51584c2325eccee7f644b6cd8fecc36e63668d38.gif

2016.11.04 10:20

110深海生物テヅルモヅルの謎を追え

「深海生物テヅルモヅルの謎を追え!系統分類から進化を探る」

岡西政典 東海大学出版部

 

題名は探検家のエンタメノンフィクション風だが、実は若き分類学研究者のこれまでの研究の軌跡が描かれた本である。テヅルモヅルとは、腕が分岐するクモヒトデ類のことである。クモヒトデとは、ヒトデに似ているが、腕がもっと細い海の生物である。筆者は、「珍しい生物が見たい」という子供の頃からの夢を研究に結びつけ、かっこよくて他の人が知らないクモヒトデを研究対象に選んだ。そんな彼が、何も知らない大学生から修士、博士と進み、研究者として成長していった経緯が描かれている。
 
うちの息子も院の博士課程に在籍中である。親の経済的援助はほぼ終了しているので、彼の人生に口出しするつもりはないが、親として、先行きを心配はしている。ごく普通のサラリーマン家庭としては、息子が今後一体どうなっていくのか、研究者になるってどういうことなのか、皆目検討がつかない。が、この本を読んだら、おお、息子とほぼ同じような状況を、一歩先に進んでいる人ではないか。そうか、息子もこんな風に危ういながらも◯◯屋(研究者は専門分野を背負ってそんなふうに呼ばれるらしい)の道を歩んでいくのだなあ、とちょっと理解できた。だから安心できたかどうかは別問題だけどね。
 
深海生物テヅルモヅルの謎を追ったところで、それが何の役に立つのかどうかは不明だが、彼が真摯に研究に取り組んでいるのはわかるし、それはとても興味深いものであるのだと思われる。研究っていうのは、何に役に立つのかわからない、わけのわからないことの積み重ねの果てに、とんでもなく人類の役に立ったり、立たなかったりするものが見つかったり出来上がったりするもので、そこに無駄はない。というか、無駄とか無駄じゃないとかいうことに意味はない。最近の文科省が、すぐに役に立ちそうなものにしかカネを出さないよ、みたいなことを言っているのは実に愚かしいことだ、と私も思う。テヅルモヅルからだって、とんでもない真理が見つかることはあるだろうし、うちの息子の研究だって、いつかものすごくはじけることだってあるかもしれない。まあ、なくたって別にいいし。
 
と、なんだかうじうじ研究者の母の愚痴みたいになっていってしまうが、学問の世界ってこういうものなんだな、と垣間見ることができて、おお、みんな頑張れよ、と私は思ったのであった。極めて個人的な感想に終始してしまって、ごめん。
Tags :
読書
理科
ソーシャルブックマーク:

この記事へのコメント

  • 1, ミカンさん 2016.11.04 16:38
    ちょっとお聞きしたいのですが。これまで、理系サンたちの書く文に何度も途中で諦めた経験ごあります。
    これは私にも読める程度の日本語でかかれていますか?その点が大丈夫そうなら、海の生物は基本的に苦手ではありますが、クモ似ならいけそうなので、読んで見たいです。
  • 2, サワキさん 2016.11.04 16:52
    ミカンさん

    わかります!はい、文章は決して上手ではありません。話があまりに専門に偏ると、正直言って閉口いたします。が、かなり頑張って書いてらっしゃるし、時としてコラムと称して骨休めのユーモラスな内容も交えてあります。なんとかイケるんじゃないかしら。基本、真っ直ぐで誠実なお人柄が伺える文章ですので。

印は入力必須項目です。
※ログインしていると自動的に名前が挿入されます。

名前
URL
Mail
コメント
画像

画像認証 :

※表示されている数字を半角で入力してください。

 

トラックバックURL

トラックバックURL
【トラックバックにつきまして 】
Z会ブログでは、トラックバックにスパム対策を講じております。
Z会ブログの記事へトラックバックを送信する際には、トラックバック元の記事の本文中に、トラックバック送信先の記事の「ページURL」を記載してください。「ページURL」が含まれていないトラックバックは受け付けできません。
なお、一部のブログやサービスからのトラックバックは受け付けできない場合がありますので、あらかじめご了承ください。

プロフィール

プロフィール画像
サワキ
転勤族なので、全国を転々として、2018年春からは夫婦二人の北関東ぐらし。息子は東北へ、娘は関西の大学でそれぞれ忙しく暮らしています。読書とお笑いが好き。読んだ本の紹介を中心に、日々の出来事なども、時々書いていきます。

カレンダー

<<   2019年01月   >>
    01 02 03 04 05
06 07 08 09 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

月別アーカイブ