Z会ブログトップへ

2012.01.27 01:10

不惑が近くなってきたからでしょうか(苦笑)、最近、礼儀、マナー、言葉づかいその他、なっていない人には容赦なく指摘するようになってきました。
「なってない」理由が「性格が悪いから」ではなく「知らない」だけだから、僕から見ると「教えている」だけなんですけど、相手にとっては「欠点を指摘された」と同じですので、まあ、その瞬間は、気持ちよく感じない人もいるでしょう。
そして、それを恐れて、指摘をしないオジサンも世の中にはたくさんいます。

指摘をする、指摘をしない、という行為そのもののいい、悪いはないです。
「僕は指摘する」それだけです。


「その人がその部分を直さないと、社会(その人の周り、僕の周り、という「小さな社会」も含む)に悪影響を及ぼすから」と「僕が」思うから、言っているわけで、決して「教えてあげている」とか「若い人に言ってやったぜ」とかいう気持ちに浸りたいわけじゃあないんですよね。

それを、指摘される方は、勘違いするときもありますね。
「指摘した人は、そういう考え方をしている」と受け止めた方が、成長につながると「僕は」思うのですけどね。


そしてもう一つ、僕が口うるさくなれる理由。
それをやることで言った本人に見放されてもいいもんね、という、僕→当人へ、関係性を結びたいベクトルが一切出ていないからなんですよね。
#「若い人へ口うるさい」という形をとっている人には、「若い人に相手されたい」気持ちの裏返しの方も相当数いるかと。


年をとったから口うるさくなった、のではなく、年をとり、身の回りで「関係性」を築いている人間はもうお腹いっぱい、もう無理して関係性築かなくてもいいもんね、という満腹感が、いい意味での開き直りを生んでいる気がします。
若いと、そこまで、関係性を築いている人で、お腹一杯になることはないですからね。
Tags :
Z会スタッフの日常
東大
教育
子ども
Z会
ソーシャルブックマーク:

プロフィール

プロフィール画像
寺西隆行
ICT CONNECT 21 の寺西隆行です。小松高校→東大理一→工学部環境系→教育の道へ。教育とマーケティングをずっと見つめながら過ごすことが喜びです。
※スパムのためコメント欄は閉じました(すいません)。

カレンダー

<<   2020年06月   >>
  01 02 03 04 05 06
07 08 09 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

月別アーカイブ