、という、スケールの小さい人間ですから…。
だから、彼が『僕らはまだ、世界を1ミリも知らない』を出した時、余り興味がなかったんですが、友人ですし、彼の言葉に説得力があることを存じ上げていたので、さあお手並み拝見、と読んでみたら…

面白い!!!

単なる世界一周記じゃない面白さが、そこにあります。
これがまた、「なぜ」か、まだ僕の言葉で説明できない、面白さが。
それでも、必死に、面白い理由を言葉にひねり出すと…
「世界」に興味がない人に対し、“なんか「世界」って良くね?”と思わせる、そんな言葉を紡いでいる、とでもいいますか。
英基くんの性格は良く知っていますので、さらさらと読める書籍に感じられる、その中に、きっと言葉を一生懸命選んで文章にした彼がいるんだろ、そう思うんです。


僕の拙い彼の紹介より、会った方が早いです(笑)
9/26、きっとこのブログをご覧になる方にとっては「今日」ですね、是非会いにって見てください。
9/26の夜、世界一周した人に会ってみたくありません?
※すごーーーーーく行きたいんですが、僕は仕事で関西方面に出かけていて、涙、涙。。。
Tags :
Z会スタッフの日常
太田英基
タダコピ
ソーシャルブックマーク:

2014.07.18 23:27

古河第五小学校長時にICTを導入され、ipadを活用した教育を進められた、古河市教育部指導課課長の平井聡一郎さん。
公立小学校の校長として、iPadを導入した経緯は?」(←大塚商会さんのサイト「AppleCLIP」にリンクします)で、当時の様子が語られています。

初めて平井さんとお会いして、まだ半年も経っていません。初めてお会いした時から「うわ、いろいろお話ししたい方だな…」と思い、facebookで仲良くなり、いろいろコメントしあっているうちに、とある講演会に一緒に伺うことに。その機会での会話がまた仲を育み。。。

先日のブログで書いた、新海誠展を見に来てくださったHさんとは、まさに平井さんのことです。
三島の街を案内し、さらに親交を深め、そしてこんなメールを頂戴しました。
注)大岡信こどば館のスタッフを僕が紹介した関係で、そのスタッフに届いたメールを、ご本人に許可を得てご紹介しています。

==(以下、引用)==
古河市教育委員会 平井です
今日は,突然の訪問にも関わらず,丁寧なご対応ありがとうございました。

新海誠展は,私の期待以上のすばらしさで,家内ともども感動のうちに三島を後にしました。館全体の構成,コンセプト,細部にわたる伝える工夫,なにより,新海誠のうちなる思いを形にして伝える手立てに,新たな発見が多かったように思います。
一番のポイントは,夫婦ともに共通で,言の葉の庭を新海さん自身が紹介する文でした。上段にプロデューサーとしての制作のコンセプト,下段に,クリエイーターとしてのコンセプトが示されたことで,彼の中で,2つの才能が昇華して作品が創られているのだと感じました。帰りの車の中で,二人で同じ点が心に
残ったことに少し驚きもしました。おそらく,これからのイノベーターは,このような才能が必要なのかと感じた次第です。

さて,今回,常設の大岡信さんの展示も,改めて感じるものがありました。ずうっと昔,たぶん教科書で読んだきりになっていますが,書かれた表現を読むと,読まなきゃだめだという,焦りにもにた思いがわいてきました。仕事柄,言葉へのこだわりは人一倍もっていると思っていたのですが,常設展,企画展を併せて見たことで,まだまだ勉強が足りないと思い知らされました。その意味で,貴館の企画のすばらしさに,敬意を感じざるを得ません。Z会,大岡信,新海誠のコンセプトが,「言葉」をコアに見事に重なった企画となったと思います。まさに学芸員の皆様の力ですね。

短い時間でしたが,楽しくも,ワクワクする時間を与えていただき,本当にありがとうございました。
開催中にもういちどお邪魔したいと思います。今後ともよろしくお願いします。
==(引用終了)==

こんなちょっとしたお礼のメールが、たまらなく嬉しいものです…。


繰り返しますが、ほんとに平井さんとは、初めてお会いしてからまだ半年もたっていません。
でも、ほんとに、ずーーーっと前から交流があったかのように、親しくさせていただいております。
そんな「感覚」になるのは、きっと、お互い、for youの気持ちが増幅スパイラルになっているからだ、と勝手に思っています。

「ほんのちょっと、相手を喜ばせたい、喜んでくれるといいな」

そんな、for you の気持ちがお互いあると、どんどん親交が深まります。

for you を増幅できる人間関係が最高に心地いいですね。
Tags :
Z会スタッフの日常
Z会
新海誠展
大岡信ことば館
ソーシャルブックマーク:

2014.07.03 23:12

ご主人が漫画にも描かれている、魚河岸三代目 千秋はなれさんで、至福の時間を過ごしました。

魚河岸三代目 千秋はなれ 集合写真
準ミスインターナショナル2012の黒部菜々佳さん、
サニークラウズなどのモデル、笹川暢子さん、
黒部さんと映画で共演された 竹田朱見さん、
CM制作会社「ムービーインパクト」社長 神酒大亮さん

お店のご主人の奥さまが、『うる星やつら』ラムちゃん役の声優、平野文さんですので、主題歌「ラムのラブソング」をプロデュースした、音楽プロデューサーの菅原裕さんを(平野さんの)サプライズゲストとしてお声かけ。お二人は30年以上ぶりの再会!
そして、吞み会の総合プロデュースは僕(笑)

笑顔あり、冗談あり、想い出話あり、未来の話あり、と、大変有意義で、楽しい時間でした。


呑んでいたのでウロ覚えですが(苦笑)、途中で平野さんと菅原さんが

平野:「“あの”だけ、にはなりたくないんですよね~」
菅原:「あ、わかるわかる!」

というようなことを話されたのがとても印象的でした。

平野さんと言えば、ラムちゃん。「あ!あの、ラムちゃんの!」と声をかけられることが多い方。
そして、それ自体は、平野さんも嬉しく思うこと。
でも、それだけじゃなく、「ラムちゃんの平野さんが、今はこういうことやってるよ!」と、別の価値を生み出したい、そんな文脈だったと記憶しています。


世の中に価値を生み出し、そのことで記憶に残る人間に。


僕以外の5人は、女優、モデル、会社社長…と、自分の力で食べていくぞ!という気持ちに溢れている皆さんです。
そういう人は、世の中に価値を生み出すことに、強いこだわりと、だからこその他人への感謝の気持ちが溢れるものなのかな…
そう感じる空間でした。
Tags :
Z会スタッフの日常
笹川暢子
平野文
神酒大亮
黒部菜々佳
ソーシャルブックマーク:

2014.04.16 23:10

STAP細胞「論文不正は内輪の話」というオヤジが若者をダメにする
(↑Y!ブログにリンクします)

一つ前のブログに続いて、藤代さんのブログ。
このブログで一番共感したのはここ。

「オヤジ(ここではオヤジという言葉を使っていますが経験を積んだ大人とすれば女性も含む)の役割は、若者の可能性を信じて伸ばすのはもちろんですが、未熟な若者の教育を行い、思い切って抜擢し、失敗したらその責任を取る事です。」


オヤジは、自分を超えさせない教育を、若者に施したら「ダメ、ゼッタイ」なのです。
社会は進歩しているにも関わらず、自分よりスモールな人間をつくったら、社会との格差が激しくなるだけじゃないですか(苦笑)。


未熟な若者の教育を行い、思い切って抜擢し、失敗したらその責任を取る。
それがオヤジの矜持です(笑)
Tags :
Z会スタッフの日常
ソーシャルブックマーク:

2014.04.15 23:10

「デート」「ファッション好き」革命的研究者の紹介に見る根深い新聞のおっさん思考
(↑Y!ブログにリンクしています)

これ、騒動が起こる前の記事、というのが、秀逸さを表していると思うんです。

「30歳の女性研究者、そこで「デート」や「ファッション」の質問をするのですが、そこが無自覚ではないかと思うのです。」

ほんと、そうですよね。


藤代さんは僕と誕生日がほとんど変わらない、しかも同じ年です。
彼を見て、僕もプロである「教育」にもっと力を入れなきゃな、そう思う次第です。
Tags :
Z会スタッフの日常
ソーシャルブックマーク:

プロフィール

プロフィール画像
寺西隆行
ICT CONNECT 21 の寺西隆行です。小松高校→東大理一→工学部環境系→教育の道へ。教育とマーケティングをずっと見つめながら過ごすことが喜びです。
※スパムのためコメント欄は閉じました(すいません)。

カレンダー

<<   2017年03月   >>
      01 02 03 04
05 06 07 08 09 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

月別アーカイブ