2010.01.05 16:58



 若槻千夏さんが「インドに学校を建てるために」行った「セミヌードTシャツ」の販売収益によるチャリティが寄付先に断られたと発表された昨年2月18日から、既に316日めです。


 しかし、このチャリティを番組で企画したTBSの番組ホームページには、まだ新着情報はありません。


 つまり、市民の善意で集められた「チャリティTシャツ」の売り上げ1200万円を、TBSは今日も宙に浮かせたままでいるのです。


 さて、TBSが問題を解決しないまま、300日間以上も視聴者にうんざり感を与え続けている一方、世の中には今より少しでもマシな時代状況を作り出そうと働く人たちが一部で増えてきています。



 その一つは社会起業家ですが、日本ではあまりにも認知されていない社会起業家の仕事を市民に広く知らしめるには、社会起業家自身の書いた本がたくさん出版されるといいと思いますし、少しずつそれは実現されています。



 そこで、今回はネットで買える社会起業家の本を特集してみます。
















 他にも、前の記事や、ココにもあります。



 また、思い出したら、今後の記事でフォローしますが、とにかくたくさん出版しているので、社会起業に関心がわいたら、片っぱしから読んでみるといいと思います。



 世の中には、イメージだけで「社会起業家は儲かっていない」と鵜呑みにする人もいますが、現実は違います。



 従来のビジネス発想ではありえないムーブメントが起きていることに気づかないと、ただの時代遅れの物差しで社会起業家を語るような愚かしさを続けていることに何の恥ずかしさも感じない「イタイ人」になってしまいます。



 昨今、Twitterの「社会起業」のタイムラインを見ると、自分の無知に気づかないのか、社会起業に関するトンデモな理解のまま、平気で批判している「イタイ人」がちらほらいます。



 まずは、十分に知ることから社会起業の世界にふれてみるといいでしょう。

 既に多くの社会起業家が自ら本を書いているわけですから。



 知らぬは恥です。



Tags :
総合
ソーシャルブックマーク:

トラックバックURL

トラックバックURL
【トラックバックにつきまして 】
Z会ブログでは、トラックバックにスパム対策を講じております。
Z会ブログの記事へトラックバックを送信する際には、トラックバック元の記事の本文中に、トラックバック送信先の記事の「ページURL」を記載してください。「ページURL」が含まれていないトラックバックは受け付けできません。
なお、一部のブログやサービスからのトラックバックは受け付けできない場合がありますので、あらかじめご了承ください。

プロフィール

プロフィール画像
今一生
 君は誰かにとっての「強者」。その意味を一緒に考えよう!

カレンダー

<<   2017年08月   >>
    01 02 03 04 05
06 07 08 09 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

新着記事

月別アーカイブ