51584c2325eccee7f644b6cd8fecc36e63668d38.gif

2017.06.19 10:36

47須賀敦子の手紙

「須賀敦子の手紙1975-1997友人への55通」

須賀敦子 つるとはな

 

須賀敦子が、アメリカ在住の友人夫婦に当てた手紙が収録されている。活字に起こされているもののほか、現物を写真に撮ったもの、表書きやはがきの絵なども載っている。
 
須賀敦子は、慶応大学国際センターに嘱託として勤務していた時、留学生のジョエル・コーエンとそのガールフレンド大橋須磨子と出会う。その後、彼らは結婚して米国に渡る。長い間大事に保管されていた、須賀敦子から彼らに向けられた手紙が、この本にまとめられている。
 
須賀敦子というと、真面目で内省的で禁欲的な人、というイメージがある。だが、手紙の中の須賀敦子は生き生きと明るく、ときにはっきりと批判的であったり、愚痴めいたりしながら、上品で温かく、前向きである。そして、とても忙しい。
 
彼女にとって価値があるものとは、誰かに認められることではなく、自分が満足すること、自分でその価値を認められることなのであるとつくづく思う。自分らしく正直にまっすぐに生きるとはこういうことなのだ、と思う。
 
手紙は、洒落た包装紙の裏や、かわいい絵葉書などにも書かれていて、彼女のセンスの良さが伺える。筆跡も、読みやすく綺麗にまとまって、でもちゃんと個性のある味わい深い文字だ。最近はもっぱらメールばかりになってしまったけれど、手紙っていいものだな、と改めて思った。
Tags :
読書
ソーシャルブックマーク:

この記事へのコメント

印は入力必須項目です。
※ログインしていると自動的に名前が挿入されます。

名前
URL
Mail
コメント
画像

画像認証 :

※表示されている数字を半角で入力してください。

 

トラックバックURL

トラックバックURL
【トラックバックにつきまして 】
Z会ブログでは、トラックバックにスパム対策を講じております。
Z会ブログの記事へトラックバックを送信する際には、トラックバック元の記事の本文中に、トラックバック送信先の記事の「ページURL」を記載してください。「ページURL」が含まれていないトラックバックは受け付けできません。
なお、一部のブログやサービスからのトラックバックは受け付けできない場合がありますので、あらかじめご了承ください。

プロフィール

プロフィール画像
サワキ
転勤族なので、全国を転々として、今は夫婦二人の東京ぐらし。息子は北海道の大学院へ、娘は関西の大学へ旅立っていきました。読書とお笑いが好き。読んだ本の紹介を中心に、日々の出来事なども、時々書いていきます。

カレンダー

<<   2017年06月   >>
        01 02 03
04 05 06 07 08 09 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー

月別アーカイブ