Z会ブログトップへ

2013.02.24 23:37

[PR]新小学1年生に今だけ資料請求特典つき!


「社会の成員としての役割を果たしながら、幸せに生きていく」

ことが大切、って肌感覚、若いうち(遅くとも20代)に身につけておかないと、後からなかなか涵養されない気がしてきました。

このバランス感覚がなければ、社会の一員であることを過剰に意識するが余り、幸せをつかみ取ろうと自ら動けないか、自分勝手な自分だけの幸せを求め社会にババかけ続けるか、どっちかになりがち。。。


これまでは「与えられた社会」に「居る」だけで相当程度の幸せって感じとれたとは思います。
これからは社会を創る(ある程度明確にコミットする)当事者の割合が確実に増えます。
社会の成長を汗水たらして「創る」ことをしないと今と同程度の幸せを受けることができませんので。


「社会の成員としての役割を果たしながら、幸せに生きていく」って価値観、どう植え付ければいいんでしょうね。

大人の多くがかっこよければ無問題なんですけど、そうじゃない場合、どんな仕組みが必要なんでしょうね…。


今のところ、僕の案としては、大人の多くがかっこよくなることが近道としか言えません。。。
そして少なくとも、自分がかっこいい大人であり続けなきゃいけない、と思うだけです。
Tags :
Z会スタッフの日常
東大
教育
子ども
Z会
ソーシャルブックマーク:

プロフィール

プロフィール画像
寺西隆行
ICT CONNECT 21 の寺西隆行です。小松高校→東大理一→工学部環境系→教育の道へ。教育とマーケティングをずっと見つめながら過ごすことが喜びです。
※スパムのためコメント欄は閉じました(すいません)。

カレンダー

<<   2020年06月   >>
  01 02 03 04 05 06
07 08 09 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

月別アーカイブ