Z会ブログトップへ

2016.02.29 12:38

大学入試改革で激変! 塾・予備校業界はどう変わるのか?
↑週刊ダイヤモンドのサイトにリンクします。

大学入試改革で話題になっていることは

・センター試験に記述式が導入される!?
・英語4技能が問われる!?
・入試にコンピューターが用いられる?
・アクティブラーニングで身につく力(=協働力)が問われる?

…などなどですが、これらのことが丁寧に、わかりやすくかかれており、塾や予備校のみならず、「教育」そのものに関心の高い方も一読の価値あり、です。

個人的には、公教育の先生にもお勧めですね。
とくに、大学入試改革の影響を受ける新中2以下の学年を担当する、小中学生の先生は、普段余り接しない話題だけれども、知っておかなければいけないからこそ、触れてほしいと思います。


Z会の教室で売り出し中、そして問合せ殺到中(ほんとに…)のメテウスについても触れられています。

(以下、引用)
昨年、栄光ゼミナールを買収した増進会出版社(Z会)が動いた。今年4月から、アクティブ・ラーニングを取り入れた「東大進学教室メテウス」を中高一貫校の中学生向けに、御茶ノ水や渋谷など首都圏の5教室で展開するのだ。

メテウスでは、英語や数学、国語の各教科で取り上げたテーマの問題演習後に、ペアまたはグループでの互いの解き方、考え方について発表し合い、その結果を踏まえて最後に授業内容を振り返る。

論述試験などに対応する思考力、表現力などを養成するのに有効とされるアクティブ・ラーニング。共通の論述テストの導入など大学入試改革は、当初の構想どおりにはいきそうにないが、塾・予備校業界は導入を前提に、すでにトップスピードで走り出している。
(引用終了)

大学入試改革に適応するために「メテウス」を導入するのはキッカケにすぎません。
「論述試験などに対応する思考力、表現力」は、「主体的な学び」を作るためにも大切だと思いますし、そしてZ会が長年培ってきた分野であるからこそ、大々的に展開するのです。

Z会が大事にしてきた「本物の学力」が、これから大学入試で本格的に問われることになると思います。
Tags :
Z会
ダイヤモンド
主体的な学び
メテウス
大学入試改革
ソーシャルブックマーク:

2016.02.10 23:57

東大初の推薦入試、77人が合格
↑東大新聞オンラインにリンクします。

東大推薦入試の合格発表がありました。
Z会東大進学教室に通う受講生からも、見事、2名の合格者がすでに判明しています。

─「Z会東大進学教室便り」より引用─
本日発表された、東京大学推薦入試の最終結果ですが、
Z会東大進学教室の本科生から、
2名合格者が出ました!!(2月10日時点)
───────────────────

Z会東大進学教室の新たな試み、「メテウス」でもそうですが、Z会は「主体的な学び」を、過去から現在に至るまでずっとはぐくもうとしてきています。通信教育で身に着けようとしている力も、そうですね。

東大推薦入試に合格した受講生が2名いたとの報を受け、もちろんうれしかったのですが、一方で「当然」と思った自分もいました。
対策のための対策のようなことはZ会東大進学教室では一切せず、本質的な学びによって深い理解を引き出し、そのことが主体的な学びにつながるような指導をずっと続けてきていますから、東大推薦入試とは親和性があると思っていました。


きっと今回、東大推薦入試に合格した皆さんは、「東大までの人」ではなく「東大からの人」になるでしょう。
Tags :
Z会
合格発表
東大推薦入試
主体的な学び
メテウス
ソーシャルブックマーク:

2015.04.20 11:18

“「社会起業家になりたい」と言っている学生さんに言いたいこと”
http://rick08.hatenablog.com/entry/NPO_kyokasyo

“社会貢献したい!”と思う気持ち、素敵です。
でも、「気持ちだけではどうにもならない、スキルを磨く必要がある」と知ることも、同時に大切です。
さらに言うなら、”「気持ちだけではどうにもならない、スキルを磨く必要がある」と知る”レベルの気持ちが最低限ないと、社会貢献はできないと思います。
人を助けるにはスキルが必要ですからね。

難しく感じます?
私は全然難しくないと思います。
その人の特長を活かしたスキルで、社会貢献できること、いろいろあると思います。

スキルを磨き、社会貢献することは誰でもできます。
その行為を続ける人生は素敵だと思いますし、その方自身も幸せだとも思います。

私も、NPOとは違った形で社会貢献していくことが幸せにつながっていますし。


Z会東大個別指導教室プレアデス」での教室長業務を通じ「社会を良くしていこう」というメッセージを発したり、そのための仕組みを整えたりすることも、ほんのちょっとしたことではあるかもしれませんが、社会貢献につながると思ってます。

──(お知らせ)──
叡智と情熱が集う場、「Z会東大個別指導教室プレアデス
毎日、東大生による熱心な指導が行われています。

進級・進学のこの時期に、「東大生学習診断」。
東大生講師と面談してみませんか?体験授業も開催中!
http://www.zkai.co.jp/juku/todaikobetsu/taiken.html
Tags :
東大
Z会
個別指導
渋谷
プレアデス
ソーシャルブックマーク:

2015.02.07 12:38

ベネッセ、会員登録なしの通信教育講座 500円から

「ベネパ」という通信教育講座のようですね。


以下私見です。

ビジネスモデル、としてはわかるのですが、このテのモデルで工夫が必要と思うのは、「学習管理」という考え方です。
自由に子どもが選択する学習法がほんとにいいのか?というところ。
教育的に。

ビジネス的に、であれば、消費者の選択に委ねるのが一番いいのはわかるのですが、教育はそうではない側面もはらんでいるとつくづく感じますし。。。

もちろん、教育的に、が強すぎて、自由度が一切ないのもダメですが。


どれだけ考えても正解のない、バランスの問題ですね。


そうだそうだ!PRを僕も負けずにしないと!笑

【Z会の教室】叡智と情熱が集う場「Z会東大個別指導教室」、2015年2月24日(火)渋谷に開校!
Tags :
Z会
ベネッセ
ベネパ
ソーシャルブックマーク:

2014.12.28 18:11

タクシー休憩に開放、コンビニ強盗半分に 京都
↑Yahoo!ニュースにリンクしています。

素晴らしい関係ですね。
Win-Winの関係って、まさにこういうことをいうのではないでしょうか。

コンビニ側からすると、防犯として、本来は警備会社に対価を支払って…となるところ、なかなかそんなお金は捻出できない。。。
タクシー側からすると、夜の休憩所として、どこか「溜まり場」のようなところがあるととてもありがたいけれど、そんな場所はなかなか。。。

お互いの不足を補い合って、両方満足する。
友人同士だけに限らず、ビジネスの関係においても、こういうこともっともっと、あっていいと思います。


本来、対価は、相手に「してもらう」ことの対価。
相手に「してもらう」ことのお返しができないから、「お金」で支払う、ということですよね。

相手に「してもらう」かわりに相手に「してあげる」ことがあり、それを相手が喜んで受け取れるのであれば、そこにお金の流通は生まれない、そんなこともあるってことです。


このような関係が築けるポイントは「自然に、ムリせず」お互いがやれることをやる、ってことですね。
Tags :
Z会スタッフの日常
ソーシャルブックマーク:

2014.12.04 20:18

幼い頃からの知人が、次の市議会議員選挙に出そうだとかなんとか聞こえてきました。

彼は暴れん坊でした。よく言えばヤンチャ、悪く言えばヤンキーとか、そういう感じの人間。
大学へ進学してから付き合いはなくなりましたが、風の噂でPTA会長になったということも聞いていました。
そして2、3年前でしたかね、凄く久しぶりに会って、呑んで、楽しい時間をすごしました。

ヤンチャな少年、大工の棟梁のようなガタイ、そしてPTA会長、市議会議員へ。
ここからイメージできる姿は、野心家とか、あるいは、目立ちたがり屋とか、そんな姿でしょうか。


確かに彼には野心もあると思います。
でも、多くの人がイメージするほど、野心があるわけではないと感じています。

野心「だけ」で、PTA会長や議員になろうとする人って、実は稀なんだと、最近思うようになりました。
野心がそれなりにある人に、周りの人が推して、まつり上げているんだ、と。


いわゆる「政治家」の知人は、両手では数えられないくらいになっています。
そんな彼らを見ると、決して野心だけで上へ上ろうとしているのではなく、
・社会をよくしたい気持ち
・周りからの待望論
・健全な野心
これらが掛け算になって、上昇志向…これが政治家以外の人から見ると「野望」のように感じられてしまうんですよね。


政治家なんて誰がなっても変わらない。
そう思っている人が多いと思います。

そうでしょうか?
それは、自分が、政治家を見に行っていないからではないでしょうか?


見に行きましょう。
そして、20歳以上の人は、次の選挙に行きましょうね。←これが言いたかったんです笑
Tags :
Z会スタッフの日常
ソーシャルブックマーク:

2014.11.15 07:47

素敵な富士山を拝んだ後、新幹線で移動しようとしたら、これにつかまる。。。

東海道新幹線 一部運転見合わせ 人が感電
↑NHKのサイトにリンクします。また記事タイトルは、2014.11.15 午前7時30分段階でのものです。

JR東海によりますと、午前5時38分ごろ、東海道新幹線の新横浜駅の構内に停車中だった広島行きの始発列車の屋根に男性が登り、架線に触れて停電が発生しました。”(記事より引用)

…(無言)

僕は7時6分三島発の新幹線で東京へ向かう予定でした。
三島駅に到着したのが7時ちょうど頃。そこで運転見合わせのお知らせが。
線路内に人が立ち入ったとの連絡でしたが、まさかこんなこととは(苦笑)


さておき。
5時38分にストップした新幹線の運行。運転再開は7時3分。
その間、約1時間半もあるのに、僕が乗った新幹線は、たった5分遅れで三島駅を発車!
「JR、すごい!!!」と思ってしまいました。

誰かに聞いたことがあるんですが、日本の鉄道のダイヤグラムって凄いんですよね。
分、というか、実質秒刻みなのに、ほぼ定刻で発車。


日本の「あたりまえ」は凄いんです。
自分にはとうていできないことをこなしてくれる人、もの、技術を「やって当然」と思わず、感謝して相対したいものです。
Tags :
Z会スタッフの日常
ソーシャルブックマーク:

2014.11.11 01:10

教員に“SNS講座” 講師は高校生
↑NHKニュースにリンクしています。

これは素晴らしいことだと思います。
SNSを高校生が教える、ことではなくて、高校生の方がよく知っている「知識・知見」かつ「社会で必要なもの」を、先生に教える、という、教える~教わるの逆転は、ほんとに社会でおきにくいので。

大人たちは、社会で有用なものであっても、大人が知らなくて未成年が知っているものは、無視する・つぶしにかかるのが、これまでよく行われてきたことです。残念ながら。
大人よりも未成年の方がよくわかっている、と思うものは、こうやって純粋に、未成年から学べばよいのですよ。
そうすることで「社会」が賢くなるじゃないですか、ねえ。

半学半教。
教える者と学ぶ者の分を定めず、相互に教え合い学び合う仕組みを言い、慶應義塾大学の精神でもあります。
まさにこれ、ですね。
Tags :
Z会スタッフの日常
ソーシャルブックマーク:

2014.11.07 11:59

現役東大生が開発。たのしさ重視の英単語暗記は「mikan」で!
↑サイト「WomanApps magazine」へリンクしています。

現役東大生が開発したアプリ。
英単語暗記アプリ。
このテのものはこれまでも、いろいろ出てきていると思います(といってもまだまだ数としては少ないですけどね)。
皆さんにとっては真新しいかもしれませんが、ICT教育を普段からリサーチしている僕にとっては、ややお腹いっぱい感。


とはいえ!?一つ一つの(ICT教育の)記事内容まできちんと読んでいます(タイトルだけ見て読み飛ばしはしないってことですね)。
そして…今回のアプリ、「いいじゃん!」と直感的に感じました。


1.実体験に基づいている。

“今回紹介するアプリ「mikan」は、開発者である現役東大生がみずから実践していた「もっとも早く効率よく」できる暗記方法を、アプリとして作成したもの。”(“ ”内は記事より引用)

「こんなのあったらいいな」と、開発者自ら思っているものが形になったとき、それは素晴らしいものになる確率が高まります。自分自身がユーザーで、自分が満足しないと世に出しませんからね。

「そんなのあたりまえじゃん」と思われる方が多いかもしれません。
しかし一方で、「自分が“やりたい”」と思ったわけではなく、何らかの指示により開発業務に携わった場合、様々な制約条件を言い訳にして、「こんなのあったらいいな」という気持ちの発露が全くないケース、たくさん、たくさん、あります。
確かに根源的な「やりたい!」はないかもしれませんが、それでも、指示の中で許されている自由度の中で発露できるシーンは数多くあります。にも関わらず。
※余談ですが…「そんなのあたりまえじゃん」と思う方に限って、自分が開発業務を担当すると、そうなりがちな気もしています。

そのため、「こんなのあったらいいな」がそのまま形になったものは、意外と世の中になく、だからこそ他の製品と比べてよいものになる確率が高いんです。


2.自分の足でユーザーにヒアリングしている。

“アプリのリリースまで、この開発者さんは全国をまわって約250人にこの「mikan」での英単語学習を試してきたそうです。”(“ ”内は記事より引用)

「業務」としてリサーチを任されたとき、担当者が
   “自分の目で見る、確かめる、感じる”
をやらないケース、これも枚挙に暇がないくらい、世には散見されます。ほんとに他社の友人から愚痴で出てくるパターンとして多い(苦笑)

そのような担当者がやりがちなこと。
・そもそもアンケート内容がチープ(例:「やってみて役に立ったか?」などの質問項目を用意するケースが多いですが、「役に立たない」(=役に立ったシーンがゼロであるもの)ことなんて実際にはほとんどない、にも関わらず)。
・分析どまりで解釈がない(例:「よい」と答えた人が75%いた。だからいいものである。と結論。75%「よい」と答えたら“利用しようと思うほど「よい」ということ”か?の視点がない)
・リサーチに基づいて「よりよいものにしていこう」と自ら動こうとしない。
…などですね。

250人、実際に開発者がユーザーに聞くなんて、すごい規模ですよ。仕事の「機能」で動きがちな大企業で開発者がここまでしているケースは余りないんじゃないでしょうか。
だから、大企業の出すアプリより、いいものになっている、そんな気がします。


現役東大生が開発。たのしさ重視の英単語暗記は「mikan」で!
↑サイト「WomanApps magazine」へリンクしています。

皆さんも試してみては?僕も見てみまーす。
Tags :
Z会スタッフの日常
東大
英単語
アプリ
mikan
ソーシャルブックマーク:

2014.10.27 17:53

※本ブログは、教育業界のことを皆さんに届ける意味合いもありますので、競合他社さんのことですが、情報だけを取り急ぎ。。。

早稲田塾が、東進ハイスクールなどを運営する、(株)ナガセの子会社になるようです。
https://www.release.tdnet.info/inbs/140120141027065459.pdf
↑東証開示情報のPDFにリンクしています。


正直、驚いている部分もありますが、こと、Z会社員としては、競合他社がどのように動こうとも、お客様に最もよい教育サービスを追求する、という姿勢に変わりはありません!

1つ前のブログ志と存在意義。で書いた「志を強くしなきゃ!」という思いをますます強めることになる出来事でもありました。



[PR]Z会の教室 冬期講習情報
高1向け
高2向け
高3・受験生向け
※それぞれの対象講座を掲載したサイトへリンクしています。
Tags :
Z会
教育
早稲田塾
ナガセ
東進
ソーシャルブックマーク:

プロフィール

プロフィール画像
寺西隆行
ICT CONNECT 21 の寺西隆行です。小松高校→東大理一→工学部環境系→教育の道へ。教育とマーケティングをずっと見つめながら過ごすことが喜びです。
※スパムのためコメント欄は閉じました(すいません)。

カレンダー

<<   2017年08月   >>
    01 02 03 04 05
06 07 08 09 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

月別アーカイブ