Z会ブログトップへ

2019.12.29 20:59

令和3年度からの大学入試について、文部科学省が情報をまとめ、皆さんへ提供するためのサイトができたようです。
https://www.mext.go.jp/nyushi/
「本サイトは、文部科学省が、令和3年度からの大学入試についての情報を提供するサイトです。」

スマホから見やすくなっています。

現時点では余り情報はないようですが、今後「大学入試についての正しい情報はここを見ればいいよね」という集約されたサイトになっていくことを期待しています!

現高2以下の児童・生徒さん、および高校を初めとする先生の皆さんに、このサイトURL、広がってほしいと思います。
Tags :
大学入試
文科省
ソーシャルブックマーク:

2019.12.26 08:15

教育行政を司る文科省と、主に産業界の人材育成を司る経産省。
両方の考え方が一気に良くわかるサイトが公開されました。

前田康裕先生がたずねる未来への学び
https://www.sakura-sha.jp/miraimanabi/

第1弾、第2弾ともに、内容の濃い非常に良い記事になっています。
年末年始、「この国の在り方」を考える材料としても、是非ご覧ください。
Tags :
教育
文科省
経産省
ソーシャルブックマーク:

2019.12.03 19:01

2019年12月3日(火)に発表された「OECD生徒の学習到達度調査(PISA) 2018」結果について、関連ページをまとめてみました。

▼国立教育政策研究所
http://www.nier.go.jp/kokusai/pisa/index.html#PISA2018

▼日経
日本の15歳「読解力」15位に後退 デジタル活用で遅れ
https://nikkei.com/article/DGXMZO52905290T01C19A2CC1000/

▼朝日
日本の15歳、自由記述苦手? 国際調査で読解力低下
https://asahi.com/articles/ASMD343J9MD3UTIL012.html

▼読売
「読解力」15位に急降下、「数学」「科学」トップレベル維持…PISA
https://yomiuri.co.jp/kyoiku/20191203-OYT1T50212/

▼産経
PISA調査 日本の15歳、読解力15位 3年前より大幅ダウン 科学・数学的応用力はトップレベル維持
https://www.iza.ne.jp/kiji/life/news/191203/lif19120317080021-n1.html


▼毎日
日本の15歳、読解力が15位に急落 国際学習到達度調査
https://mainichi.jp/articles/20191203/k00/00m/040/132000c

▼日本教育新聞
(PISA2018)国際学力調査 読解力が顕著に低下
https://www.kyoiku-press.com/post-210466/

▼時事通信
「読解力」15位に後退 日本、理数は高水準維持―OECD18年国際調査
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019120300928

▼47news
高校1年の読解力、15位に低下
https://this.kiji.is/574525138869077089?c=39546741839462401
Tags :
ICT
PISA
2018
ソーシャルブックマーク:

2019.11.23 01:15

新学習指導要領など、新しい学びについて「まんが」を使って世の中に届ける伝道師、前田康裕先生が、文部科学省教育課程企画室の板倉室長と対談した記事が公開されました。

新学習指導要領をたずねて
https://www.sakura-sha.jp/miraimanabi/kiku-shidouyouryou/

未来の学びのことが(インタビューから)非常にわかりやすく捉えられます。

子供たちに「生きる力」を育むのが教育の役割であることは以前からいま、そして今後も変わらないでしょう。
一方で、「生きる力」の質に変化はあり、「いま」その質が急激に変化していると思います。
・日本人口の構造変化(人口減少社会)
・日本の国際的パフォーマンスの相対的な低下
・全世界的なAIの進展
…などにより。

いま育まなければいけない「生きる力」とは。
是非、インタビューご覧ください。
Tags :
新学習指導要領
板倉寛
前田康裕
ソーシャルブックマーク:

2019.09.27 14:10

文科省のサイトで、教員免許状所持者が自身の免許状情報を入力することで、有効期間を確認することが
できるツールが公開されました。

▼教員免許状の有効期間確認ツールについて~更新時期確認の御参考に~
http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/koushin/013/1420173.htm

平成21年4月施行の教員免許更新制により、教員免許状は、所定の有効期間で更新の手続きを行うことが必要となっていますので、このツールはありがたいものかと思います。
多くの方にご活用されますことを。
Tags :
教員免許状
有効期限
確認
ソーシャルブックマーク:

2019.08.27 12:13

文科省が、受験生や高等学校、大学の教職員の方に、「大学入試英語成績提供システム」についての関係情報を整理したページを作成しました。

大学入試の英語について情報が様々に流れ、不安な方も多いかと思いますので、最新の一次情報はこのサイトで確認すると良いと思います。

▼大学入試英語ポータルサイト
http://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/koudai/detail/1420229.htm
Tags :
英語
大学入試
ポータルサイト
ソーシャルブックマーク:

2019.06.29 13:51

6月25日(火)に文科章・経産省と、異例とも言える同日発表行った、教育に関するビジョンや方策を掲載します。

▼文科省
「新時代の学びを支える先端技術活用推進方策(最終まとめ)」について
http://www.mext.go.jp/a_menu/other/1411332.htm

▼経産省
令和の教育改革に向けた、「未来の教室ビジョン」をとりまとめました
https://www.meti.go.jp/press/2019/06/20190625002/20190625002.html

いろいろな注目点はありますが、その1つに、メッセージとして「ICTは文房具」と共通しているところに目をやりたい。

▼文科省(最終まとめより引用)
「もはや学校の ICT 環境は、その導入が学習に効果的であるかどうかを議論する段階ではなく、鉛筆やノート等の文房具と同様に教育現場において不可欠なものとなっていることを強く認識する必要がある。」
▼経産省(ビジョンより引用)
「パソコンを「新しい文房具」と考え、「1人1台」に向けたロードマップを 」

ICTは役に立つ、役に立たない、云々ではなく、もはや「あって当然」と受け止めるべき、というメッセージかと思います。

私自身、学校へのICT導入に超々懐疑的だった約10年前に出会ったのが、「学校広報」の視点を常に大切にされていた 豊福晋平准教授 です。
https://gakken-tech.jp/why_programming/interview8/
私の知る限り、「ICT文具論」を日本で声高に、早い段階で、そしてしぶとく唱え続けてきた第一人者です。

そんな彼の考え方がようやく「両省の」(ここが大事かも)政策文書に「一気に」反映されたのは、彼の想い・信念・時代のヨミは間違っていなかった、ということになるかと思います。

これまでの活動、本当にお疲れ様と言いたいとともに、「これからが本当の勝負」と感じたい。きっと豊福さんもそう思われているでしょうが。
Tags :
ICT
文房具
ICT文具論
豊福晋平
ソーシャルブックマーク:

2019.06.25 11:28

文科省の「新時代の学びを支える先端技術活用推進方策」(最終まとめ)が発表されたようです。

■「新時代の学びを支える先端技術活用推進方策(最終まとめ)」について(文部科学省Webサイト)
http://www.mext.go.jp/a_menu/other/1411332.htm

■時事通信
25年度「端末1人1台」目標に=先端技術活用の教育環境整備で-文科省
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019062500419&g=eco

■日経
創造性育成へビッグデータ駆使 文科省が工程表
https://r.nikkei.com/article/DGXMZO46527100V20C19A6MM0000?n_cid=TPRN0003&s=3

■毎日
児童1人にPC1台、学習履歴のビッグデータ活用 文科省、25年度までに
https://mainichi.jp/articles/20190625/k00/00m/040/096000c
Tags :
ソーシャルブックマーク:

2018.12.27 08:05

物事を進める際に、関係者の「合意形成」が大事なことは言うまでもないですが、合意形成過程の運用は、人によってバラバラだと最近感じます。

同じ「合意形成された状態」を(個々人の解釈では)意味するものであっても、次の2つの状態があると思います。

1)会議等の「形式」で手続きを踏んで、合意が形成された状態
2)格となる関係者への信頼により、他の関係者が納得づくで合意が形成された状態

そして、1の場合において、2が抜け落ちている場合が多々あります。
また、2の場合において、1が抜け落ちている場合が多々あります。

1の場合、2が出来ていなくても、「合意形成された」と強弁される場合があります。
2の場合、1が出来ていなくても、「まーいいじゃん堅苦しい事言うなよ」と開き直られる場合があります。

実際には、1のような形式も大事ですし、2のように人の血が通うことも大事です。
どちらか一方だけに偏らずに合意形成することが大切ですよね。
Tags :
ソーシャルブックマーク:

2018.12.26 17:55

平成30年度「高校生のための学びの基礎診断」に認定されたツールが文科省サイトで公開されました。

http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/kaikaku/1411945.htm

平成31年度から本格的な導入となります。

漢検、数検、ベネッセ、学研、リクルート、Z会…と、様々なツールが揃いました。

参考)文部科学省認定「高校生のための学びの基礎診断」Q&A
http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/kaikaku/__icsFiles/afieldfile/2018/07/13/1393878_1_1.pdf
Tags :
ソーシャルブックマーク:

プロフィール

プロフィール画像
寺西隆行
ICT CONNECT 21 の寺西隆行です。小松高校→東大理一→工学部環境系→教育の道へ。教育とマーケティングをずっと見つめながら過ごすことが喜びです。
※スパムのためコメント欄は閉じました(すいません)。

カレンダー

<<   2020年03月   >>
01 02 03 04 05 06 07
08 09 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

月別アーカイブ