Z会ブログトップへ

2018.12.27 08:05

物事を進める際に、関係者の「合意形成」が大事なことは言うまでもないですが、合意形成過程の運用は、人によってバラバラだと最近感じます。

同じ「合意形成された状態」を(個々人の解釈では)意味するものであっても、次の2つの状態があると思います。

1)会議等の「形式」で手続きを踏んで、合意が形成された状態
2)格となる関係者への信頼により、他の関係者が納得づくで合意が形成された状態

そして、1の場合において、2が抜け落ちている場合が多々あります。
また、2の場合において、1が抜け落ちている場合が多々あります。

1の場合、2が出来ていなくても、「合意形成された」と強弁される場合があります。
2の場合、1が出来ていなくても、「まーいいじゃん堅苦しい事言うなよ」と開き直られる場合があります。

実際には、1のような形式も大事ですし、2のように人の血が通うことも大事です。
どちらか一方だけに偏らずに合意形成することが大切ですよね。
Tags :
ソーシャルブックマーク:

プロフィール

プロフィール画像
寺西隆行
ICT CONNECT 21 の寺西隆行です。小松高校→東大理一→工学部環境系→教育の道へ。教育とマーケティングをずっと見つめながら過ごすことが喜びです。
※スパムのためコメント欄は閉じました(すいません)。

カレンダー

<<   2019年11月   >>
          01 02
03 04 05 06 07 08 09
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ