Z会ブログトップへ

2010.03.12 20:16

まずは今日の出来事から。

本日の昼食に、近くの、1週間くらい前にできたばかりの餃子屋に行きました。
中心メニューが餃子と鳥のから揚げのみという、まさに「餃子屋」さん。
餃子1皿390円、鳥のから揚げ420円と、決して安くはありません。

餃子定食500円、鳥のから揚げ420円を頼みました。(初回で名物をそれなりに食べちゃいたい、という性格なものですから。笑)
餃子定食500円、出てきました。そこで…

「あら、店長(20代と見える男性)、鳥のから揚げいれてないんじゃ。」

パートの女性(50代でしょうか)、大声で。

お客さん(=僕)に「すいません」とも言わず「あっちゃー忘れてた」という表情で鳥のから揚げを作り始めようとする店長。
パートの女性はさすがに「申し訳ありませんね~今から作りますから」。けれど笑顔で。


「要りません、もう時間がないんで」

「あらーそうですか、すいませんねー」と、これまたフツーの声で話すパートの女性。
少し間をおいて、店長。

「おみやげ用の鳥のから揚げだとすぐに出せるんですけど…」
作り立てではなく、少し放置されていた鳥のから揚げを出そうとする店長。

いらん。


別のお話。
これまたよく行く、近くのラーメン店があります。できてまだ半年くらいでしょうか。これも店長は若い人です。
味が好きなのと、深夜5時頃までやっている理由で、深夜2時を回っておなかがすいていると行きます。

このラーメン店で、今まで「つけ麺の後のシメの雑炊セット(=小ごはん)」(100円)の注文を3回忘れられました。
餃子の注文を1回忘れられました。
忘却率は50%くらいです(笑)

加えて、1回、「1,270円」の支払いをしようとして、最初は「2,070円」を出していたところ、「あっつ、すいません、細かいのありました」として「1,320円」に変えたところ、何を思ったか最初っから「1,570円の支払い、300円お釣り」でレジうちして、1,320円受け取り300円をレジから差し出す、という無意識行動?条件反射?までありました。
#さすがに「あの~」と言いましたが。


「お金稼ぐ気、あります?」


地方商店の人はこういいます。

「地方に人がいなくなって、もう(地方の)商店は辛いよ」
「国はなにもやってくれない」
「大きなスーパーが全部客をとっていく!」
「金儲け主義の大手の真似なんてしたくない、人間は気持ちなんだから!」

言葉だけ見ればみんな、1つの事実を表しているのかもしれません。
しかし、地方の商店、自分自身が招いている「不況」もあると思います。

いや、実際はわからなくても、外の環境のせいばかりにせず、自分で変えることをする気持ちを持ち続けることが何よりも大切なんです。

その心…ごめんなさい、地元の三島で感じる「変えよう、頑張ろう」という心と、東京の商店とでは、圧倒的に東京が上です。


これではますます客が、というより、地方から人が離れ、地方の商店は収益が減り、可処分所得が減る地域には企業も商売をしたくないと思い、企業進出もなく。
企業誘致するけどちっとも来てくれない、と地方の人が嘆く。。。

悪循環を生んでしまいます。


僕も石川県の、かなりの田舎の出身です。
そのときの経験を踏まえて、地方の商店の「自らの悪」を一点だけに絞って挙げるのであれば…

「お金を汚いもの、お金を稼ぐことを悪のように言い、“なすべき金稼ぎ”をせず、“気持ちが大切”という自分のよりどころに落とし込むこと」

これが、地方商店の「儲からない」を招いている元凶だと感じます。


首都圏で儲かっている商店は…
「商売」につながることをとことんやり、かつ、“気持ち”もある、だから儲かるんです。

人がいるから、じゃありません。
汚いことをやっているわけじゃもちろんありません。

利益は、その商品を気に入った人が多いからこそ、結果として生み出せるものであって。


金融工学が発達したため、実態のない金稼ぎも世の中に出始め、「金稼ぎが汚い」もののように強烈に思っている人が少なくありません。
でも、本来は、儲かっている人ほど、社会価値を創造し、人のお役に立っているはずなんです。

外部環境のせいにしないで、まずは自分のできることを、しっかりやりませんか?
地方の商店のみなさん!
Tags :
総合
ソーシャルブックマーク:

プロフィール

プロフィール画像
寺西隆行
ICT CONNECT 21 の寺西隆行です。小松高校→東大理一→工学部環境系→教育の道へ。教育とマーケティングをずっと見つめながら過ごすことが喜びです。
※スパムのためコメント欄は閉じました(すいません)。

カレンダー

<<   2019年03月   >>
          01 02
03 04 05 06 07 08 09
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

月別アーカイブ