Z会ブログトップへ

2015.03.20 10:10

多様性の中から様々なことを吸収し、教養の礎を築いたり、精神的に発達したりすることによって、学力、つまり、自ら学んで次につなげる力は向上します。
社会の様々な事柄を知り、次にどうするか、という知恵を生み出す意欲も能力も高くなるのが普通ですから。

しかし「受験」を意図すると、どうして人はすぐ受験「対策」として、試験の形式の対策に「過剰」に走るのだろうか、と思います。

対策の対策では、少なくとも東大レベルはまず合格できません。

抽象的な申し上げ方をしますが、「人間的な成長」って、いわゆる偏差値の高い大学の入試において、プラスに寄与することが、たくさん、たくさん、あるんです。
Tags :
東大
Z会
個別指導
渋谷
プレアデス
ソーシャルブックマーク:

2014.12.20 11:39

大学の入試課長もつとめたことのある方から頂戴したありがたい言葉。

「文脈で判断できないと入試を乗り切れません。」

高校生の皆さん、よーく弁えてください。
Tags :
Z会スタッフの日常
ソーシャルブックマーク:

2014.01.16 12:41

本日は2014年度センター試験2日前。
23年前の同じ時期、僕は何していたかなあ…
試験会場まで遠く、近くのホテルに前泊することになっていたので、「わーい明日はホテル~」のように考えていたんじゃないですかね。
直前はとにかく「普通に、気楽に」という自分を作ることを意識していましたから。
#たいがいそれでうまくいきました。


さて、昨日のブログで紹介した、ニコニコ動画の企画。

2014年大学入試プロジェクト
(↑クリック!)

恐らくこのサイト、昨日できたばかりなんですが、当日のニコ生、視聴予約がもうすぐ900件近くになりそうですので、割と「見たい!」と思っている人多いんじゃないですかね。
放映時間も長めなので、きっと来場者数は10,000人は固いんじゃないでしょうかね。過去のニコ生を見る限り。。


よーし、僕も、頑張って、2日前に受験生にアドバイスできることはないか?と考えていたんですが、すでに東マス便り(←クリック!)がひじょーに丁寧に書いていました。
このブログを紹介することが、今日これから出張などでバタバタする、僕にできる最大のこと(苦笑


そして、おおっ!ベネッセさんにもいい記事が!!
センター試験ありがちトラブル! 前日までに知っておきたい10のこと


とにかく、事前準備は怠らないでくださいね!
Tags :
大学入試
センター試験
Z会
center
2014
ソーシャルブックマーク:

2014.01.15 23:50

いよいよセンター試験3日前。。。
受験生以外の皆さんは、どんな記事がネット上を賑わせているのかなーと、気になるところですね。
そこで

「センター試験」

と検索してみると

“ニコニコ生放送で「センター試験特番」放送決定 ホリエモンやひろゆきによる「センター試験解いてみた」も”

なんて記事が。
こちらですね。
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1401/15/news132.html

(以下、引用)
今週末に迫った大学入試センター試験に合わせて、ニコニコ生放送では1月18日、19日の2日間にわたり「センター試験特別番組」を放送することが決まった。

 18日、19日両日とも、日中はセンター試験会場の1つとなる東大赤門前より定点生中継を実施、視聴者はコメントで受験生たちを応援することができる。また夜からは、各分野で活躍中の有識者たちが当日の試験問題に挑戦する「センター試験解いてみた」を放送。1日目はホリエモンこと堀江貴文氏、2日目は2ちゃんねる元管理人のひろゆき氏も回答者として出演する予定となっている。

 各教科の回答時間中には講師による試験問題の解説も行うとのこと。番組の特設ページはこちら。
(引用終了)


特設ページを見てみると…

2014年大学入試プロジェクト
(↑クリック!)

ニコニコ動画でいろいろ企画があるようです。
…と、ニコニコ動画、といえば!

超難問コロシアム 2/9(日)決勝はニコ生!
(↑クリック!)

上記の大学入試プロジェクトページでもしっかり、超難問コロシアムの宣伝をしてくださっているようです(最下部のバナー広告)。


とくに高校2年生の皆さんは、センター試験の当日、受験の世界でおきるいろいろな事柄を観察しておくと、きっと来年に向けてよい経験になると思います。
Tags :
センター試験
Z会
center
2014
堀江貴文
ソーシャルブックマーク:

2014.01.14 10:50

2014年度のセンター試験、いよいよ今週末になりました。

受験生の皆さんは、いろいろな方から言われていると思いますが、「健康第一」です。

1週間で実力そのものが伸びることはそんなにありません。
でも、テストでは、実力の100%を発揮できる人もほとんどいません。
で、あれば、「(センター試験)本番で、実力の100%を発揮できるように」を目標にすることが一番いいわけです。

というわけで、健康管理、すごく大事なんですね。
あとはもちろん、リラックスして受けること。
今のうちから、テスト1日前、何時に寝るといいか、などを、無理のない範囲でシミュレーションしておくといいと思います(僕もそうして、センター試験で成功しました!)。


もう一つ、Z会から、ほんのちょっぴりでもできること。
2013年度のセンター試験をベースに、センター試験直前期、無理せずできる

・心構え
・こう解くと差がつくポイント
・今からでも間に合う点数アップ術


を公開しています(各科目ごとにででん!と公開!!)。

Z会 センター試験特集
↑クリック!

無理のない範囲でできる、テスト中の進め方なども掲載していますので、是非さらっとご覧ください。
そして、「これ、いいなあ!」と思った方、是非実行してみてください!
※これまで培った解答スタイルを大幅に変えるようになるのであれば、無理してやらない方がいいとは思います。


そして、センター試験が終われば、個別試験(二次試験)対策モードです。
最後の仕上げに

Z会 直前予想演習シリーズ

をどうぞ!
Tags :
センター試験
Z会
center
2014
直前対策
ソーシャルブックマーク:

2013.11.13 13:40

タイトル、大学入試センターから出ました!
 
平成27年度からの大学入試センター試験における数学、理科の問題例(試作問題)の公表について
 


現行の大学入試センター試験の出題科目から、内容や範囲等が大きく変わったところが中心に取り上げられていますので、脊髄反射的に

「むずっ!!!」

 
と感じる方の方が多いのではないでしょうか。
 
 
教育再生実行会議の第四次提言で「人物本位」なる試験が提言されたりするなど、「学力軽視」の風潮を感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、文科省の中央教育審議会などを傍聴すると(今度レポートしますね)すごくわかるのは
 
学力も大事、人物も大事
 
という大きな潮流です。
 
自らの能力向上に対したくましく向かっていける人材が今後間違いなく必要という、社会からのメッセージなんですよね。
 
「これから面接重視の試験になるらしいから、勉強なんてしない!」…などとは、間違っても思わないように。。。(普通、思わないと思いますが…)
 
あ、現大学受験生には、「直前予想演習シリーズ」オススメですよ、どぞ!
Tags :
大学受験
Z会スタッフの日常
大学入試
センター試験
ソーシャルブックマーク:

2013.09.04 10:51


新課程生物の激変ぶりを取り上げた先日のブログにかなりのアクセスがありました。
Facebook経由でも広まったようで。

夏休みが終わって9月に入り、教育課程や大学受験に関心が高まっているのでしょうかね。
 
ならば(笑)今回も教育ネタ。
 
【大学受験2014】センター試験 2014年度は過去最高684大学参加
 


基礎的な学力を測る試験として、センター試験は益々利用価値が高まっているようです。

僕自身の経験から、高校生の皆さんにアドバイスできることは2点あります。

 



1.東大志望であっても、センター試験をあなどるな。


 

東大は、センター試験と個別試験の比率が1:4と、センター試験の点数そのものが余り合否に影響しません。だからみんな軽視します。ほとんど対策をしない人も結構います。

 

でも僕はムチャクチャ対策しました。なぜならば(教科能力が)オールラウンダーで、「飛びぬけてできる科目」がなく、個別試験では競争に負ける、と思っていたので。

夏休み以降、毎日、何かしら、センター型の問題に触れていました。12月はセンター対策に絞っていました。おかげで771/800(得点率96.4%)を叩きだせ、東大合格も勝ち取れました。

これ、点数分有利になる、というところだけの問題じゃないんですよ。
センター試験でいい点数取っておくと、個別試験にリラックスして臨めるじゃないですか。

いったんわからない問題に出会うと、「どうしよう…」とパニックになり、実力が十分に発揮できないタイプの僕(当時)は、個別試験で思い残すことなく実力を発揮できる環境作りをするために、センター試験での高得点を狙っていたことも大きいんです。

「ああっ、わかる、その感覚」という方は、決してセンター試験をナメないでください。


2.センター試験の形式や、時間感覚に慣れよ。

センター試験の問題そのものは、個別試験ほど難しくなく、基礎基本を確認する問題です。
しかし、そんな問題であっても、「制限時間内に解けるかどうか」はかなりケアしなければいけません。
制限時間に無頓着な学習法をしている人は、痛い目にあいます。。。

僕は夏休み以降、ほんとに毎日、どれか1教科、センター試験の問題集を使ったりして、時間通りに解く訓練していましたし、12月はセンター試験と同じ時間帯に、同じ科目の問題を、同じ時間で解く、なんてこともしていました。正直この訓練は、とっても、とっても、効果的でした。
やっぱ「慣れ」って大事です。一発勝負の大学受験は、とくに。
それに、慣れてないで「あ-ほんとは解けたのに…」という思いで受験を終わると、悔しいじゃないですか。

解くことはできる問題を確実に解くために、センター試験の問題には受験生は毎日、これから、取り組んだ方がいいと思います。


もちろんZ会も万全のラインナップで皆さんを後押しします。
「映像」でセンター対策!東大志望者は「9割センター」がオススメです。
センター演習コース 定期的にセンター型問題に取り組み「慣れる」ためにちょうどいいコースです。

9月、一歩先へ、対策を拡充しましょう!!
Tags :
大学受験
合格
センター試験
東大
センター対策
ソーシャルブックマーク:

2013.09.02 23:50

 
 
2012年から、高校理科の課程が「激変」しています。
初年度入試は2015年。Z会でも着実に、かつ、迅速に、対応を進めています。
高校理科(物理・化学・生物)、Z会新課程対応商品一覧
 
 
理科課長を務めていますので、理科担当の社員からもいろんな話が聞こえてくるのですが、
 
「いやー生物の変わり方が一番ハンパないっすよ」
 
という声は、以前から聞こえてきていました。
 
 
 
 
この声を裏付けるかのように、ブログ「理科専門の個人指導予備校(世田谷区)『梶川塾』にて、このようなことが書かれていました。
※梶川さんは、理科の情報交換をさせていただいている仲です。
 
 
梶川さんの許可を得て転載いたします。
ほんと、生物、変わりますよ、今までの対策ではかなり厳しい…!
 
 
 
=====
 
ゆとり教育が終わり、現在の高校二年生から、カリキュラムが変わった。
 
 
 
それで、高校の生物の教科書(東京書籍版)を見ると、内容が著しくレベルが上がっている。遺伝や代謝についても詳しいし、バイオテクノロジーとかも書いてあり、社会人が読んでも読みごたえのある内容で面白い。まるで、大学の教科書みたいだ。
 
だが、逆にいうと、一部の生徒には少し難しすぎるかもしれない。
 
例えば、新しい教科書では「電子受容体」といった用語がでてくる。
今までは高校では、「酸化剤」というのが普通だった。
というか、高校の理科では生物の代謝について化学の見地からは詳しくやってなかった。
 
だが、大学のテキストでは、「現在の太陽光は、植物にとって還元力が強すぎる」などと言った記述がでてくる。これは、日陰を好む植物が存在する理由の一つだが、これなど、高校化学で酸化と還元について学んでいないと、文章が意味不明である。
 
高校の教科書の内容が大学とつながっているのはいいが、それは
内容をきちんと理解しているということが前提だ。
 
そうでない場合、安直に暗記科目としてすまそうとしてきた生徒にとっては、かえって理解が難しいし、結果として大学へ進学しても、大学の授業がなんだかよくわからないといったことになりかねないように思える。
 
 
 
=====
 
Z会で対策は万全に!
高校理科(物理・化学・生物)、Z会新課程対応商品一覧
 
 
Tags :
生物
対策
Z会
新課程
教科書
ソーシャルブックマーク:

2013.07.30 23:50

現在の自分や、自分が進もうとしている方向に対し、異なる指摘、ましてや、否定されるような指摘を受けること。
その瞬間は受け入れられることが稀ですし、感情的になることもあります。


ただ、その後~それが1時間後か、1日後か、1週間後か、は違いますが~に

「そういう指摘もあるんだ。」

と、指摘を心の中で受け入れられる(指摘に従うこととは別です)かどうかが、成長できる人とできない人を分けるポイントの1つです。
その指摘が、部下であっても、後輩であっても、嫌いな人であっても…。


それまでの自分のやり方や、場合によっては価値観の否定にあたるような指摘、そりゃ最初は受け入れ自体を心が拒否しますよ。
でも、拒否したままということは、それまでの自分と変わらないということにもなりますよね。


成長したいのであれば、「そういう指摘もあるんだ。」と思えるようになる姿勢ってとても大事だと思います。
そして、そう振り返るときが、1日後か、1週間後か…という時間間隔の長短が、成長スピードを決めます。
Tags :
Z会スタッフの日常
ソーシャルブックマーク:

2013.02.19 13:14

[PR]Z会だからこその分析!2013年大学入試も、分析資料をお届けします!
http://www.zkai.co.jp/high/event/stra/bunseki/

===

Z会 東大対策ブログにいつの間にか、我が!?理科課の部下勢ぞろいの写真と、東大入試直前の理科対策についての記事が掲載されていました。

東大理科対策 最後の1週間でできること

課長の僕がいないうちに…写真に写ってほしくなかったらしい(笑)
#体調が優れずお休みしている時に撮られた写真、というのが実際のトコロです。


部下が勝手に声かけて集まって。
勝手に受験生へエールを送る。
一人一人じゃなく、「みんな」で。

素晴らしいチームだなぁ、と思いました。


先日、親交のある『ザッポスの奇跡』著者、石塚しのぶさんが、こんな記事を書かれていました。

「会社は終わった」論にひとこと、もの申す

とっても共感を覚えていたときに、今回の部下の動き。
一人じゃできないメッセージを、受験生に届けてくれたと思っています。

組織っていいなあ、チームっていいなあ、そう感じた瞬間でした。


受験は家族のチームワークが大切と言われています。
合格者、とくに東大合格者から出てくる一番の声が「家族に感謝」。
気づかないところで気遣える、家族のチームワークが、受験を成功に導きます。


あと6日で国公立大学前期試験、最後まで頑張れ!受験生!!
Tags :
理科
Z会スタッフの日常
合格
東大
Z会
ソーシャルブックマーク:

プロフィール

プロフィール画像
寺西隆行
ICT CONNECT 21 の寺西隆行です。小松高校→東大理一→工学部環境系→教育の道へ。教育とマーケティングをずっと見つめながら過ごすことが喜びです。
※スパムのためコメント欄は閉じました(すいません)。

カレンダー

<<   2017年05月   >>
  01 02 03 04 05 06
07 08 09 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

月別アーカイブ