Z会ブログトップへ

2016.04.24 03:22

Z会×東大生カフェ~東大生がもっと身近になる空間
↑クリック!


2016年の東大、五月祭が近づいています。
パンフレットなどへもZ会は協賛させていただいています。

そしてZ会東大個別指導教室プレアデスの東大生と一緒に行う企画がZ会×東大生カフェ~東大生がもっと身近になる空間です。

「東大生に、恋した日」がキャッチコピーの五月祭。
プレアデスの東大生ともゆっくり、語らいの場を設けてください(笑)
Tags :
東大
パンフレット
五月祭
2016
東大生に、恋した日
ソーシャルブックマーク:

2016.04.22 15:59

ここで使う「いじめっ子」は、ドラえもんのジャイアン的ないじめっ子をイメージしてください。
のび太くんをいじめてばかりだけど、どこか愛くるしい、という(笑)


「俺、PTA会長になっちゃってさー」
幼い時代をともに過ごし、高校生のお子さんを持つ友人から、先日連絡がありました。

この友人、中学時代は、私をいじめてました(苦笑)
殴る蹴る、のような感じではなく、威圧する、小突く、といった具合でしょうかね。いじめる、というより、いじる、という感じが(彼からすると)正しいかもしれませんね。
ハタチの成人式の場で、幼少時代の同級生が集まり、そのときからなんとなくやり取りもあり、最近はソーシャルメディアが発達していますから、ゆるいお付き合いがずっと続いていたような友人です。
そういえば、成人式も、確か派手な格好で現れていましたっけ、彼。。。

「いじめっ子がPTA会長になる。」
この言葉だけ見ると「はい??」と思う方もいらっしゃるかもしれません。むしろ多いのではないでしょうか。
でも、結果として、それはとても良いことだと思いますし、彼のこれまでの生き方を見ていると、ある意味必然の結果だとも思います。


なんでこんなことを書いているかというと、ジャーナリスト(そして法政大学准教授)の藤代裕之さんの、下記記事を拝見したからです。

なぜMARCHの学生は、大学では東大生より勉強しなければならないのか
(↑記事にリンクしています)

まったくつながらないような記事かもしれませんし、つながったのは私の独特の感覚かもしれませんが。。。


藤代さんの記事は…
ぼんやりと、将来「良く」なって、幸せになれるといいなー、と思って、普通に勉強して、普通に大学を目指す、という選択肢を(結果的に、かもしれませんが)とられる方、という(世の中によくある)カテゴリに属しつつ、いわゆる「偏差値」という括りで順位付けられたものに従って大学進学を決めた方の場合、カテゴリの中での順位付けが下の方は上の方より大学合格後勉強しないと、差は離れる一方で、「いまの価値観」で思っている望みは叶えられませんよ、というお話ですね。
藤代さんも書いている通り、「トップ校の学生が偉いとか、勉強が出来る人間が良い人生を送るとかを言っているわけではありません。」ということであり、あくまで「なりたい職業や担いたい社会的な役割が明確な場合だけでなく、まだぼんやりしていても目標が定まった際に出来るだけチャンスが得られるように「確率(勝率)」を上げるためにはどうしたらよいでしょうか。」と考えたときに、

「勉強する。東大の学生より何倍も。」

という結論が最も良い、ということです。

私自身、Z会東大個別指導教室プレアデスの代表を務めながら、講師の東大生に触れ続けていますが、彼らは本当に勉強熱心です。
東大に合格した上に、大学生になったから、かもしれませんが、5教科だけではなく、社会のことに対する勉強欲も強く、そんな気持ちに応えたい、という社会人から、こんな研修もご提供いただいています。
講師の皆さんが、少しでも早く社会貢献できるように、社会に出る前に社会のことに触れられると、人間として大きくなるのでは…という意図で、毎回、希望する方のみご参加していただいているのですが、ほぼ毎回10名以上が参加されますし、所属講師の半分程度が参加するときもありました。
それくらい、「東大までの人、ではなく、東大からの人を育成する」というメッセージに共感した講師陣の意欲・努力は、客観的に見ると高いのです。

大学進学を希望する高校生にもよくする話なのですが…
大学進学のための勉強に出遅れ、放置している方が「3年になったら人間の倍近く勉強して、追いつく!」と口にすることがあります。
より勉強しようとしている意欲は素晴らしいですが、“その方の価値観・感覚”の中から、3つの視点において欠けていることをよく感じます。

1.できる人も高3生になったら勉強量を増やすこと
=目指すベクトルが同じ方向の場合、ゴールに近い人も(ゴールに遠い人と)同じ挙動をとりがちである、という視点に欠く。
2.できる人はできない人より、同じ勉強時間では理解するスピードが早いこと
=できる人よりできない人の勉強時間が少し多くて、ようやく現時点での学力差が保てるくらい。差を縮めるには倍くらいの勉強量が「必要条件」という視点に欠く。
3.できる人は「勉強する」「努力する」ことに精神的苦痛を余り感じないこと
=同じだけの勉強量(たとえば「3時間勉強する」という行為)において、できない人はできる人より苦を感じる、という視点に欠く。

だから、“いわゆる偏差値の高い大学”に合格したいのであれば、早めにやり、早めに優位に立っておくことが、「早めにやらなくて大丈夫だよね」と思う人ほど大切なんです。平均よりやや遅めで、高校2年生になってスタート、という感じでしょうか。この方もそうでした。
そして、差がついてしまった、という状態から取り戻すには、できる人より、「その人(=できない人)が“思って”いる」よりずーーーっと、勉強量を増やさないといけないのが現実なのです。
※逆に、その覚悟があれば、「勉強する」という現実を作ることができるので、追いつくことも可能です。


閑話休題。。。

PTA会長になったいじめっ子は、はっきりいって勉強していませんでした。そりゃそうですよね。
でも、しっかり社会人になり、お金を稼ぎ、いわゆる「いい父ちゃん」になって、PTA会長になっているんです。
そこそこ勉強する高校生・大学生が目指す「幸せな人生」を作っていると感じます。

いわゆる「いじめっ子」には、メタ認知ができている人が多いと感じています。
つまり、「俺は勉強できないから、別の道で」的なことを、おそらくは無意識のうちに感じていて、そして無意識に、自らの特性や価値観にあった、自らの道を切り拓けているんですよね。
逆に、残念ながら、普通に勉強し、なんとなく大学進学時を考え、東大に入るほどの勉強量をせず、一般的な(と申しますか)偏差値の大学に進学した方には、メタ認知が弱い方が多いと感じます。

だから藤代さんの記事のようなものを提示しないと、し続けないと、なかなかわかりません。
(藤代さんにハッキリ指摘してもらい、学べる大学生は、幸せだと思います)
「幸せな人生」を送るために、いま、自分がすべきこと、というものが。

(とくに5教科の)「勉強」“だけ”がすべてとは思いませんが、「勉強」に対し努力した人が結果的に社会に入って報われることが多いですし、「報われる」というのもその人の価値観の中に過ぎませんが、多くの人は、“「勉強」したその先で得られる確度が高い果実を得ること”を「報われる」と言っている気がします。


一方で、教科的な「勉強」以外の道を切り拓くのも素敵じゃないですか?
PTA会長になった、メタ認知ができていた、友人のように。
彼であるからこそ、教科的な「勉強」をする以外の生き方を自ら提示でき、その上で、「我以外、皆師なり」という意味合いでの「勉強」する努力を、しっかり子どもたちに伝えていけると思いますから。

教科的な「勉強」をすることでこれまで過ごしてきた方は、“これまでの「勉強」を、より必死になってやってください。それが「報われる」確度を高めます”というアドバイスになります。
「勉強」の延長線上にある果実を得る確度も、そして、(いまやっている)「勉強」以外のものに真剣に励むことに気づく確度も。


最後に。
PTA会長になったジャイアンから、報告を受けたときのメールにはこうかかれていました。
「寺西はなんで塾の先生になったの?」
そして、その回答を受けて
「そうかー、子どもたちに伝えていくわー。ありがとう!」
いやいや、僕こそ、ありがとう、ですって。


【宣伝】
Z会東大個別指導教室プレアデス本郷校では、東大生が五月祭のときにカフェを提供します。
「東大生に、恋した日」。「学び」の頂点に立つ、東大生に触れる機会を、五月祭、プレアデスを会場に、ぜひ。
Tags :
Z会
五月祭
プレアデス
東大生
東大生に、恋した日
ソーシャルブックマーク:

2016.04.07 21:22

Z会東大個別指導教室プレアデスから第一期生が東大合格!
インタビューを掲載しています。

2016年度春 東大合格者インタビュー

勉強法のヒントになることも盛りだくさん。
ぜひご覧ください。
Tags :
東大
Z会
プレアデス
合格者
インタビュー
ソーシャルブックマーク:

2016.04.06 21:00

東大情報はマメにチェックしていますが、今年の東大五月祭のページがキレイに出来上がっていることにさっき(笑)気づきました。

第89回五月祭
↑公式HPへリンクしています。

キャッチコピーは「東大生に、恋した日。」
わかりやすい(笑)


実はZ会東大個別指導教室プレアデスも本郷教室がありますので、五月祭連動企画やりますよー。

Z会×東大生カフェ~東大生がもっと身近になる空間~(無料・入退室自由)

高校生と東大生が出会う場を、作ります、プレアデスで。
Tags :
Z会
五月祭
プレアデス
東大生
東大生に、恋した日
ソーシャルブックマーク:

2016.03.25 22:00

俗に言う「大学入試改革」「新テスト導入」に向けてのシステムを決め込んでいく「高大接続システム改革会議」。
本日最終回が行われ、最終報告案が提示されました。

すでに文科省のHPにあがっています。

高大接続システム改革会議(第14回)配付資料


3月26日の新聞などのメディアではかなり報道されるのではないでしょうかね。。。


傍聴の感想などはこれからブログで報告していこうと思います。
Tags :
Z会
新テスト
主体的な学び
大学入試改革
高大接続
ソーシャルブックマーク:

2016.02.29 12:38

大学入試改革で激変! 塾・予備校業界はどう変わるのか?
↑週刊ダイヤモンドのサイトにリンクします。

大学入試改革で話題になっていることは

・センター試験に記述式が導入される!?
・英語4技能が問われる!?
・入試にコンピューターが用いられる?
・アクティブラーニングで身につく力(=協働力)が問われる?

…などなどですが、これらのことが丁寧に、わかりやすくかかれており、塾や予備校のみならず、「教育」そのものに関心の高い方も一読の価値あり、です。

個人的には、公教育の先生にもお勧めですね。
とくに、大学入試改革の影響を受ける新中2以下の学年を担当する、小中学生の先生は、普段余り接しない話題だけれども、知っておかなければいけないからこそ、触れてほしいと思います。


Z会の教室で売り出し中、そして問合せ殺到中(ほんとに…)のメテウスについても触れられています。

(以下、引用)
昨年、栄光ゼミナールを買収した増進会出版社(Z会)が動いた。今年4月から、アクティブ・ラーニングを取り入れた「東大進学教室メテウス」を中高一貫校の中学生向けに、御茶ノ水や渋谷など首都圏の5教室で展開するのだ。

メテウスでは、英語や数学、国語の各教科で取り上げたテーマの問題演習後に、ペアまたはグループでの互いの解き方、考え方について発表し合い、その結果を踏まえて最後に授業内容を振り返る。

論述試験などに対応する思考力、表現力などを養成するのに有効とされるアクティブ・ラーニング。共通の論述テストの導入など大学入試改革は、当初の構想どおりにはいきそうにないが、塾・予備校業界は導入を前提に、すでにトップスピードで走り出している。
(引用終了)

大学入試改革に適応するために「メテウス」を導入するのはキッカケにすぎません。
「論述試験などに対応する思考力、表現力」は、「主体的な学び」を作るためにも大切だと思いますし、そしてZ会が長年培ってきた分野であるからこそ、大々的に展開するのです。

Z会が大事にしてきた「本物の学力」が、これから大学入試で本格的に問われることになると思います。
Tags :
Z会
ダイヤモンド
主体的な学び
メテウス
大学入試改革
ソーシャルブックマーク:

2016.02.28 20:03

協働することと馴れ合いは違います。(←クリック!)の記事でご紹介させていただいた、厚切りジェイソンのツイートと記事をご覧になったYoshitaka Hirayamaさまが、Facebookで貴重な意見を述べられていました。
「なるほど。」と深く頷きましたので、ご紹介します。
※ご本人さまから許諾を得ました。ありがとうございました。

(以下、引用)
確かに、そういう「呪縛」があると思いますし、問題であると思います。

しかし、農耕民族であった日本人には、それは、生きるために必要な知恵でもあったと思います。なぜなら、農作業というのは個人の作業ではなくて、集団作業である場合が多く、例えば、水田への灌漑用水路を作ったり維持管理するには、「みんなに合わせる」ことが大事であり、自分勝手に、自分だけの都合では水は手には入れないからです。そういう集団の力でなりたっている生活システムでしたから、集団行動を乱す奴がいると、他のみんなが迷惑することもあったのでしょう。「村八分」という制裁を表す言葉も残っています。

そういう背景もあって、身に付いてしまった「呪縛」であるからこそ、強力な呪縛であり、呪縛であることにさえ気づいてないかもしれません。そして「出る杭は打たれる」の文化、「泣き寝入り」の文化が生まれ、社会の進歩が後れがちということになりかねない。だから、日本の外の世界からの視点をジェイソンが提供してくれているので、貴重なアドバイスだと思います。
(引用終了)

このご意見、2つの視点で、素晴らしいと思いました。

1点目は、これまで「周りとあわせる」日本の(教育)風土が生まれたことの背景がしっかりと述べられていること。言われてみたらそうだよね、と頷けるのですが、言われるまでは言葉にできない、極めて鋭い指摘だと思います。

もう1点は、「周りとあわせる」日本の(教育)風土の背景を説明し、その価値を認めながらも、「だからこそ外の視点での見方は貴重」とも述べているところです。


このテの議論をすると…
「集団に入っていかず勝手なことばかりすることを認めるわけにはいかない。」という保守的な人と、
「周りとあわせろ、ばかりの日本の教育はおかしい。異質な能力を認めていかないと、歴史に名を残すような“すごい人”なんて生まれるわけはない。」という革新的な人との二項対立が生まれ、
議論は平行線になることがほとんどな気がします。

しかし、ある事象が存在したり、あるいは、ある意見があるときに、その事象や意見が存在している理由は必ずどこかにあります。
それらのメリット・デメリットが必ずどこかにあります。
そして、自分の意見にはメリットばかり述べ、対立意見の方面からは、対抗軸へのデメリットばかりを述べるから、「全体としてよくしよう」という議論が進まないんだと思います。

自らとは異なるあり方を受容した上で意見を述べるためにも、とても参考になる意見に触れられたと思っています。
まさに「協働する」ためにも必要なことですね。

メテウス
でも培っていかなければいけない姿勢です。
Tags :
Z会
教育
主体的な学び
メテウス
協働
ソーシャルブックマーク:

2016.02.27 11:07

変わりゆく大学入試についての講演会に出席しています。
http://www.news2u.net/releases/142922


記憶に残るポイントを簡単にレポートします。

・これからの学力は「知識・技能」以上に「それを活用する力」が必要

・新センター試験の問題例(数学)では、わざと不要な情報が問題文に載っている。
→必要な情報を捉え活用する力

・中教審では(これからは)「活用力」「思考力」を問う大学入試を、とよく話題になる。
→話題がいまでてきたのではなく、東大入試はずーーーっとそう。
→東大のアドミッションポリシーでも明確に書いてある。

・大学入試数学では「読解力」がかなり必要=論理的思考力が土台にないといけない。

・学びで大切なのは「わかる」→「学ぶ」→「本当にわかる」の三段活用。

・学校の勉強が第一。

・「マニュアルを使う側の人間」ではなく「マニュアルを作る側の人間」に。

・2030年には49%の職業がコンピューターに代替される可能性

・創造性や社会的知性が必要な仕事は残る

・知識を整理する、考え方をまとめる、他者に説明する。これらが大学入試で必要。→メテウスで!

Tags :
大学入試
センター試験
東大
Z会
メテウス
ソーシャルブックマーク:

2016.02.26 23:40

厚切りジェイソンのツイートより。

===
幼稚園→周りと合わせろ
小学校→周りと合わせろ
中学校→周りと合わせろ
高校→周りと合わせろ
大学→周りと合わせろ
会社→周りと合わせろ
「やりたいことが分からない」とよく相談受ける理由。 
自分で考える機会が今までなかったから。
===
出典は下記ツイートです。
http://twitter.com/atsugirijason/status/649486784917848064


大学入試改革の議論では、「今後は“協働する力”が大切だ」ということがよく言われます。
この「協働」とは、上記ツイートで表現されている幼稚園~会社で行われていることとは似て非なるもの。

協働することと馴れ合いは違います。
すでにある集団の決まりや雰囲気に合わせることを最優先するのが、同調圧力による馴れ合いです。
すでにある集団の決まりや雰囲気を常に疑い、異質の価値を最大化するのが協働することです。

異質の存在を認め、異なるものを活かそうとしているのが、大学入試改革の動きであり、今後の社会で求められることでもあります。

メテウス
(←クリック)は、馴れ合いではなく、「協働力」をしっかり身につけますよ!
Tags :
Z会
メテウス
主体的に学ぶ力
Z会東大進学教室
協働
ソーシャルブックマーク:

2016.02.22 18:39

慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科の前野隆司さんのブログで、非常に納得する記事を拝見しました。

「自己受容」は「幸せ」と比例する
↑ブログ記事にリンクしています。

「自己受容が高い人は人生満足尺度も高く、自己受容が低い人は人生満足尺度も低い傾向が、くっきりと現れています。」(ブログより引用)

そして、「自己受容」が高い、と判断されるアンケート項目の1つに、次があることが注目です。

「自分の人生を振り返ったとき、今までの物事の成行きを喜んでいる」


今まで起きたことについて納得していれば、これから必ず幸せをつかめる!(だから納得すればすべてOK!)…とまではいえないと思う一方で、今まで起きたことについて納得していれば、人生満足尺度が高い自分自身を作る確度は高まるとはいえるわけですね。

東大合格者に、合格直後に聞いたインタビューの第一声で出てくるコメントで多いもの。
「これまでお世話になった皆さんに感謝しかありません」
何か関係しているような気がしませんか?

受験生の皆さん。悔やんだって幸せになりません。
これまでやってきたことに自信を持つだけで、幸せをつかめることだってありますよ。


そして…Z会東大個別指導教室プレアデスでは、入試前日まで東大受験生を応援します。

入試直前!東大生による最終レクチャー
↑サイトにリンクしています。

東大生を味方につけ、直前講義と東大下見。
きっと皆さんに自信を植え付けることと思います。
Tags :
入試
東大
プレアデス
東大生
下見
ソーシャルブックマーク:

プロフィール

プロフィール画像
寺西隆行
Z会の教室部門で働く寺西隆行です。小松高校→東大理一→工学部環境系→Z会。教育とマーケティングをずっと見つめながら過ごすことが喜びです。
※スパムのためコメント欄は閉じました(すいません)。

カレンダー

<<   2016年06月   >>
      01 02 03 04
05 06 07 08 09 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

月別アーカイブ