Z会キャリアアップコースBLOG

語学、就職、公務員試験、大学院進学、資格取得など自己啓発やキャリアアップに関する情報を発信します。
Z会ブログトップへ

2010.11.29 18:52

現3年生の就職活動が始まってまいりましたね。

27日(土)28日(日)に福岡のヤフードームで行われた
合同企業説明会には、土曜だけで25,000人の大学生が
集まったと報じられています。

http://www.asahi.com/national/update/1127/SEB201011270034.html


先輩の話を聞いたり、業界や志望企業を研究したり、
自分の強みを分析したり、準備はできていますか?



さらに万全の準備をしたいという方に。
Z会の就職試験対策講座を紹介いたします。
講座は以下の2つです。2010年夏に開講した、
できたてホヤホヤの講座です。

◆就職試験対策(一般企業)
◆マスコミ論作文試験対策

カエルスクールに通うよりはだいぶお安いです。

「これをやればどの会社からも内定が取れる」という
ものではありませんが、本を読んで分かったような気分に
なるよりは、よっぽと役に立つと思います。


早い人はホントに早く内々定を得ますからね。
で、友人に内々定が出始めると、平静を装いつつも内心焦ったり。

就職試験対策は、いくら準備してもし過ぎるということは
ないと思います。悔いの残らない就活をしてください。

大学3年生のみなさん、頑張ってくださいね。
Tags :
大学生・社会人
ソーシャルブックマーク:

2010.11.26 16:10

企業説明会、合同企業説明会などが各地で盛んに行われていますね。



先日そんな中の一つ、大学生協主催による合同企業説明会

ブースを出してきました、語学学習相談コーナーとして。





そこで企業説明会に参加している大学生から受けた質問です。



男の子「自動車の運転免許とTOEIC®の、どちらを

  受けといたほうが就職に有利でしようか」


ヒヨコ「TOEIC®です」



と、回答いたしました。

今からどちらかに時間を投入するのであれば、

絶対にTOEIC®にした方がいいです。



  ただし各人、一人一人に何が最も必要かというのは

  企業研究だったり、業界研究だったり、志望動機の明確化だったり

  色々だと思います。





運転免許は、その会社での業務に必要だったとしても、

男の子「大学を卒業するまでに必ず取得しておきます」

の返答で、企業の採用担当者に納得してもらえます。



TOEIC®は

男の子「大学を卒業するまでに800点を取得しておきます」、

笑顔「あなた、現時点のTOEIC®スコアは?受けたことあるの?」

男の子「ありません」



という返答で



笑顔「じゃあ卒業するまでに800点取っておいてくださいね」



と納得する採用担当者は一人もいないと思います。

TOEIC®を1回でも受けたことがある人なら、TOEIC®800点が

どの程度のものかは、想像ができると思います。



実際に就職活動でESに記入する場合のTOEICスコアの目安については、

さかいがコチラでも書いていますので、ご参考にしてみてください。





カエルで、Z会のTOEIC®講座はコチラです。



Tags :
大学生・社会人
ソーシャルブックマーク:

2010.11.25 18:28

本日は、新潟大学の吉田さんから、
法科大学院の合格体験記をいただきました。

吉田さん、おめでとうございます。
DC_MjAxMDExMjWN7A.jpg

吉田さんは司法書士と法科大学院の両方の勉強を続けられました。
そして、法科大学院の適性試験で失敗して、小論文で高得点を
"取らなければいけない"状況に追い込まれました。そこで
短期間で効率良く、しかも安価に対策できるものとして
Z会の法科大学院小論文を申し込み
されました。

吉田さんの注目すべき勉強法は、ココです。
引用します。


  非常に丁寧な添削をしていただけるので、私はその
  指導をよく読み次の答案作成に生かすために、添削
  していただいたものをその後何回か書き直し
ました。
  そうするうちに論理の展開の仕方などが、だんだんと
  身についてきました。



普通は復習は、添削された答案の赤字部分を読んで
「なるほどな」と思って終わりじゃないでしょうか。

吉田さんは、既に添削された問題を、再度取り組んだと
書いています。それも1度ではなく、「何回か」です。

「勉強は復習が大事」とは、よく聞きます。でも
言うは易く、行なうは難し。既に添削指導の済んだ
問題を、再度取り組んで記述するというのは、
なかなか実行できるものではありません。

Z会のwebサイトにはたくさんの合格体験記を掲載していますが、
合格者はたいてい何かキラリと光る、勝利の方程式ともいえる
勉強法を身につけていますね。

吉田さん、法科大学院に進学後も、勉強頑張ってください。


▼吉田さんの合格体験記はコチラです。
Z会の良いところは、テキストの質の高さと親身なサポート体制

▼吉田さんの受講した講座はコチラです。
法科大学院小論文
Tags :
大学生・社会人
ソーシャルブックマーク:

2010.11.24 16:32

行政書士という仕事について考える、第3回をお送りいたします。
第2回はコチラです。



留学・アルバイトの経験が今に通じる

 北海道の高校時代に留学したんですが、その留学で人生が変わった部分もあります。多分留学していなかったら北海道から出ず、東京にも来ていなかったでしょうし、海外に関わる仕事もしていなかったでしょうね。海外に行くとモノの見方が変わったり、視野が広がるということがあると思います。
 いろんな人と話をしたり、いろんな価値観を持った人と付き合うことに慣れるので、そういった経験があって外国人のお客様を相手とした今の仕事ができるのかなと思います。
 そういった環境を過ごしたことは、今の自分にとってとてもプラスになっていると思います。

 大学ではサークルとか全然やってなくて、授業の他にはアルバイトに精を出していました。レストランやお寿司屋さんなどの飲食店での接客業。家庭教師もやりましたし、他には英語やランス語を教えている語学スクール運営、そしてそこで出版していた雑誌編集のお手伝いなんかもしていました。とにかくいろんな世界を見てみたかったのかもしれませんね。
 接客業の経験は、お客様と会って話をしたりする今の業務にも通じる部分があると思いますし、やっていてよかったと思いますよ。

 今になって思えば法律や簿記の基礎知識を大学時代にもっと学んでおけばよかったのかもしれません。でも、多分私の場合は、大学時代に行政書士の勉強をしていてもありがたみがなく身についていなかったと思うんです。今この歳になって面白いと思えるようになったのかもしれませんね。


行政書士は「起業のきっかけ」

 将来的には起業をめざす方のお手伝いをしたいとも考えています。私自身が独立した理由でもあるんですけど、すでに存在する仕事だとなかなか自分の思うようにいかなかったり、目指しているものが違っていたりすることが多いと思います。
 自分がやりたい事をやるためには自分でやるのが手っ取り早いですよね。そんな風に自分のやりたい事を形にしたい人を応援できたらなと思っています。

 私自身は行政書士業務に特にこだわっているわけではありません。行政書士の仕事以外でも人の役に立てるような仕事がしたいと思っています。私にとって行政書士はきっかけみたいなものなんです。絶対行政書士業務じゃなきゃ嫌だってわけではないんですよ。
 ただ、起業のきっかけとしてはよかったなと思います。全く何にもないところから起業するよりは行政書士の肩書があったり、ある程度業務内容に枠があった方がやりやすかったですから。
 起業支援も含めて、今後は違う分野でも興味が持てることをやっていきたいなと思っています。


効率的な行政書士の試験勉強法

 行政書士試験の勉強を始めた当時、私はフランス大使館に勤めていたんですが、仕事が終わった後に勉強、週末も勉強といった感じでした。
 3月頃から始めて10月の試験でしたが、その間はかなり根詰めて勉強しましたね。ただ、勉強は好きでやっていましたし、終わりのない勉強ではなかったですから苦ではなかったです。
 個人的には民法が一番身近なことを扱うので興味深く勉強をすることができました。

 私は講座を利用しましたが、独学では無理だったと思いますね。だらけちゃう性格なので・・・。
 勉強方法にも効率の良い勉強方法とそうでない方法があると思うんです。試験傾向や対策方法を知らないで独学でがむしゃらに勉強するとすごく無駄が多いと思います。講座等は必要な部分を凝縮して勉強できますからその分効率よくできると思いますよ。


行政書士資格の取得は単なるスタート

 正直なところ、行政書士の資格って資格を取っただけじゃあまり役に立たないんですよ。資格を取ったことはスタートに過ぎないと思うんです。
 「資格を取ってその後に何がしたいのか」「資格をどう生かしたいのか」「どういった方向に向かっていきたいのか」ということを明確に頭に描き、合格を目指した方がいいと思いますよ。

 また、独立すると言っても闇雲にやっても成功するわけではないので、どういう分野でどういう風にやりたいのかを考えておく必要があると思います。
 資格を取っただけじゃ仕事は始められないし、実際に「行政書士試験のための勉強」と「資格を取って開業してからの知識」とは全然違うと思うんです。もちろん試験知識で業務を行える部分はありますが、それが100%使えるわけではありません。

 行政書士試験のための勉強は内容が自分達に身近なところが多いので、特に開業とかを考えなくても、知識のための勉強は結構面白いですし、使い勝手がいいと思いますよ。私自身も楽しんで勉強できました。
 特に民法の婚姻とか相続とかは自分の生活に関わってきますし、賃貸契約や売買契約のようなものも生活の中に身近なこととして存在しますよね。「クーリングオフ」に代表されるように、「知らなきゃ知らないけど、知識としてあったら得をする」ということは結構あります。「全然そんなこと知らなかった」「知っておいて損はない」ということが学べたりしますし、そういった知識のための勉強もいいんじゃないかと思いますよ。


行政書士の回、終わり。
Tags :
大学生・社会人
ソーシャルブックマーク:

2010.11.23 09:43

行政書士という仕事について考える第2回をお送りいたします。
第1回はコチラです。


行政書士になろうと思ったきっかけ

 私は大学でフランス語を勉強していました。もともと海外にすごく興味があったので、海外に関わる仕事がしたくて、大学卒業後も商社など語学力が生かせるような仕事に就いてきました。もちろん語学を生かせてはいたんですけど、語学にプラスして何か専門的な知識が必要だなとすごく感じていました。

 それで最初、大学院に行ってMBAを取得しようかと考えていたんです。でも、そのためにはまず資金集めかなと。それで外務省の期間限定契約職員という制度を利用して、仕事内容に興味もあった在ジュネーヴ国際機関日本政府代表部というところで働きました。その契約期間である2年間が終わる頃、大学院で勉強したいことって何かなと考えたら、どうもピンとくるものがなかったんです。


弁護士との出会い

 たまたまその時同じ職場に法務省から出向で来ていた方がいて、その方の奥様が弁護士でした。その方の影響もあって、国が変わっても通用する仕事とか、どこに行ってもできる仕事っていいなと興味を持ちはじめたんです。ある時、その方にご相談をしていると、「法律系を目指すならとにかく資格を取るように」って言われました。

 その後、資格について色々と調べたんですが、法律を勉強したことがない身にとっていきなり司法試験は敷居が高く、行政書士ならまだ手が届くかなと思ったんです。
 ビザのこととか外国人に関連した業務が行政書士には多そうだったので、「とりあえず行政書士の勉強をしてみるか」という感じで始めました。やってみるとかなり面白くて、「もっと早くやっていれば良かった」って思うぐらいでしたね。
 そして試験に合格して、せっかくだからこの資格を生かしたいなと思ったんです。


行政書士に必要なスキルとは

 自分で独立して業務を行うのであれば、かなり幅広いスキルが必要だと思います。依頼があった行政書士業務をこなすだけではなくて、まずお客様から依頼をもらうにはマーケティングとかセールスのスキルが必要です。

 そして、お客様と会ってうまく話を進めていくためにはコミュニケーション能力を必要としますし、事務所を運営するにあたっては会計知識も必要になってきます。

 当たり前ですけど、独立すると雑用も含めて全部自分でやらなきゃいけない。時間の管理や優先順位を決めるのは誰がやってくれるわけでもないですからね。でも、逆に自分のペースで仕事ができるのはいいですね。忙しい時は週末も働きますが、ゆとりが出来れば平日に休んだりしています。

 また、私はインターネット経由でお客様に情報を提供して、依頼をいただいています。そうなると、Webサイトの制作スキルや知識も必要となってきます。Webサイトも作っただけじゃお客様は来ないので、お客様が来るように検索エンジン対策をしたり、メルマガを配信したり地道な努力もしています。

 私の場合、宣伝手段はインターネットだけですが、宣伝手段としては他に、外国人向けのミニコミ誌に広告を掲載したり、タウンページに広告を出したり、企業へのダイレクトメールや個人宅へのポスティングなんかを利用される場合があります。


行政書士のやりがいと苦労

 始めた頃、お客様から依頼をいただくまでは大変でした。でも、お客様から依頼をいただくようになってからは、その方が再びリピートしてくれたり、また別の方をご紹介してくれたりといった形でつながっていきます。この仕事をしていて一番の面白みは、そんな風にいろいろな方との出会いがあることですね。特に外国人の方って起業のアイデアとか発想が面白いんですよ。

 ビザの申請にはいろいろと条件があるんですが、100%その条件をクリアしている人は依頼に来ません。そういった方は自分で申請ができるからです。相談に来る方は、何か条件が欠けていたりとか、難しい案件である場合が多いのです。
 そんな時は法律の知識や柔軟な発想で考えて、資料を作成したりします。ビザ申請ってグレーゾーンが多くて、間違って申請すると不許可になるようなことがあります。そんなケースを相談された時、うまく説明した資料を作成し、条件をクリアできた時はうれしいですし、達成感がありますね。


他の行政書士で無理と言われて、私の所にいらっしゃるお客様もいる

 私のお客様の中には他の行政書士の方では無理だと言われて相談にくる方もいらっしゃいます。行政書士の方によって同じ事例でも捉え方・考え方が違ったりする場合があります。ビザ申請って許可か不許可でその方の人生がかかってきますから、そういう意味では責任も重大ですけど、うまくいった場合は達成感もすごく大きいですよ。

 一方、外国人の方の中には日本のことをあまり知らない方がいらっしゃいますから、日本人に対する業務よりも時間と手間がかかる場合があります。

 会社設立の際に資本金の払い込みをする時も、日本人だったら説明すれば通じるところが外国人だとなかなか理解してもらえなくて、「じゃあ一緒に銀行に行きましょう」ってなることもあります。
 会社を設立したもののその後どうしたらいいか分からないって再び相談され、銀行に一緒に行って法人の銀行口座を開設するのを手伝ったりもしましたね。

 また、予想だにしないこともあります。ある外国人の方のビザ申請をしている途中、知らない間にその方が結婚されていたんです。「未婚で申請出しているのに・・・」というようなことがありましたよ。

 1人で業務をしていると相談する人がいないのが悩みですね。細かいことだと「この広告費に5万円かけるのはどうなのか?」「この案件は引き受けるべきか断るかべきか?」といった判断です。1人だと自分で考えて自分で判断しないといけないですからね。

つづく。
Tags :
大学生・社会人
ソーシャルブックマーク:

2010.11.22 16:16

昨日の日商簿記検定試験、お疲れさまでした。
できはいかがでしたでしょうか。

簿記2級と3級の解答速報を掲載いたしました。

第126回日商簿記検定試験2級 解答速報」(←PDFです)
第126回日商簿記検定試験3級 解答速報」(←PDFです)

ご参考にしてください。

よろこびのご報告、お待ちしています。
合格体験記も待ってまーす。
Tags :
大学生・社会人
ソーシャルブックマーク:

2010.11.18 23:04

本日は早稲田大学西早稲田キャンパス生協の
地下1階書籍売り場内で、英語学習の相談会を
実施してまいりました。

DC_SU1HXzA1MTlib1s.jpg


ちなみにこの相談会に連動して、通常、生協での書籍
販売価格10%引きのところを、Z会の語学書は11月いっぱい、
早稲田大学西早稲田キャンパスの生協では15%引きにて
ご購入いただけます。ぜひこの機会をご利用ください。

本日の経過(のようなものは)ツイッターでも随時報告いたしました。
Z会キャリアアップコースのツイッターアカウントはコチラです。
http://twitter.com/ZKAI_ca


明日19日も実施しております(詳細はコチラ)ので、早大生は
気軽にお立ち寄りください。

アンケートの分析などが済みましたら、改めてご報告いたします。

Tags :
大学生・社会人
ソーシャルブックマーク:

2010.11.17 18:19

今週末は、簿記の試験ですね。
もう直前模試は解きましたか?
3回分。

過去分の直前模試もありますから、
ドンドン解いちゃってくださいね。

合格体験記、お待ちしています。
Tags :
大学生・社会人
ソーシャルブックマーク:

2010.11.17 18:01

12月18日(土)に新宿で、1日だけのTOEIC®対策セミナーを実施します。

題して「めざせ700点!!TOEIC174対策クリニック」





  日時:12月18日(土)午前9:30~11:30



  場所:
新宿 Z会東大マスターコース新宿教室5F


  住所:渋谷区代々木2-7-8 東京南新宿ビルディング5F



  講師:内山 九十九(Z会TOEIC®600対策通学講座講師)

  対象レベル:TOEIC®受験経験のある方で、700点突破をめざしている方

  教材:『TOEIC®Test クイックチェック 中級』(発行:Z会)

  受講料:\\3,000-(安いでしょ!カエル)



詳しくは、コチラでご確認ください。





授業を受けて、学習相談をして日頃の勉強法をチェックし、

出席者同士で情報交換してモチベーションを上げ、

翌々週の正月休み(の隙間時間)を英語漬けにしてみてはいかがでしょう。

Tags :
大学生・社会人
ソーシャルブックマーク:

2010.11.17 10:05

先日、公務員試験に合格した学生の方々に取材する機会がありました。
取材を受けてくださった方々は全員、Z会の公務員講座を利用して合格
した方々です。

就職活動は友人と情報交換しながらになりますので、公務員予備校に
通った人たちとの比較のお話も聞けました。


そのなかで公務員試験に限らず一般に
採用試験で最も大切な面接の対策と、
その面接の元となるエントリーシート
について、合格者からいただいたのコメントをいくつかご紹介いたします。


 ※Z会の公務員講座では面接とエントリーシート対策は
  テキストと動画講義で学習し、その後エントリーシートを
  提出、添削を受け、再提出を通してESをブラッシュアップ
  します。


◆エントリーシート(ES)について。

予備校に通っていた友人に聞くと、スクールの場合はなまじ講師が
学生を知り過ぎているから、場合によっては学生が書いたESの内容を
否定して、「君はこういうことを書いた方がいい」というような指導をする
ケースがあるらしい。

またスクールによっては、ESはA判定とか、E判定とかの"判定のみ"で、
どこがどう悪い、どこをどう発展させるべきというようなアドバイスがない
学校もあったようだ。

Z会のESの添削は書いた内容を否定するのではなく、「このエピソードを
こう膨らませれば、読む人に、あなたのことが伝わりやすい」とか「この
点については、こういう質問がくる可能性があるので、自分の中で更に
考えを深めておくこと」のようなアドバイスがあり、指摘が自分の書いた
ESの改善と発展につながるものだった。

このようなESの指導は、対面でなければならない必然性はないと思う。



◆面接対策について

友人同士で模擬面接をしあって悪い所を指摘しあって、自身満々で
面接に臨んで鼻っ柱を折られて帰ってくるというパターンが、友人たちを
見ていると、とても多かった。

予備校でやる模擬面接にしても、模擬面接はあくまでも"模擬"面接。
「それによって一緒に働く人間をピックアップしよう」という真剣勝負の
面接とは、まさに竹光と本身ぐらい次元が違う。

面接対策については結局、本番の場数を踏むしかないと思う。

その点Z会の面接対策のテキストは、面接で出される質問の本質的な
ポイントや、解答ストーリーの組み立て方など、集団討論における立ち
位置の取り方などが解説されており、模擬面接を何回もやるより、よほど
役にたった。



というわけで、Z会の公務員講座の良いところがいっぱい聞けた
取材となりました。カエル

ESの内容を否定して「君はこういうことを書いた方がいい」
いうような指導とか、
提出されたESに"判定をつけるだけ"とか、我々Z会からすると
信じられないですけど、、、、、そういう予備校はホンノ一部だと思いますが、
どこのサービスを選ぶかは、大切ですね。

取材した内容は、来年のパンフレットに掲載いたします。

Z会の公務員講座紹介のページはコチラです。

Tags :
大学生・社会人
ソーシャルブックマーク:

プロフィール

プロフィール画像
資格取得や自己啓発の情報を発信
TOEIC・TOEFL対策、資格・公務員試験対策、大学院入試対策をサポートする「Z会キャリアアップコース」のスタッフブログ
TEL:0120-919-996
OPEN:月曜日~金曜日 午前9:00~午後5:30(年末年始を除く祝日も受付)~

カレンダー

<<   2010年11月   >>
  01 02 03 04 05 06
07 08 09 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

月別アーカイブ