Z会キャリアアップコースBLOG

語学、就職、公務員試験、大学院進学、資格取得など自己啓発やキャリアアップに関する情報を発信します。
Z会ブログトップへ

2019.05.06 11:43

突然ですが、
「あなたは5月の講演会に出席しなければなりません。」
と英語で言いたいとき、どちらが正しいでしょうか?
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
① You must attend the lecture meeting in May.
② You have to attend the lecture meeting in May.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
 
「…しなければならない」は must と have to
と覚えている方も多いと思います。
 
しかし、この2つの表現には
ニュアンスの違いがあることをご存知ですか?
 
 
have to は
「客観的な根拠・状況から、そうする義務がある」
というニュアンスがあります。
 
つまり、「各部署から1名出席する必要がある」
「研修として参加の義務がある」などの理由で
「出席しなければなりませんよ」と伝える場合には
② have to が適切です。
 
 
一方で must は、
「絶対にそうすべき」という話し手の主観を表し、
会話では強く響くためあまり使われません。
 
 
ただ、must には「ぜひ…すべきです」と
強くおすすめする意味があります。
 
「勉強になるから、絶対に出席したほうがいい」
などと自分の考えを伝える場面では、
① You must attend ... と言うことができます。
 
must は should(したほうがよい)の
より強制力のある表現と覚えておきましょう。
 
 
 
こうしたニュアンスや使い方の違いは、
知識を身につけ、繰り返し実践するのが一番。
 
Z会のビジネス英語シリーズの書籍には、
must と have to の違いをはじめとした、
ビジネス英語で気をつけたいポイントが満載です。
 
 
58aa91c56de909134e0d7c59bbe512f4573872c7.jpg
 
『ビジネス英語を磨く
 英文法 Smart Reference』
 
\こんな方におすすめ/(中級~上級)
 
ビジネスシーンで注意すべき
 表現のルールを確認したい
曖昧な文法事項を確認したい
・伝えたいことをもっと自由に表現したい
 
Z会オフィシャルサイト(各種通販サイトから購入できます)
Amazon商品ページ(ページ見本が見られます)
 
 
 
『英会話Quick Response』
 
\こんな方におすすめ/(初級~中級)
 
・いきなり英会話はハードルが高いので
 自分で基礎トレーニングをしたい
・でも、This is a pen. は、やりたくない
ビジネスで使える表現がパッと
 出てくるようになりたい
 
Z会オフィシャルサイト(各種通販サイトから購入できます)
Amazon商品ページ(ページ見本が見られます)
 
 
ぜひ、Webサイトや書店でご覧になってみてください!
ソーシャルブックマーク:

2019.03.28 19:44

Z会の語学書、3月の新刊として先週発売となった
『英会話 Quick Response』が、
好評につき重版されることが決定しました!!
 

 
本書では、
ビジネスシーンでそのまま使える基本例文
リピート・トレーニングすることで、
 

・簡単なことがその場でパッと出てこない
・何か一言添えたいのに出てこない
・英語が話せないのはなぜ?
 
といった悩みを解決します。
 
bb5d4435bc839c80fb04c0319596353d773986b8.jpeg
 
見開き1ページで1Unit
 左ページに日本語・右ページに英語が載っています。
 

日本語を聞いて、
 すぐに英語が出てくるようになるまで
 繰り返しクイックレスポンス・トレーニングを行います。
 
 オーバーラッピングやシャドウイングにも
 お使いいただけます。

 

音声は「日→英」「英のみ」など充実の6種類
 Slow・Natural・Fastの3スピードから、
 お好きなものをダウンロードしていただけます。
 
 

 
開発にあたっては、
ビジネスパーソンに寄り添う設計にこだわりました。
 
英会話の上達に不可欠な「地道な基礎練習」を、
できるだけ実際のシーンに近い形で効率的に
モチベーションを保ってやり抜ける工夫が満載です。
 
「中学生の頃から勉強しているのに、英語が話せないのはなぜ?」

と悩んでいる方に、ぜひ使っていただきたい書籍です!
 

▼詳細・お求めについてはこちら
『英会話 Quick Response』
 
ソーシャルブックマーク:

2019.03.18 14:55

Z会の語学書、春の新刊が発売となります!
 
Z会オフィシャルサイト・Amazon・一部書店では本日から、
その他通販サイト・書店でも明日より発売となります。
 

 
 
英会話 Quick Responseは、
「Z会のビジネス英語シリーズ」最新刊。
 

ビジネスで使える基本例文を使って、
英会話の基礎トレーニングができる書籍です。

 
赤×ゴールドで、小さめの判型。
3冊並べると、兄弟?親子?のよう♪
 

f8454a8e024c18f6979f483ef93889d56e86a302.jpeg
 
本のなかみは近日中にご紹介いたします!
Amazonでは、一足はやく紙面画像をご覧いただけます。
 
Z会オフィシャルサイト
Amazon商品紹介ページ
 
 

 
速読速聴TOEICシリーズは、
TOEIC本番形式の英文を読み・聞きながら、
頻出の英単語を覚えていく人気シリーズ。
 

↓の記事で改訂ポイントについて語っていますので
ぜひご覧ください!
 
 

 
いずれもこの春、英語にチャレンジしたい!という方に
おすすめの書籍です♪
ソーシャルブックマーク:

2018.11.20 18:17

Z会TOEIC講座では、
書籍プレゼントキャンペーン
を実施中です!
 
Part別対策書籍
『TOEIC(R) L&R TEST アプローチシリーズ』から
お好きな1冊をプレゼントいたします。
 
詳しくはこちら
11/30までにTOEIC講座をお申込・ご入金の方が対象です。
 
このシリーズでは、
TOEIC(R)テストの各パートごとに、
さらなるスコアアップにつながる
アプローチ法をご提案しています。
 
ご存知のように、TOEIC(R)テストでは
解答用紙の所定欄以外への書き込みは一切禁止されていますので、
メモを取ることができません
 
リスニングセクションでの読み上げは1度のみですので、
 
Part 3の会話や、Part 4 の説明文について、
どうやったら、聞いた内容を覚えておくことができるのか
といった疑問をお持ちの方も多いと思います。
 
ここで大切なのは、
聞くべき情報に絞って聞く
ことです。
 
そのために、Part 3・4では、
質問文から、
会話やトークの内容について、あらかじめイメージをもち、
 
解答に必要な情報を
待ち構えて聞く」、
 
ことが重要になります。
 
同じことが、リーディングセクションのPart 7にも言えます。
 
 
Part 7 では、
 
 
問題に取り組む前に
 
文書の情報(タイトル、宛先など)と質問文
ざっと目を通すことで、
英文を漫然と読むのではなく、
 
ポイントに焦点をあてて読む
 
ことが可能になります。
 
これはTOEIC(R)テストのリーディングセクション
すべてで使用できる方法でもあります。
 
ぜひ『Part 5 のアプローチ』『Part 6・7のアプローチ』で
スコアアップへの近道をお試しください!
 
★キャンペーンの詳細はこちら
 
11/30までにTOEIC講座をお申込・ご入金の方が対象です。
 
各書籍の特長については、バックナンバーをご覧ください。
 
★Part1・2:表現・会話イメージトレーニング
★Part3・4:フレームマッピング
★Part5:瞬間ハイライト
★Part6・7:快速フォーカス
 
 
 
 
『Part 5 のアプローチ』『Part 6・7のアプローチ』詳細・ご購入は↓
★Z会オフィシャルサイト Part 5   Part 6・7
 
★Amazon   Part 5   Part 6・7
※「なか見!検索」で本書の一部をご覧いただけます。
 
ソーシャルブックマーク:

2018.11.14 16:40

Z会TOEIC講座では、
書籍プレゼントキャンペーンを実施中です。
 
苦手なPart、得意なPartは人それぞれだと思います。
今回のキャンペーンでは、
Part 1・2、Part 3・4、Part 5、Part 6・7の対策ができる4冊の中から、
お好きな1冊を差し上げます!
 
キャンペーンの詳細はこちら
※11/30までにTOEIC講座をお申込・ご入金の方が対象です。
 
『TOEIC(R) L&R TEST アプローチシリーズ』
集中的に短期間で、高得点者の取り組み方を身につける書籍です。
 
各書籍は、
 
『Part 1・2のアプローチ』 16日完成
『Part 3・4のアプローチ』 14日完成
『Part 5のアプローチ』    18日完成
『Part 6・7のアプローチ』 15日完成
 
となっており、
週に5日間、学習するとすれば3~4週間、
つまり1カ月あれば終えることができます
 
また、1日分の学習時間は30~40
学校の授業や仕事で忙しい方でも取り組みやすい分量です。
 
ちなみに、1日分の学習は、
 
【例題→練習問題→実戦問題】
 
という構成なので、
 
E63E朝出かける前に【例題→練習問題】に取り組み、
E69F帰宅後に【実戦問題】に取り組む、
 
といったように、分けて学習することも可能です。
 
例えば、
『Part3・4のアプローチ』をご利用くださったお客様からは
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「通勤時の学習に最適です。」(50代男性)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
といった感想をいただいており、
学習時間をうまく作って取り組んでいただいていることがわかります。
 
さらに、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「内容が非常に本試験で役立つ内容で非常にありがたいと思います。」(40代男性)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
と、嬉しいコメントも!
 
通信講座での学習のお供として是非ご利用いただき、
弱点の強化、あるいは得意分野の強化に役立ててください。
 
キャンペーンの詳細はこちら
 
各書籍の特長については、バックナンバーをご覧ください。
 
Part1・2:表現・会話イメージトレーニング
Part3・4:フレームマッピング
Part5:瞬間ハイライト
Part6・7:快速フォーカス
 
 
 
『Part 3・4のアプローチ』詳細・ご購入は↓
Z会オフィシャルサイト
Amazon
※「なか見!検索」で本書の一部をご覧いただけます。
 
ソーシャルブックマーク:

2018.11.07 11:16

Z会TOEIC講座では、
書籍プレゼントキャンペーンを実施中!
 

Part別対策書籍
『TOEIC(R) L&R TEST アプローチシリーズ』
からお好きな冊をプレゼントいたします。
 

詳しくはこちら
※11/30までにTOEIC講座をお申込・ご入金の方が対象です。
 

 
 
本シリーズは、
「高得点者の着眼点」を身につけ、
確実に正解を重ねる演習を積む問題集です。
 

Z会ブログでは、各書籍の特長をご紹介しています。
Part1・2:表現・会話イメージトレーニング
Part3・4:フレームマッピング
Part5:瞬間ハイライト
Part6・7:快速フォーカス
 
 

 
今年9月発刊の『Part1・2のアプローチ』を
早速使ってくださった
学習者の声も届いています!
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1回あたり30~40分程度であることが
工夫されていると思います。
 

例題に続く問題が、
「当てはまるもの全てを選べ」
というのがすごくよかった。
すべての選択肢をより集中して聞くことが出来た
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
 

本書は、1 Unit30~40分で
【例題→練習問題→実戦問題】の流れで学習します。
 
忙しい社会人でもスキマ時間で
リズムよく学習できるよう工夫しました。
 

 
また、練習問題は通常より選択肢を増やし、
5~6つの選択肢から正解をすべて選ぶ問題に。
 
「勘」に頼らず、
きちんと正解を見抜く力が身につきます
 
 

『Part 1・2のアプローチ』詳細・ご購入は↓
Z会オフィシャルサイト
Amazon
※「なか見!検索」で本書の一部をご覧いただけます。
ソーシャルブックマーク:

2018.09.19 17:03

今月上旬に、Z会語学書の新刊として
『TOEIC(R) L&R TEST アプローチシリーズ』
が発売となりました!
 
 
本日は、ハイスコア獲得のための
Part1・2対策の着眼点と、
TOEIC(R) L&R TEST Part 1・2のアプローチ
の中身をご紹介します。
 
3cdde642c9a4f9a1d4a7ac7f24267a321d0b0ded.jpg
 
 
 

Part1・2といえば、
 確信が持てないまま次の問題に進んでしまう
 次の問題も聞き取れず、負のスパイラルに陥る
といった悩みを抱えた方が多くいらっしゃいます。
 
また、近年難化傾向といわれるPart2では、

変化球の応答に対応できない
という声も増えてきました。
 
 
 

そうした悩みを持つ方々におすすめしたいのが、
表現・会話イメージトレーニング
です。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Part 1:写真を観察して、表現をイメージ
Part 2:質問文を聞いて、応答をイメージ
    ↓
選択肢を1つ聞くごとに正誤判断
    
(D)を聞き終わると同時に
    ↓
正解を塗りつぶす
    
次の写真を観察

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 

これは、高得点者の多くが
自然におこなっている解答手順です。
 
Z会編集部は、赤字の部分が、
ハイスコア獲得の鍵になると考えました。
 
 
つまり、写真や質問文が与えられた時点で
高得点者たちは選択肢をある程度イメージし、
流れてきた選択肢の正誤を

瞬時に判断しています。
 
 
漫然と選択肢が流れるのを待っていては、
単問が次々と出題されるPartの特性上、

音声についていけなくなってしまうのです
 

 
 
そこで、本書では、高得点者の思考回路に
近づくためのトレーニングとして、
選択肢の表現や自然な応答を
自らイメージする練習を行います。
 

89b90009ba8751b7e79481c7d2180d74ae92ff3f.jpg
 
 
これにより、Part1・2に必須の
ボキャブラリースピード

両方身につけていきます。
 

 
 
さらに、復習用の音声も充実
 
正解の選択肢以外にも
自然な描写・応答を集めました。
 
73267d311b2fedadc4b943063e7bddf6115aa427.PNG
 
 
c3d270af18468b253a44ec76eb709a8d97a8b2de.PNG
 

 
 
写真の描写も、会話の応答も、
実際のコミュニケーションでは
正解は1つではありません
 
何通りも存在する自然な描写や応答に
大量に触れることで、

即反応できる表現のストックを増やします
 
 
たまたま知っている表現だったから正解。
知らない表現だったから不正解。
ではなく、安定的に
正解を重ねられるようになるはずです。
 
 
 

Part 1・2を、苦手なパートから
得点源に変えるべく、
ぜひ本書を活用してみてください!
 
 

★『TOEIC(R) L&R TEST Part 1・2のアプローチ』
  Z会編集部 Ross Tulloch Adam Ezard 著
  200ページ/音声DL/本体価格 1,600 円
 →詳細・ご購入はこちら
 

★Z会の語学書・TOEIC(R) テスト対策書籍はこちら
 
ソーシャルブックマーク:

2018.03.20 12:00

先週より発売になりました『速読速聴・英単語 Core1900 ver.5』(松本茂先生 監修)。
嬉しいことに、早くも読者の方から声が届いています!
 
アンケートでは「印象に残った英文」をお伺いしているのですが、
ver.5で新しく収録したものも挙げてくれました。
 
TPP参加11カ国,協定の早期発効を目指す(第4章 政治・国際情勢より)
 → 現在もこれからの行方に目が離せませんね。
 
自分の薬を印刷しよう(第7章 科学・テクノロジーより)
 → 3Dプリンターの話題です。
 
Core_55
…など。
 
本書では、英単語の学習をしながら、時事知識を学ぶこともできるのが特長です。
さらに一歩踏み込んで、英文には●●と書かれているけれど、自分はこう思う、など、社会問題に対して理解を深め、自分なりの考えを掘り下げるきっかけにしていただけたらと思います。
 ⇒ 書籍の詳細・お求めはこちらから。
 
 
おしらせ
『速読速聴・英単語 Core1900 ver.5』発刊記念講演会を開催します。
今度こそ「使える英語」を身につける!
講師:松本茂 先生
 ⇒詳しくはこちら
ソーシャルブックマーク:

2014.09.05 16:46


「TOEFL試験て、どんな試験?」という入門者から、「はじめて受けてみる」「1回受けてみたけど、あまりできなかった、、、」というようなレベルの方たちに、「1冊目のTOEFL対策書籍」としてご好評をいただいている『はじめて受けるTOEFL(R)Test 攻略×アプローチ』の改訂版、『はじめて受けるTOEFL(R)TEST 攻略×アプローチ[改訂版]』がまもなく発刊されます。

a9fd76b5cb665fa361090d42d1c7c60624f6c48f.JPG

 

旧版で好評だった「セクション別攻略法」を更に充実させ、全体のレイアウトも一新しました。

TOEFL特有の専門的で難解な語彙にも対応できるよう、「語彙トレーニング」を新設しました。

 

都内の超早入り早出し書店様だと9月8日(月)夕方、一般的には10日(水)頃から書店様店頭に並びはじめると思います。

よろしくお願いします。

 

 
ソーシャルブックマーク:

2014.03.15 16:23

で、(「で」というのは、昨日の記事に続いての「で」なんですが)
会話がつづく!英語トピックスピーキング Story 1 英語ではじめよう!編の発刊を記念しまして、書籍のコンセプトである「トピック主義」を実践する無料セミナーを開催します。
 
◆【発刊記念セミナー】会話がつづく!英語トピックスピーキング
2d37a92170531f55b5618210924facc28b15215e.jpg
 
◆開講日程
[A]2014年4月2日(水)19:00~20:30
[B]2014年4月12日(土)13:00~15:00
 
◆開催場所
(株)シェーンコーポレーション本社 1階セミナールーム
〒102-0071
千代田区富士見2-11-3 研究社富士見ビル1F
※最寄駅出口:JR飯田橋駅西口/東京メトロB2a口(徒歩3分)
 
◆実施内容
●第一部
監修者の松本茂先生による『会話がつづく!英語トピックスピーキング』の特別講演です。
●第二部
ネイティブ講師による『会話がつづく!英語トピックスピーキング』の実践レッスンです。初級レベルの方からご参加いただけますが、レッスンはすべて英語で行われます。
 
[A]日程は第二部のメニューのみ、
[B]日程は、第一部と第二部の両方のメニューとなります。
 
セミナーの詳細はこちらでご確認ください。
【発刊記念セミナー】会話がつづく!英語トピックスピーキング
 
セミナーは無料ですが、予約が必要です。
ご予約はこちらからお手続きをお願い申しあげます。先着30名様までです。
【発刊記念セミナー】会話がつづく!英語トピックスピーキング予約お申し込み
 
お待ちしております。
ソーシャルブックマーク:

プロフィール

プロフィール画像
資格取得や自己啓発の情報を発信
TOEIC・TOEFL対策、資格・公務員試験対策、大学院入試対策をサポートする「Z会キャリアアップコース」のスタッフブログ
TEL:0120-919-996
OPEN:月曜日~金曜日 午前9:00~午後5:30(年末年始を除く祝日も受付)~

カレンダー

<<   2019年08月   >>
        01 02 03
04 05 06 07 08 09 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ