Z会キャリアアップコースBLOG

語学、就職、公務員試験、大学院進学、資格取得など自己啓発やキャリアアップに関する情報を発信します。
Z会ブログトップへ

2017.07.27 17:54



このエントリーをはてなブックマークに追加

以前公式twitterでつぶやいたところ、けっこう反応をいただいたこのポスティングを引用再掲します。

201707tw-01
201707tw-02

元の投稿

ここに書いてあることを、実践の場に即して少し例を挙げてみましょう。

 実践例[1] 仕事の場での提案の骨組みをまとめる
  ・**の市場が広がっています (事実 数値など定量情報)
   わが社は○○事業を持っています(事実 定性情報)
     ↓
   **市場でわが社の強みが生きると思います (意見・解釈)
   そこで□□という提案をします
     ↓
   この提案/企画をやらせてください(提案・相手への呼びかけ)


 実践例[2] 就職活動で自分の考えをまとめておく
  ・私は学生時代に**をやりました (事実)
   そこから%%ということを学びました (意見・解釈)
     ↓
  ・御社では○○という事業をしており、その環境は++のようになっています
    (事実 業界研究・企業研究をしたこと)
  ・そこでは~~のような課題があり、×××な人材が求められていると思います
    (意見・解釈 業界研究や企業研究で感じたこと)
     ↓
  ・なので、**をやって学んだ%%が~~で生かせると思いました
    (意見~提案 「志望理由」「自己アピール」に繋がる)
      (提案 「御社で働きたいです」)


実践例[1]は、比較的シンプルな単一的な文章の組み立てですが、
実践例[2]は、自分にとっての「事実」「意見や解釈」と、相手にとっての「事実」「意見や解釈(の推測)」を組み立てて、最後の提案にもっていく2つの源流がある文章(論)です。

 




例えば実践例[2]で、2段階目の業界研究や企業研究にともなう事実や意見が抜けた状態で、学生時代にやったことや自分の思いばかりを発信していると、伝わらない/説得力に欠ける/面接官の聞きたいこととズレた「志望理由」「自己アピール」になったりします。(相手に届く言葉は、相手をきちんと知ろうとする所から生まれます)

また、こういった考え方は特別なことではなく、高校の現代文の読解などでも問われ培われるものですね。

 




万能ではありませんし、このようにやれば何でもうまくいく というものでもありません。
しかしこの「事実」「意見や解釈」「提案・呼びかけ」を分け・揃え・バランスを取る考え方は、いろいろな場面で生きてきます。

よければ使ってみてくださいね。




このエントリーをはてなブックマークに追加
ソーシャルブックマーク:

2016.10.03 14:09

 
 

 
 
社内の昇進試験で小論文が必要で、対策のためにZ会の「仕事で生きる文章力 小論文編」を受講されたテッドさんから、昇進試験合格のご報告と、体験記をいただきました。
 
 
テッドさん、ありがとうございました。
 

 
5604063613bdb43903634a901273e35656693e31.jpg
 
 
いただいた体験記の一部を引用します。
 
課題を郵便で送って添削結果を郵便で受け取るのかと少し面倒に感じていましたが、実際はWeb上のマイページから課題を提出すると添削結果もマイページで見られるというシステムで、忙しい社会人には非常に魅力的でした
 
小論文の講座なので非常に分厚い本が届くのかとかなり心配していましたが、テキストも薄く要点が非常に簡潔にまとまっており、時間のない社会人が取り組むにはちょうどよい分量でした
 
順を追って少しずつレベルアップしていくので、小論文が苦手な自分にも非常に取り組みやすいものでした。
 
課題の文章も面白い内容でしたので次の課題が待ち遠しくあっという間という感じでした
 
添削者の方からのコメントは非常に適切であり、自分の弱点を把握することができました
 
というようなわけで、お褒めの言葉をいただきました。ありがとうございます。
もっとも合格のポイントはテッドさん自身が
 
添削をしてもらった後にもう一度自分で文章を書きなおすという作業をしました
 
というような、きちんと復習する方であったという点が大きいと思います。
テッドさんの今後益々のご活躍をお祈り申し上げます。ありがとうございました。
 
◇テッドさんの体験記はこちらです。
添削者からのコメントは非常に適切であり、自分の弱点を把握することができた。
 
◇テッドさんが受講した講座はこちらです。
仕事で生きる文章力 小論文編
 
ソーシャルブックマーク:

2016.04.11 16:03

国家公務員公務員のKさんから、文章力講座の体験記をいただきました。
Kさん、ありがとうございました。
Kさんが受講したきっかけは、上司から言われた一言。
 
「あなたの文章は読みづらく、何を言いたいのかがわからない。」
「あなたの文章は読みづらく、何を言いたいのかがわからない。」
W0lKTicBho.jpg
思わず2回繰り返してしまいました。
まあ、文書でもメールでも、
 
「文章は読みづらく、何を言いたいのかがわからない。」(3回目)
 
ようなものを寄越す人いますよね。
でもそれを面と向かってねえ、、、、
で、そのときのKさんの反応は
 
自分でもわかっていたことだったので、ぐうの音も出ませんでした。
 
この素直さが向上につながるわけですね。
 
◇そんなKさんの体験記はこちらです。
講座テキストの説明の丁寧さが嬉しかった。
 
◇Kさんの受講講座
相手に伝わる文章表現(報告・論説編)
※「相手に伝わる文章表現」講座は、内容を一部変更して「仕事で生きる文章力」講座として開講中です。
 
ソーシャルブックマーク:

2012.05.23 15:53


いやー、ご報告が遅くなってしまって申し訳ありません。

新講座、
相手に伝わる 文章表現講座
報告・論説編
手紙・ビジネス文書編
の2講座を開講しました、4月に。
すみませんすみません、、、

qWU7694HWo.jpg
この講座の特徴は
・ハウツー本では採り上げないような基礎的な内容から丁寧に説明
・「講義を読む→練習問題→提出課題」の3段階学習だから確実に身につく
・Z会だからこその親身の添削指導5回
・返送が早いWeb添削



今日の多くの職場で「コミュニケーション力」が重視されていますが、仕事を進めるためには、立場も考え方も異なる社内・社外の多くの人々と力を合わせていくことが必要です。

プライベートなコミュニケーションでは「話す」ことが重要ですが、公的なコミュニケーションでは書類やメールを「読む」ことと「書く」こと、すなわち文章によるコミュニケーションが非常に重要です。
すなわち社会人として求められる「コミュニケーション力」の大部分は、実は「文章表現」が担っているのです!
W0lKTicBho.jpg
あ、偉そうですみません。

だからこの講座で文章トレーニングしてね、というお話でした。

こりゃ就活生にも、とっても役にたちそうな講座だな、、、

ソーシャルブックマーク:

プロフィール

プロフィール画像
資格取得や自己啓発の情報を発信
TOEIC・TOEFL対策、資格・公務員試験対策、大学院入試対策をサポートする「Z会キャリアアップコース」のスタッフブログ
TEL:0120-919-996
OPEN:月曜日~金曜日 午前9:00~午後5:30(年末年始を除く祝日も受付)~

カレンダー

<<   2019年11月   >>
          01 02
03 04 05 06 07 08 09
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ