Z会キャリアアップコースBLOG

語学、就職、公務員試験、大学院進学、資格取得など自己啓発やキャリアアップに関する情報を発信します。
Z会ブログトップへ

2017.10.13 12:02


公務員試験の講座をご検討いただくにあたり、Z会キャリアアップコースでは2017年10月31日まで無料受講相談を承っています。

その中で
「公務員試験で、英語はどれくらいの割合で影響するのですか?」
というご質問をいただきました。

民間企業の採用ではおなじみTOEICなどの英語力の試験、公務員試験ではどれほど影響するのでしょうか?


【スコアに応じて試験の得点に15点または25点加算】


国家公務員採用試験総合職試験では、平成27年度試験より、TOEFL(iBT)、TOEIC、IELTS、英検の4種類の英語試験のスコアに応じて、総得点に15点または25点加算されるようになりました。
試験の区分や年度により多少異同はありますが、総合職採用試験の合格最低点は500点前後。
25点と言えば合格点の5%に当たります。
ちなみに1次試験(基礎能力試験、専門選択試験)の合格点が200点強ですから、相当な比重になります。


*******************

ご存知の通り、公務員試験では多くの科目を受験しなくてはいけません。
これに加えて英語の対策もとなると、早めに対策を始めることが有効と言えます。
(特に英語は公務員試験以外でも求められますので、早めに始めて損はありません)

そこでZ会キャリアアップコースでは、公務員試験で求められる、
 ・多くの受験生が苦手とする経済学の基礎と
 ・TOEICでのハイスコアを狙う英語力
を身につける大学1年生向けの公務員講座を、人数・期間限定でスタートしました。


■公務員大学1年生ゼミ(TOEIC対策付)
http://www.zkai.co.jp/ca/koumuin/koumuin-toeic.html

20171013_koumuin
 


公務員試験準備講座は、市販の公務員試験対策テキストを用いたゼミ形式、TOEIC対策は、Z会のTOEIC対策講座「100UPトレーニング」で学習を進めます。
また本講座を受講していただいた方は、来年(大学2年生時)開講の公務員講座(受講期間2年間の"2年本科")を割引優待価格で受講できます。

ご関心をお持ちの方は、詳細を下記にてご確認のうえお早めにお申込ください。

■公務員大学1年生ゼミ(TOEIC対策付)
http://www.zkai.co.jp/ca/koumuin/koumuin-toeic.html


・受講料 37,800円(税込)
・定員 15名
・申込受付 10/31まで

ソーシャルブックマーク:

2017.08.23 20:56


弊社商品サービスの使い方とともに良いところをご紹介するシリーズ、
先日の「100UPトレーニングの基本的な使い方」に続き

TOEICテストAdaptie


の基本的な使い方(学習開始 編) です

******************************
INDEX
1.Adaptieって何ぞ?
2.教材が届いたらまずすること
3.目標設定~いつまでに、何点を目指す?~
4.プレテスト~今の実力を測る&最初に取り組むPart診断~
5.通常の学習開始

【この記事のダイジェスト】
教材届く→ログインする→目標設定する→「プレテスト」→通常の学習開始
★学習開始前の「プレテスト」実施のために、【1】PCまたはタブレット と【2】約1時間 が必要です

******************************

■1. Adaptieって何ぞ?

まずその前にAdaptieって何?という方はこちら
TOEICテストAdaptieのページ
Youtube動画

一言で言うと「実践重視のオンラインTOEIC対策」です
(でもそこら辺のスマホアプリとかTOEICサイトとは全然違うんですよ!!)


2.教材が届いたらまずすること

Adaptieをお申し込みいただくと

 ・会員証(ログインIDとパスワード)
 ・模擬試験「ターゲットテスト」

の2点が届きます。
「ターゲットテスト」は目標とするTOEIC試験の直前などに解く本番形式の模擬試験なので、すぐに出番が来るものではありません。

まず使うのは「会員証」。
Adaptieは、オンラインでブラウザでTOEICの学習をするため、学習開始の際は画面のログインが必要になります。

なので、これらが届いたら

E63Eまずはこちらの「会員マイページログイン画面」を学習に使う端末のブラウザなどでブックマーク
https://www.zkai.co.jp/ca/m/m0_1.aspx
E63Eログインがしやすいように、パスワードを変更

することをおすすめします。


※オフィシャルサイトから行く場合はこちら↓↓↓
20170823_01


3.目標&スケジュール設定 ~いつまでに、何点を目指す?~

こちらが、初回ログイン時の画面。
ちょっとかっこいい感じです。

20170823_02
次の画面に進むと、目標スコアとスケジュールの設定画面です
(すぐ終わります)
20170823_03

E63Eここで設定された目標&スケジュールと「プレテスト(下記)」をもとにして、


Adaptieさんが
今のスコアが●●点の増進太郎(あなた)さんが、**月**日までに◎◎◎点をクリアするためには、こういう学習が必要だ!やったるで!

と、あなたの学習を組み立てます


もしかしたら「設定とかめんどいなあ」と思われるかもしれませんが...
確かに、この講座にとにかく集中して取り組んで1ヶ月で100点以上あがった!とご報告をいただいた方もいらっしゃいますが...

やはり、誰もが一朝一夕で200点300点カンタンにあがるほどTOEICは甘くありません。


目標とそれに向かう計画をハッキリさせて、継続して力を積み重ねること・その習慣をつけること
はとても大切ですよ。

・目標や達成した後の姿をハッキリ描いておくことは、モチベーション維持にもつながります
・そういう習慣が身につくと、他の場面でも生きてくるという副賞がついてきます




4.プレテスト ~今の実力を測る&はじめの学習のくみたて~

次は学習開始...の前に「プレテスト」という、TOEIC本番の約半分の量の模擬試験を実施していただきます。

そこで重要なのが、
このプレテストを実施するためには

【1】PCまたはタブレット と【2】約1時間



が必要になります。

※この後のAdaptieの通常の学習はスマホに対応していますが、プレテストを含める模擬試験だけはPCまたはタブレットで実施していただく必要があります。
※受験途中での保存ができません。学習を開始時のモチベーションに乗って最後まで解いてください。

E63Eこのプレテストの結果が、

 ・今の皆さんの実力を測ります
  (→後で模擬試験を受けて、力の伸び具合を知る)
 ・一番はじめに学習を開始するオススメPartを決めます


テストはこんな感じ。分量はTOEIC本番の半分ですが、形式はTOEIC本番と同じです。
20170823_04
プレテストが終わると、このように現在の力を判定して表示します! 20170823_05

そして、通常の学習開始時におすすめするパートを決定します
(↓の学習画面トップの写真ではPart5に「Recommend」が表示されています)
 ※左:PC 右:スマホ 20170823_06

学習をまさに始めようという時。モチベーションの高い皆さんは
 「早くスマホで普通の学習をやりたい...えいやっ!
というやりたくなるかもしれません。
(1時間かかりますし、学習を継続していけば、Adaptieは問題を解くたびに皆さんの実力に対して出題を最適化するので、そのやり方でも問題はありません)

でも...

孫子は兵法の中で言いました。
【彼を知り己を知れば百戦殆うからず】
と。

また、バスケットボール漫画の金字塔『SLAM DUNK』で、安西先生は桜木花道に言いました。
【下手糞の 上級者への 道のりは 己が下手さを 知りて一歩目】
と。

自分の今の力を知ることは、これから力を伸ばし目標を達成する第一歩です。

それに何より、Z会として皆さんには、このAdaptieのキモである、Adaptive learning/一人ひとりにAdapt(適合・順応)した学習を体験していただきたいです。

少しお手間に感じてしまう方もいらっしゃるかもしれませんが、ぜひお時間をとって取り組んでいただけたら嬉しく思います



(さいごに、いよいよ)5.通常の学習開始!

プレテストが終了したら、パート別の通常の学習開始です。 パートごとに問題をとくやり方、苦手なパートの苦手な部分を徹底的に集中して解くやり方 があります。

この記事では、主にAdaptieを始めたばかりの方に向けて、学習開始までの流れをお話しました。
すでに通常の学習を開始されている方むけにも、普通に問題を解いていくだけではないAdaptieを使いこなす方法を近日中にご紹介していきますね。

 

 
ソーシャルブックマーク:

2013.08.08 15:31

国際ビジネスコミュニケーション協会がTOEICテストの受験者の属性や平均点などのレポート
 
 
 
 
 

 
を発表いたしました。
 
 
これによりますと、国別平均スコアで日本は下から7番目!平均点で512点。
 
 

 
以前は平均点420点で下から2番目でしたから、大きくジャンプアップしました!って、、、、、別に、国別の平均点競争しているわけではないんですけどね。
 
 
興味があったら見てみてください。
 
 

 
W0lKTicBho.jpg
 
 
 
 

 
ところでよく「TOEICは受験者が日韓で8割のローカルな試験だ。だからTOEFLを導入すべきだ」という批判を耳にしますが、、、、、
 
 
 
 

 
まずTOEFLテストもTOEICテストも、日韓以外の国では、国全体で受験者が数百人から数万人しかいないテストです。国によってはTOEFLテストよりTOEICテストの受験者数のほうが多い国もあります。
 
 
 
 

 
という状況のなかで「日本と韓国のTOEICテストの受験者だけが毎年数十万から数百万いる」ので、結果として「TOEICは受験者が日韓で8割(私の手元の資料では9割)」になっているということなのです。
 
 
 
 

 
これは受験料(TOEICは約5000円、TOEFLは2万円超)やレベル設定のマーケティングによるところが大きいと思います。
 
 
 
 

 
さらに日本には英語検定という試験がありますが、こちらも毎年のべ数百万人が受けています。
 
 
 
 

 
そもそも日本と韓国以外の国で「英語力を測るために全国民が受けるようなテスト」を実施している(そんな事業が成り立つ)国が、あるのでしょうか?寡聞にして知りません。
 
 
 
ということはつまり「TOEICは受験者が日韓で8~9割」という事実は、日本人と韓国人は世界で突出して「英語の勉強が好き」で「ペーパーテストが好き」という国民性を表している----ということなのではないか、というのが私の個人的な見解です。Z会の公式見解ではありません。
 
ソーシャルブックマーク:

2008.08.28 13:23


宅建試験の申込は、郵送とインターネットの方法があります。

以前、「宅建のネット申込者って意外に少ないですね~」みたいな記事を書きましたが、平成20年度試験の受付状況をあらためて見てみました。


申込者数 260,591人

うち、

郵送の申込 216,884人(83.23%)
インターネットの申込 43,707人(16.77%)

という状況でした。

昨年度よりも約1%ほどインターネット申込が増えたようです。


ちょっと気になったので都道府県別にその割合を数値化してみました。


「都道府県別ネット申込率ランキング」

1位 福井県(23.26%)
2位 広島県(21.23%)
3位 長野県(20.03%)
4位 岡山県(19.88%)
5位 神奈川県(19.08%)
6位 徳島県(19.04%)
7位 東京都(18.56%)
8位 静岡県(17.92%)
9位 岐阜県(17.90%)
10位 北海道(17.24%)
11位 愛知県(17.13%)
12位 山形県(17.06%)
13位 埼玉県(16.81%)
13位 長崎県(16.81%)
────────────全国平均 16.77%
15位 鳥取県(16.73%)
16位 香川県(16.70%)
17位 青森県(16.65%)
18位 富山県(16.51%)
19位 宮崎県(16.42%)
20位 千葉県(16.39%)
21位 栃木県(16.23%)
22位 石川県(16.18%)
23位 滋賀県(16.15%)
24位 京都府(16.06%)
25位 兵庫県(15.88%)
26位 島根県(15.81%)
27位 奈良県(15.78%)
28位 秋田県(15.73%)
29位 愛媛県(15.50%)
30位 山口県(15.45%)
31位 福島県(15.36%)
32位 三重県(15.32%)
33位 新潟県(14.95%)
34位 福岡県(14.73%)
35位 大阪府(14.52%)
36位 岩手県(13.96%)
37位 群馬県(13.91%)
38位 宮城県(13.77%)
39位 和歌山県(13.55%)
40位 熊本県(13.43%)
41位 鹿児島県(13.31%)
42位 佐賀県(13.12%)
43位 高知県(12.57%)
44位 茨城県(12.40%)
45位 沖縄県(12.23%)
46位 大分県(12.08%)
47位 山梨県(11.98%)

( )内はインターネット申込が占める割合です。


都道府県ごとに申込数も違いますし、状況が異なりますので、ランキングに(しておきながら・・・)することに意味はないと思います。

参考程度に・・・ってことで。

ソーシャルブックマーク:

2008.06.23 13:26


法科大学院合格を目指される皆さん、適性試験お疲れさまでした。

日経HRから発行されている『法科大学院徹底ガイド』というムックがあります。
 

DC_RjEwMDAwMTafhg.JPG




このムックの「法曹を目指して 適性試験問題と法科大学院入試問題に挑戦」という記事において、キャリア開発コースのスタッフが解説をしています。

P51です。お、あったあった。

小論文問題についての傾向と対策について解説しています。
 

DC_RjEwMDAwMTWehQ.JPG




>> 法科大学院徹底ガイド 2009年度版(日経HR)


ぜひ書店などでお手にとってご覧くださいね。

 
ソーシャルブックマーク:

2008.06.20 18:28


法科大学院で行われる入試説明会などの入試情報が今花盛りです。

日々更新される法科大学院の入試情報やお知らせ、また関連ニュースをチェックするのに便利なのが「ロースクールニュース」というサイト。
 

DC_V1MwMDAwMDLN9w.JPG


毎日更新なので情報が新鮮で、見やすいのがいいですね。

Z会もスポンサーとして長いお付き合いになっています。



そして、すばやくお目当ての法科大学院のサイトに飛びたい方にはココ。

「法科大学院リスト」をご利用ください!


国公立大学の法科大学院リンク集
 

DC_V1MwMDAwMDDL9Q.JPG



私立大学の法科大学院リンク集
 

DC_V1MwMDAwMDHM9g.JPG


 
ソーシャルブックマーク:

2008.03.25 09:29


キャリア開発コースで今春、2009年度公務員試験対策講座が開講しますが、公務員試験を受験される方にお役立ちなリンク集ができました。


>> 公務員試験お役立ちリンク集【国家公務員】

>> 公務員試験お役立ちリンク集【地方公務員】


【地方公務員】の方には全国の市役所・区役所へのリンク集もあります。

ぜひご活用くださいね。



ところで、旅行や仕事でいろんな街に行くことはあっても、行く先の「自治体サイト」を見ることってなかなかないような気がします。


旅行だったら旅行専門やクチコミサイトをチェックするでしょうし、名所を回るにしてもそれぞれを紹介した詳しいサイトが溢れています。


このリンク集を作っていくにあたり、全国にある市(市役所)のサイトをチェックして回りましたが、


「聞いたことのない市だなぁ・・・」

「あ、このサイト見やすい」

なんていう発見と同時に、旅行をしているような感覚も覚えました。


「バーチャル旅行」というには言いすぎでしょうかね。

ソーシャルブックマーク:

プロフィール

プロフィール画像
資格取得や自己啓発の情報を発信
TOEIC・TOEFL対策、資格・公務員試験対策、大学院入試対策をサポートする「Z会キャリアアップコース」のスタッフブログ
TEL:0120-919-996
OPEN:月曜日~金曜日 午前9:00~午後5:30(年末年始を除く祝日も受付)~

カレンダー

<<   2019年11月   >>
          01 02
03 04 05 06 07 08 09
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ