Z会ブログトップへ

2016.12.25 20:51

7月から出向となり、勤務先(ICT CONNECT 21)のWebサイトを管理したり、メルマガを書いたり…と、様々に広報業務に携わっていますが、おかげさまでサイト来訪者ほか、かなり伸びています。
Yahoo!ニュースにも掲載される、なんて、成果の一つでしょうか。

□ICT CONNECT 21、平成29年2月正式に法人化へ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161220-00000007-resemom-life

広報で成果を出すと、(私に)特殊技術!?があるように思われる方もいるようですが(苦笑)、技術よりもずっとずっと大事なのは、
「相手がどんな情報を欲しているかを想像する力」
なんです。

様々な企業・団体…の広報を見ると、「(自分が)伝えたい」という気持ちが出すぎた情報の出し方をし過ぎているんです。正直。。。
代表例が、創立〇周年を迎えました!という情報だけの派手なリリースなどでしょうか。
いや、伝えたいのはわかりますが、情報を待っている人間は‟そんなこと伝えられても…”と思うだけですよね。。。


自分が伝えたい、ではなく、どんな情報が世の中で欲されているか、を先に想像し、その想像に自らの伝えたい話題との交差点があれば、その交差する領域をできるだけ増やす。
それが広報(PR)の手順です。
例えば、ICT CONNECT 21で出した次期学習指導要領答申についてのページの来訪者はほんとに多いのですが、来訪者が増えた理由が
・文部科学省の概要も20ページ程度あって読む時間がなかなかとれない、だからもっと端折って欲しい
・端折るときに「解釈」を入れず、できるだけ正確に要点をまとめてほしい
という欲求を満たす役割として、「中教審を傍聴し、教育について日頃見つめているICT CONNECT 21」が適切で、そしてその広報である私がうまくはまるからです。

このブログのタイトルに「先意承問」という言葉があります。
「先方の意向を承って問いただす。」
これがまさに、広報(PR)に大切な姿勢だと思います。
Tags :
広報
教育
ICT CONNECT 21
PR
ソーシャルブックマーク:

2016.07.22 08:20

広報や宣伝の基本は、魚屋さんで魚を売ることを考えたらいいと思っています。

良い魚が入ったら「いいのあるよ!」と勧めますよね。身のつき方がいまいちな魚を無理に勧めませんよね。
何よりも、店先で一生懸命声出しますよね。
これが基本です。良いネタを作り、良いネタを愛し、良いからこそ汗かいて伝えまくる。

よく「あるある」なんですが。。。
電話営業、ファックス宣伝、メール一斉送信は「手段」の問題で、この手段をやったからといって広報や宣伝にはつながりません。
とくに、ネタそのものが悪かったり、担当者が「ラクしよう」として手段ありきになったりした(あるいは、手段を使えば売れる伝わると過剰に期待したりした)場合、逆の効果すら生むこともしばしばあります。

まず素晴らしいネタを仕込むこと。
汗かいて伝えること。
伝えようとすること。
これが一番大切です。


「その上で」

電話があれば店先だけではなく離れたところの人に伝えられます。そのことを「ありがたい」と思って電話で営業する。
ファックスがあれば離れたところの人に文字で詳細を伝えられます。そのことを「ありがたい」と思ってファックスを送る。
メールがあればもっと早くたくさんの人に伝えられます。そのことを「ありがたい」と思って一斉メールする。。。

「良いものを仕入れた、だから沢山の人に伝えたい。」
という気持ちを前提にして。


この気持ちと行動があればとてもよい広報や宣伝につながります。
自分で手段を開拓もしますしね。
手段に頼るばかりの人に広報や宣伝は無理だと思います。
Tags :
広報
Z会
ソーシャルブックマーク:

2013.06.12 22:40

ベネッセさんの「こどもちゃれんじ」が25周年ということで、記念イベントを開かれるそうです。

子育てシンポジウム 記念講演

デジタル時代の幼児の学びについて、ですね。


入場無料ですし、デジタル教材については、Z会もデジタルZで推していますから、うわー良いイベントだなーと思って個人のFacebookで紹介してみました。

そしてこうやって、ブログでも紹介します。


そんな僕の動きを見ていると、「競合の情報なのにいいの?」「Z会は損しないの?」なんて思っちゃう人もいる…んでしょうかね(苦笑)

いや、いいと思ったから紹介した、それだけなんです。


そういう自分でいることが、僕が一押しのZ会のイベントその他を紹介した時に、紹介される自分でいられるわけで。
多分、自分のことばかりPRしている人って、人から紹介されず、情報の伝播がおきないですよ。

素直に良いものを良いと「表現」できることが、広報マインドじゃないですかね。


さきほどFacebookで「夏のおためしてんさく」を紹介したら、競合他社さんの方が何人か、「いいね!」してくれました。
彼らもまた、広報マインド、あるんだなあ、と思いました。
Tags :
Z会スタッフの日常
広報
Z会
ベネッセ
こどもちゃれんじ
ソーシャルブックマーク:

2012.01.13 23:50

1月10日のブログを元にした記事が、ありがたいことにgooニュース「仕事術」のトピックスに掲載されたり、Biz誠でもトップ記事となったりで、多くの方の目に触れたようです。


いろいろな意見を拝見しました。Facebookでもいろいろ取り上げてくださって、賛成してくれた方も多かったんですが、

・理念を語ることで前に進む社員もいるのでは?
・仲間内の愚痴であればいいのでは?

などの、僕の文章に?をつけてくださった方もいらっしゃいました。

はい、両方とも、僕も同意します(^^
でも、これらの方々が納得するような文章を書くと、冗長になりますし、多分、文として意味を為さなくなると思うんですよね。
その辺のことは、smashmedia「反論を予測しながら書く文章はつまらない。」に書かれています(smashimedia運営の河野武さんが直接ツイッターで教えてくれました。感謝!)

…といって、僕も上述のブログで、「反論を予測しながら書く」ことをゼロにしたわけではありません。
「バカ」という表現周辺につけた注釈的記述がそうですね。

様々なことを予測して、その時点で考えられる「一番ベター」な表現をしたにすぎません。
どうやったら自分の伝えたいメッセージが、伝わってほしい人に届く雰囲気を形成できるか、を考えながら。


今回の記事で僕が伝えたかった人は

1.記事の内容に賛同し広めてくれる人
2.記事の内容に「身に覚えがある…自戒しなければ」と思ってくれる人。実は、僕自身もこれに当てはまります(苦笑)
3.記事の「バカ」という表現に一瞬カチンときて、僕に対して感情的な敵意を持つものの、そのパワーを「自分が動く力」に変えてくれる人

などですね。

最初に「もらった意見」として挙げた「理念を語ることで前に進むことができている人」や「愚痴は好ましいことじゃないけれど、まあ仲間内であればいいじゃん息抜きに、と思っている人」は、今回の記事を伝えたい対象ではありません。
だって、自分で弁えている人、動けている人ですもん。


今回の記事で「バカ」と指摘されるような人たちを変える(あるいは、日本社会のごくごくマイノリティにする)にはどうしたらいいか、それも僕の立場と使っている手法(ブログやニュースサイトへの掲載)で…を考えて、記事化したわけですね。


全員に伝わるメッセージはありません。
その割り切りと、それが「開き直り」にならないバランス感覚が、ネットの記事で表現する時には大切かもしれませんね。


さて今回は珍しく宣伝です(^^
受験生はセンター試験後必須アイテムですよー。
安価で即効性のある直前対策。正直、ものすごく売れてます。24日まで申し込み可!
東大対策はブログ「東大二次試験対策」もどうぞご参考に。
==============================
即応短期演習シリーズ
5大学(東大/京大/阪大/東工大/一橋大)対応 全31講座   
1講座4,800円(税込)   *添削指導なしの場合は 3,000円

・センター試験終了後の今から取り組める個別試験直前対策

・圧倒的な「即応度」で本番に効く、Z会の個別試験直前対策

・大学の過去の入試から厳選した「入試過去問特選」1回分と、精密な入試分析に基づいて練り上げた、予想問題にもなる「オリジナル問題」2回分をセット。さらにそれら3回分全てで添削指導を受けることができます。

・入試本番に即応した分量・形式・難易度の問題に取り組むことができ、さらに添削指導を受けることもできます。

・入試問題の徹底分析にもとづき、出題する問題から、解答用紙、草稿用紙に至るまで、すべて本番さながら。直前期の総仕上げにも最適な教材です。
==============================
Tags :
Z会スタッフの日常
東大
教育
対策
二次試験
ソーシャルブックマーク:

2011.01.11 11:31

先日ブログで、平成進化論鮒谷周史さんを取り上げたところ、翌日鮒谷さんから「ブログでのご紹介ありがとうございました!」とメールがありまして。

そして、読者数20万部!のメルマガ、まさに平成進化論にて、僕のことをご紹介してくださいました。


==引用開始===

【今日のつぶやき】


<不易流行>

親しい友人である、

Z会ハイパーソーシャルメディア開発特命職
(=Z会のWebマーケティング責任者)

寺西隆行さんがブログに「平成進化論」のことを
取り上げて下さいました。

http://www.zkaiblog.com/histaff/33837

※寺西さん、ありがとうございます!


実はこのブログのコメント欄に寺西さんが

--------------------------------------------------------
平成進化論のいいところは

・鮒谷さんの成長・進路と合わせ変わりつつあるが、
本質は変わらない「不易流行」を体現しているところ。

・そのため、新規顧客も「内輪受け」色なく入れ、
既存顧客も飽きさせない

ってところだと思います!
--------------------------------------------------------

と書いてくださったことが
一番嬉しかったです。


あまり書いたことがないかもしれませんが、
まさに「ビジネス版 不易流行」を、具体・個別の事例に
落としてご紹介できればよいなと思い続けてきたので。

そして「不易流行」を自らの身体を使って
実証したいという思いもずっと持って、やってきたつもりです。


(参考)
-------------------------------------------------------------------
ふえき‐りゅうこう【不易流行】

(芭蕉の俳諧用語) 不易は詩の基本である永遠性。
流行はその時々の新風の体。

共に風雅の誠から出るものであるから、
根元においては一であるという。
(広辞苑第五版)
-------------------------------------------------------------------

==引用終了==

こちらこそご紹介していただきありがたい限りです。
おかげさまで最近のブログのアクセス数がとんでもないことになっています(笑)
注)僕は現職では、Webマーケティング責任者ではありません(苦笑)


確かに鮒谷さんとは(ありがたいことに)友人のような関係性を築けています。
しかし、友人だからといって、友人の言動や成果物を無条件に褒めたり、紹介することはありません。

「自分自身が読者の皆さんのことを考えて、紹介したいものがある、だから紹介する」


にしなければ、読者の皆さんの期待を裏切ることになり、結果、僕が行う紹介行為の価値が下がる…つまり、「あーあいつの紹介って、いつも誰かに頼まれてやっているだけだよね」になっちゃいますから。


紹介したいと思ったからこそ紹介する。
その方、その成果物が、社会に価値を与えているから。
だからこそ、知らない人に、僕の持っている僅かな力であっても、知るキッカケを与えていきたい。
それがブログなどで誰かを・何かを紹介する僕のスタンスです。

すると
・ブログの読者:「寺西のブログで紹介された方は、寺西がホンネで薦めているものだ」と感じる(信頼性が担保される)
・紹介された方:ホンネで紹介された → 読者も信頼してくれる → その読者の中から自分のファンが増える → ありがたい → 寺西が何か面白いことをしたときには自分も薦めたい!
という連鎖が起きます。わかりますか?


このブログは、寺西個人の教育を中心とした想いを伝える媒体ではありますが、Z会の広報活動の一環としての媒体である側面も持っています。
つまり、「Z会の寺西」個人、あるいは、このブログが紹介されることは、所属している会社:Z会へ還元すること多々、という結果を生みます。

仕事の側面から見ると、「広報活動の成功」なんですよね、これって。


「広報」としての真のお仕事はここがキモ。
自社のことを自社からPRすることじゃなくて、いかに他人の口をして自社のPRを引き出すか、です。



しかし実際には、広報の「前提」すら出来ていない企業が大半です。
とくにwebにおいて、僕が「前提」としていることは、

1.ネタをつくる
2.そのネタを自社のwebサイトにupする
3.upされた事柄が発見されやすい状況をつくる。

#3において、弊社はNews2u.netに大変お世話になっています。
#3の文言を修正しました(H23.1.12)

の3つの段階を踏まえることなんですが、ほとんどの企業(の広報担当がしていること)は2だけ。
「たまたまあったネタ」をサイトに載せるだけで、ネタを何とかして作ろう!という気概に溢れていたり、そのネタをwebを見ている人が偶然発見するようにいろいろと仕掛けてみよう!という気持ちもなかったり。。。

本前提をNews2u.net運営会社ニューズ・ツー・ユー社長の神原弥奈子さんに伝えたら、さらに助言されました。

「ネタを作る=伝えたいことがある=ファクトを発見できる、という能力も大事です。広報的な見方で言うと、第三者的に社内を客観的に見たときにファクトとして伝えるべきことをみつけ、正しい方法で情報を提供するということではないかと思います。」

まさにそうですね!
確かに、他人の口をして、自社のPRを引き出し続けるには、「ネタの信頼性」を醸し出すことは大切ですから。
これに加えて僕は、

・「寺西の紹介したものはほんとにいいものなんだ」ということを読者に体感させ
・“「紹介したものはほんとにいいものなんだ」ということを読者に体感させているんだ寺西は”と「紹介された人」に思わせ
・「紹介された人」にも紹介される

という工夫をしているわけで。

「相互に紹介しあう関係」を築き、私も必ずあなたのことを紹介する、だからあなたも必ず私のことを紹介してね、という「相互紹介」は(やらないより良いですが)それほど効果はないです。

そんな紹介文に魅力など感じませんからね、第三者は…
Tags :
広報
鮒谷周史
不易流行
ソーシャルブックマーク:

2010.10.01 23:40

広報の仕事って、自分の企業の活動を知ってもらうために、

自企業の活動そのものを知らせる

ことよりも、


自分の知っている、他者がやっている素晴らしい活動を知ってもらうために、その活動を知らせる


ことの方が大事だと思っています。
#あくまでも現代社会において。


いろんな素晴らしいことを、打算なしに知らせてくれる企業。
僕だったらそんな企業が、何かの活動を自ら行ったとき、心から応援するけどなあ。
…ということがPR=Public Relation の確立ってことじゃないんですかね。
Tags :
総合
ソーシャルブックマーク:

2010.06.29 10:22

金沢星稜大学のサイトにユニークなコンテンツがありました。
http://www.seiryo-u.ac.jp/new/06222010_02.html
他大学のオープンキャンパスに行った~という情報です。


えっ、何がユニークなの?と感じる方もいらっしゃるかもしれませんが…


「自社の活動で、他者の協力・リサーチをやった!という情報を自社のサイトに書いている企業、あります?」


残念ながらほとんどないですね。


自社のことをどれだけしつこく広告・宣伝しても、今の世の中煩いばかり。
いいものだから、紹介する、いいものだから、紹介した。
それを積み重ねることが「広報」であり、その広報活動の流れの中で自社の商材・サービスを重ねていきながら告知することで広告宣伝につなげる。

これが広告宣伝の一つの知恵でしょう。

「うちの会社ってこんなにすごいんだぜ!」

とばかりいっているんじゃなくって。


金沢星稜大学さんも、一歩進んで、見学にいった大学のことをもっと大きく紹介すればもっとよかったんですけど、そこまでやったら「大学」の活動としては「革命的」ですね。
Tags :
総合
ソーシャルブックマーク:

2010.06.17 12:54

固有名詞を出せなくてすいませんが…

広告展開をしようとしていたとあるメディアが、競合他社さんの資本が入っていることがわかり、どうせ話を持ちかけても断られるでしょ、と代理店に言われ、ひいてしまったメディアありました。

僕はその出来事を知らず…
全く別ルート…知人の紹介でそのメディアの代表を紹介され(「素敵な方なんで紹介します」的に言われて)、「資本に○○さん入っていますよね?Z会が広告出稿しても大丈夫ですか?」と聞いたら「全然構いませんよ~」と。


代理店を経由する、ってやり方ではまずたどりつけない結果です。


別のルートを探せ、といっているのではありません。
アンテナを普段から高くし、いろんな人と接点を持とうという行動力を発揮し、最後には感謝する気持ち、相手に報いようという気持ちを醸し出せていれば、自ずと素敵なご縁が得られ、そのご縁で得た「関係性」を利用してZ会をアピールすると、「関係性」の良好さも手伝って、最大の広告効果を得られる…

そんなこと、2度や3度ではなく経験している、と伝えたいんです。


従来のメディアに拘ったり、従来の広告手法だけで進めたり。
まずこれからはどんどん広告効果は激しく落ちていくでしょう。

メディアを運営する相手と「関係性」を強めたい、メディアにも恩返しをしたい…
そんな気持ちが必要な時代です。
Tags :
総合
ソーシャルブックマーク:

2010.03.08 23:40

Z会が仕掛けている「合格報告会in twitter」、3月10日に最大の盛り上がりを見せるでしょうが…

注目度が高いらしく、先週の「ファインドスター ニュースランキング」で1位獲得!


10日頑張ります!


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1】今週の広告・マーケティング業界ニュースランキング(3/3~3/7)
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
冒頭でネットに注目が集まっていると書きましたが、Z会のTwitterを活用
したプロモーションが注目を集めました。その他、角川の「魔法のiらんど」
買収のニュースなどもサイトに掲載中です。

1位 Z会、ツイッターで10大学合格発表に合わせ「合格報告会」を実施
http://www.findstar.co.jp//news/syosai.php?s=201063

2位 Yahoo! JAPAN、広告枠在庫の取引をオープン化
http://www.findstar.co.jp//news/syosai.php?s=201055

3位 博報堂DYHD、中期経営計画で「ネット」「プロモーション」「グローバル」強化  組織改編へ
http://www.findstar.co.jp//news/syosai.php?s=201067

4位 広告代理業の大樹、事業停止し自己破産申請へ
http://www.findstar.co.jp//news/syosai.php?s=201053

5位 電通、2月度単体売上高は今年度初の前年同月超え インタラクティブメディア18 7.6%増
http://www.findstar.co.jp//news/syosai.php?s=201074

6位 楽天、求人広告事業に参入
http://www.findstar.co.jp//news/syosai.php?s=201071

7位 石田大成社、グループ会社のクリエーションを吸収合併
http://www.findstar.co.jp//news/syosai.php?s=201052

8位 博報堂プロダクツ、役員人事異動を発表
http://www.findstar.co.jp//news/syosai.php?s=201069

9位 TBS、子会社3社を合併へ
http://www.findstar.co.jp//news/syosai.php?s=201070

10位 Twitter利用状況、若年層と40代で異なる利用目的 富士通総研調査
http://www.findstar.co.jp//news/syosai.php?s=201050
Tags :
総合
ソーシャルブックマーク:

2009.09.10 23:43

広告宣伝のお仕事、Web制作のお仕事をする際に、クリエイティブを考えなければいけないときがあります。
ぶっちゃけ

・このTVの流れは面白いかどうか
・この新聞のキャッチコピーは人目をひくか
・このWebのデザインは洗練されているかどうか

…などが、クリエイティブの一環といえます。


おもしろい、おもしろくない…
きれい、イマイチ…
確かにいろいろなものを見せられると、感じるものはありますが、僕はなるべく「感想」にとどめ「意見」ないしは「強い意見」の領域まで出さないようにしています。
#と言いつつ、ついつい口が出ちゃうこともゼロではないんですけど。

だってプロが考えるわけですから、そのプロの仕事に良い悪いの判断をつけられるほど自分は(その分野において)プロじゃないと思いますし。。。


自分が拘るのは次の3点です。

まず、委託する会社を選ぶときの選択。
様々な会社を見て、調べて、最終的に「ここなら信頼できる」と思えるまでは結構徹底的に調べます。
そして、決めたら後は「よろしく!」としちゃいます。

次に。委託した会社に「甘え」が出そうになったとき。
つまり、「寺西は余り意見しない(からやりやすい)」という甘えを感じたら、ちょいと待ってよ、とせき止めます。

そして最後に。


クリエイティブに「Z会」あるいは「教育」「受験」にまつわる独特の思想性が組み込まれているかどうか。

これだけは広告主である方が強いわけですから。


クリエイティブそのものはどれだけいっても好き嫌いの領域です。
クリエイティブの検討をするのは楽しいのでついつい時間もつかっちゃうとき、ありますけど、それよりももっとほかの事に、広告主は時間を費やさなきゃいけないなーと思います。


明日から明々後日までの予定が超立て込んでいるので、今日のブログは軽めで失礼!(笑)
Tags :
総合
ソーシャルブックマーク:

プロフィール

プロフィール画像
寺西隆行
ICT CONNECT 21 の寺西隆行です。小松高校→東大理一→工学部環境系→教育の道へ。教育とマーケティングをずっと見つめながら過ごすことが喜びです。
※スパムのためコメント欄は閉じました(すいません)。

カレンダー

<<   2017年03月   >>
      01 02 03 04
05 06 07 08 09 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

月別アーカイブ