Z会キャリアアップコースBLOG

語学、就職、公務員試験、大学院進学、資格取得など自己啓発やキャリアアップに関する情報を発信します。
Z会ブログトップへ

2019.07.25 09:42

全国的には梅雨明けしたところも増えてきましたが、

ここ静岡はまだ梅雨の最中。とは言え雨は降っておらず蒸し暑いです。

皆様、熱中症にはくれぐれもお気をつけください。

 

結語、件名、本文と滅茶苦茶な順番で書いてきましたが、

本日は日本語の「拝啓」や「前略」に当たる「頭語」です。

 

本文の冒頭でDear ~ の形で書かれることが多いですが、

Dear をつけない場合もあります。

相手との間柄や状況などに合わせて使い分けるとよいですね。

 

 

■ 改まった間柄や初めてメールを送る相手の場合

相手の名前がわかっている場合は

Dear+敬称(Mr., Ms. など)+相手の姓(family name)」の形を使います。

Dear Mr. Green:

 

敬称(Mr., Ms. など)に続けて相手の名前を書くのは間違い。

× Dear Mr. Mark:

 

「Dear+敬称(Mr., Ms. など)+相手の姓名(full name)も

一般的ではないので、避けた方がよいでしょう。

△ Dear Mr. Mark Green:

 

■ある程度親しい間柄の場合

「Dear +相手の名前(first name)」の形を使います。

Dear Mary:        

 

■同僚や気軽な間柄の場合

「Hi+相手の名前(first name)/Hello+相手の名前/相手の名前」などを使います。

これらはかなりカジュアルな形式です。

Hi Yoko:

Hello Tom:          

Alice:    

 

日本では、親しい間柄であっても職場の同僚などに対しては

姓(family name)を用いることが多いですが、

英語では名前(first name)を使うことが多く、

むしろ親しい人を姓で呼ぶとよそよそしいと感じられることも。

 

■ 相手の名前や性別がわからない場合/複数の相手に送る場合

初めて取引をする会社宛にメールを送る場合などの

頭語の表現は、何パターンか覚えておきたいところ。

 

一般的なのは

Dear Sir or Madam:

 

上記の例は相手が特定されずあいまいなので、

部署名や役職名がわかるのであれば

できるだけ具体的に記すとよいでしょう。

Dear Sales Manager:

 

名前を特定しないで複数の相手に送る場合は

Dear Customer:(お客様へ)

Dear all:(皆様へ)

Hi everyone:(皆さんへ)

 

頭語の後ろはコロンかコンマかピリオドか…?

通信講座の受講生の方から時々質問がありますが、

アメリカ式ではコロン(:)、

英国・欧州式ではコンマ(,)をつけるのが一般的と

されていますが、厳格なルールではありません。

 

通信講座「英文ビジネスEメール」講座では、

実務経験豊富な添削指導者が、1つ1つの答案を

場面を踏まえて丁寧にブラッシュアップします。

具体的な表現をチェックしてほしい…というご要望を

お持ちの皆さん、是非一度お試しください。

 

講座テキストは、実例・表現集としても大好評の

『英文ビジネスEメール 実例・表現1200[改訂版]』Z会編集部

Eメール

 

英文メールの書き方 1分間レッスンBack Number

1 締めくくりはSincerely?

2.Eメールの件名、それでOK?

3.英文Eメールの本文 7つのポイント

 

Tags :
大学生・社会人
英文ビジネスEメール
ビジネス英語
ソーシャルブックマーク:

2019.07.18 13:42

7月も半ばをすぎ、そろそろ梅雨明けが近づいてきたでしょうか。

さて本日は英文Eメールの本文のポイントを7つのご紹介します。

1分では終わらない気がしますが、お付き合いください…。

 

1.視覚的に読みやすいような配慮を。

メールを受け取った相手が読みやすいよう、左寄せで、

あらかじめ適当な長さのところで改行するようにします。

意味の切れ目も考慮しながら1行の長さを60 ~ 70 字

(日本語だと30 ~ 35 字)程度で収まるようにしておくとよいでしょう。

 

2.内容はできるだけ簡潔に

要点だけの短いメールではそっけなく相手に対して失礼では…

と考えてしまうかもしれませんが、

忙しいビジネスパーソンには逆に長い文書の方が歓迎されません。

 

3.日本的儀礼は不要

英文ビジネスEメールには、日本人同士のやり取りでよく使われる

「いつもお世話になっております」のような

社交のあいさつを書く必要は基本的にありません

 

4. I とWe の使い分け

基本的に自分が個人としての立場で意見などを述べるのであればI ~(私は~)を、

会社を代表して何かを伝えるのであればWe ~(弊社は~)を使う

と考えるとよいでしょう。

(例)

I hope for the success of the lecture.

(講演会のご成功を願っております。)

We appreciate your kind consideration.

(よろしくご検討のほどお願い申し上げます。)

 

5.3部構成 その1「書き出し」

「書き出し」「主文」「結び」の3つに分けて構成を考えていくと

比較的スムーズに進めることができます。

 

「書き出し」では簡単なあいさつなどを書きます。

初めて送るメールでは自己紹介、

2回目以降のやり取りでは軽めのあいさつやメールのお礼、

メールの用件などを端的に記しましょう。

 

6.3部構成 その2「主文」

依頼事項や確認事項、提案事項などEメールの主題を書く部分。

相手の立場に立ち要点を押さえた内容となるように心がけましょう。

相手に具体的な行動を促す場合は、

その方法や期限を明示しましょう。

 

7.3部構成 その3「結び」

Eメールを締めくくる部分で、

用件の確認、念押し、対応を促す、

などの働きをします。

相手によい印象を与え、円滑な関係へとつなげることを

念頭に置いて書くとよいですね。

(例)

I ask for your kind cooperation.

(ご協力のほどよろしくお願いいたします。)

We look forward to your reply.

(ご回答をお待ちしております。)

 

通信講座「英文ビジネスEメール」講座では、

実務経験豊富な添削指導者が、1つ1つの答案を

場面を踏まえて丁寧にブラッシュアップ。

 

Eメール

 

 

 

 

テキストは、実例・表現集としても大好評の

英文ビジネスEメール 実例・表現1200[改訂版]

 

amazonのビジネス英語部門で上位をキープ!

 

 

 

 

 

E63E英文メールの書き方 1分間レッスンBack NumberE63E

 

1 締めくくりはSincerely?

2.Eメールの件名、それでOK?

 
Tags :
大学生・社会人
英文ビジネスEメール
ビジネス英語
ソーシャルブックマーク:

2019.07.08 17:55

Eメールを書く時、件名をどうするか迷うことは多いと思います。

自分がEメールを受け取る場合を考えてみるとよいのですが、

たくさんのメールを受け取った時には

件名をざっと眺めて重要そうなものから開封しますよね。

 

Information (お知らせ)

Hi there(やあ、こんにちは)

 

のような、抽象的で漠然とした件名は相手の目にとまらずに

見過ごされてしまったり、悪くするとスパムメールE704と間違われて

しまう可能性もあります。

 

相手の方のスムーズな対応を引き出すためには

メールの内容が一目でわかる、

具体的で簡潔な件名をつけることが大切です。

 

例えば

 

Order for LCD TV T-987   液晶テレビT-987の注文

Farewell Party for Ms. Yoko Tanaka タナカヨウコさんの送別会

Project meeting on March 5th        3月5日の企画会議

Invoice number 2580 請求書番号2580

Notification of summer vacation period 夏期休業のお知らせ

 

などなど。

 

簡潔に、でも簡潔にしすぎて具体性がないのもNG

バランスが難しいですね。

 

通信講座「英文ビジネスEメール」講座では、

実務経験豊富な添削指導者が、1つ1つの答案を

場面を踏まえて丁寧にブラッシュアップします。

決められた設定だけなく、自分が遭遇しそうな自由な設定で

書くこともできます。

いつもちょっと不安を抱えながら英文Eメールを書いている皆さん、

是非一度お試しください。

 

「英文ビジネスEメール」講座の詳細はこちら

 

英文メールの書き方 1分間レッスンBack Number

 締めくくりはSincerely?

 

Tags :
大学生・社会人
英文ビジネスEメール
ビジネス英語
ソーシャルブックマーク:

2019.07.05 09:44

近頃は、紙のお手紙を書く機会はめっきり減ったけれど、

Eメールを書かない日はない…という方は多いのではないでしょうか。

 

友人とのやりとりならば気軽に書けるけれど、

ビジネスのメールは気を遣うので時間がかかる、

ましてや英文Eメールともなれば、

あれこれ調べているうちに膨大な時間を費やしてしまう

 

そんな悩みを解決する第一歩は「型」を身につけること。

 

「型」のひとつが結びの言葉。

日本語の手紙の「敬具」や「草々」にあたる部分です。

学生時代に習ったSincerelyを覚えている人は多いと思いますが、

他にもいろいろな表現があります。

通信講座の受講生の方からも「どれを使うのがよいか迷った」という

感想が寄せられることが多い結語(Complimentary Close)、

丁寧さの度合いに応じていくつか覚えておくとよいですね。

 

■改まった間柄の場合 (フォーマル度が高い順に)

Respectfully yours,(アメリカ式)/ Yours respectfully, (英国・欧州式

Truly yours, (アメリカ式)/ Yours truly, (英国・欧州式)

Sincerely,

(With) Best regards,

 

■親しい間柄の場合

All the best!(ごきげんよう!,さようなら!)

By for now, (では。)

Have a nice [good] day [weekend]!  (よい1日[週末]を!)

Keep in touch, (またメールをください。)

Take care!  (お大事に!)

Talk to you soon, (またすぐにメールします。)

Thanks, (ありがとう。)

 

 

通信講座「英文ビジネスEメール」講座では、

「型」はもちろん、文法・語法的な誤り、

ビジネスEメールとしての適切さについても

実務経験豊富な添削指導者が丁寧にブラッシュアップします。

英文Eメールを書くのに時間がかかって苦労している皆さん、

一段レベルアップして迷わずメールを書けることを目指しましょう。

 
講座の詳細はこちら
講座のテキストはこちら
Email
Tags :
大学生・社会人
英文ビジネスEメール
ビジネス英語
ソーシャルブックマーク:

2019.06.27 16:52

6月も終わりに近づいてきました。

2019年も半分が終わろうとしています。

(時間が過ぎるのは恐ろしいほど早いですね。)

この半年、思うように頑張れなかったという方、

後半で巻き返すため、まずは目標を立て直しましょう。

 

●英文メールを書くのに時間がかかってしまうのをなんとかしたい!

 →「英文ビジネスEメール」講座

 

 ベストセラー『英文ビジネスEメール 実例・表現1200』を

テキストに使用しています。

Email

 

「書く前にチェック!的確に書く技術」では、

間違いを含んだメールを題材に、

誤りやすいポイントと具体的な改善点を提示。

 

つまづきポイントを押さえた上で、Eメールを作成して提出すると、

文法・語法的な誤り

だけでなく

ビジネスEメールとしての適切さについても

実務経験豊富な添削指導者が丁寧にブラッシュアップします。

 

 

●言いたいことを的確に表現できるようになりたい!

 →「実践ビジネス英語―伝える力を最大化するFunction16―」講座

 

依頼する」「意見を述べる」「報告する」などの

Function(機能)に基づき、適切な表現を学習しながら、

実践力を添削指導の中で身につけることができます。

 

課題提出は全4回。

Eメールの他、プレゼンテーションの台本、議事録の作成をします。

 

さらに今なら、ビジネス英語講座をお申し込みいただいた方全員に、

英会話書籍『英会話 Quick Response』をプレゼント!

 

ビジネス英語講座+英会話 Quick Responseで

コミュニケーションのための英語力を鍛えましょう!

 

書籍プレゼントキャンペーンは、Web申込限定、

期間は【6月30日(日)】まで。

 
Tags :
大学生・社会人
英文ビジネスEメール
ビジネス英語
ソーシャルブックマーク:

2019.06.18 13:47

昨日は動詞の使い方でよくみられる間違いを紹介しました。

今日は単語の組み合わせ(コロケーション)に関して

間違いやすい表現です。

 

○ expensive car(高級車)

○ expensive clothes(高価な衣類)

 

とは言いますが、

cost  や price のような語を修飾する場合は

expensive は用いられません。

 

× expensive cost 

○ high cost 

 

その他の、誤りやすい組み合わせの例としては

「数が多い」という場合の

 

× many number 

○ large number 

 

などもあります。

 

 

自分が使っていた表現、大丈夫だったかしら、

と少し不安になった方、一度第三者の視点で

チェックしてもらってはいかがでしょうか。

 

Z会の英文ビジネスEメール講座では、
1人ひとりの答案を添削者が丁寧に指導。
コロケーションのおかしな箇所も見逃しません。

 

今なら、ビジネス英語講座をお申し込みいただいた方全員に、
英会話書籍『英会話 Quick Response』をプレゼント!
 
ビジネス英語講座+英会話 Quick Responseで
コミュニケーションのための英語力を鍛えましょう!
 
書籍プレゼントキャンペーンは、Web申込限定、
期間は【6月30日(日)】までです。
 
講座詳細はこちら
 
Tags :
大学生・社会人
英文ビジネスEメール
ビジネス英語
ソーシャルブックマーク:

2019.06.17 15:30

業務上、英語でEメールを書く機会がある方、

増えていることと思います。

多少間違っていても伝わればOK…ということもあるかもしれませんが、

言葉によって伝わるのは、事実情報だけではありません。

あなた自身の印象も同時に相手に伝わっているのです。

 

さて、「あなたの仕事を手伝う」ですが、

help という動詞は手伝う相手(人)を目的語にとって、

help you with your work 

という使い方をします。

日本語をそのまま英語にしてhelp your work と表現したくなりますが、

これは誤りです。

言いたいことはわかってもらえると思いますが、

相手に「ん? 変な表現を使っているな」と思われることのないよう、

正確な表現を心がけたいですね。

 

同様に「こちらのアドレスにご連絡ください」というような場合、

× contact this address 

○ contact me at this address 

となります。

 

正しいと思って書いていたけれど実は間違いという表現、

他にもあるかもしれません。

自分で書いたEメールに誤りがあるかどうか、自分で

見直してみても気がつきにくいものです。

「英文ビジネスEメール講座」では、第三者の視点で

チェックしてもらうことで、効率的に正しいEメールを

仕上げることができます。

 

我流に少し不安を感じている方、一度試してみては。

 

今なら、ビジネス英語講座をお申し込みいただいた方全員に、
英会話書籍『英会話 Quick Response』をプレゼント!
 
ビジネス英語講座+英会話 Quick Responseで
コミュニケーションのための英語力を鍛えましょう!
 
書籍プレゼントキャンペーンは、Web申込限定、
期間は【6月30日(日)】までです。
 
講座詳細はこちら
 
★ブログback number

あなたの英文メールを添削指導でブラッシュアップ ~英文ビジネスEメール~

使える英語を身につける~【ビジネス英語講座】英会話書籍プレゼントキャンペーン実施中~

 
Tags :
大学生・社会人
英文ビジネスEメール
ビジネス英語
ソーシャルブックマーク:

2019.06.13 08:20

Z会の添削はマンツーマンの個別指導。
英文ビジネスEメール講座でも、
1人ひとりの答案に添削指導者が向き合っています。
 
提出課題はメールの主旨や書き出しが指定された
「場面指定」タイプの他、自由に場面を設定できる
「自由」タイプも。
つまり、実際の業務でメールを書かなければならない時、
その文面を課題として提出して添削指導を受けることも
できるのです!
 
自由タイプには、こんな事例も。
E750「社内研修の講義の講師変更の設定です。
単数・複数、役職名、専門分野の書き方等、
単語選びに時間がかかりました。」
 
E743「会社を退職することになったので、海外の同僚に向けた
退職の挨拶を作成しました。短い文章だと味気なくなってしまう
ので、感謝やお詫びを含めて140語程度で作成しました。」
 
E662「輸出企業担当者が、WEBを使って業者へ集荷の依頼をする、
という流れがうまく伝わるか不安なところがあります。
業界内の細かな話題になってしまったかもしれません。」
 
自由タイプでは、ネイティブスピーカーによる英語の指導
選択することもできます。
こちらは感想欄に書かれた、ネイティブの添削指導者への
メッセージ(日本語も理解できる先生です)。
 
E740「今回は以前より具体例なども増やして文章を書きました。
その分、文法ミスやコロケーションでおかしなところも
あるかもしれません。
英語としてあまり言わない、これは伝わりにくいと思った
ところがあればご指摘して頂きたいです。」
 
こうした課題がどのように添削指導されるのか、は
是非ご自身で体験してみてください!
 
講座詳細はこちら
 
今なら、ビジネス英語講座をお申し込みいただいた方全員に、
英会話書籍『英会話 Quick Response』をプレゼント!
ビジネスで使える基本例文を使って、
英会話の基礎トレーニングを行う書籍です。
 
ビジネス英語講座+英会話 Quick Responseで
コミュニケーションのための英語力を鍛えましょう!
 
書籍プレゼントキャンペーンは、Web申込限定、
期間は【6月30日(日)】までです。
 
Tags :
大学生・社会人
ビジネス英語
ソーシャルブックマーク:

2019.06.01 09:31

TOEICではそこそこのスコアがとれるけど、
「書く」「話す」となると尻込みしてしまう…という方、
多いのではないでしょうか。
それはズバリE704トレーニングが足りないE704からです。
 
Z会のビジネス英語講座では、
目的に合わせた効果的なトレーニングで
学生時代から培ってきた英語力を
使える英語に変換します。
 
英文ビジネスEメール講座では、
 
  実際に書いてみる(まずは書く!とにかく書く!
       ↓
  第三者の添削指導を受ける(ダメ出しを受ける
 
を繰り返すことで、ビジネスEメールの型と表現を
手に馴染ませることができます。
 
実践ビジネス英語講座では、五感をフル活用!
 
 聞く(耳から学ぶ
       ↓
 読む(目で見て学ぶ
       ↓
 音読(口を使う
       ↓
 書く(手を使う
       ↓
 添削指導(ダメ出し!
 
で、さまざまなビジネスシーンで使える表現の型と表現を
身体にしみこませます。
 
さらに今なら、ビジネス英語講座をお申し込みいただいた方全員に、
英会話書籍『英会話 Quick Response』をプレゼント!
bb5d4435bc839c80fb04c0319596353d773986b8.jpeg
 
英会話 Quick Response』は
「Z会のビジネス英語シリーズ」最新刊。
ビジネスで使える基本例文を使って、
英会話の基礎トレーニングを行う書籍です。
英会話の上達に不可欠な「地道な基礎練習」を、
できるだけ実際のシーンに近い形で効率的に、
モチベーションを保ってやり抜ける工夫が満載。
 
ビジネス英語講座+英会話 Quick Responseで
コミュニケーションのための英語力を鍛えましょう!
 
書籍プレゼントキャンペーンは、Web申込限定、
期間は【6月30日(日)】までです。
 
Tags :
大学生・社会人
書籍
英会話
英文ビジネスEメール
ビジネス英語
ソーシャルブックマーク:

2018.08.16 10:46

8月E63Eももう中旬ですね。

暑い暑いというだけで夏が終わってしまわないようにE757

できれば後半は楽しくE672過ごせたらと思っていますE6FA

 

今回は、ビジネス英語を受講されたTさん体験記をご紹介します

Tさんは、仕事で米国や取引先とメールのやり取りを英文で対応する必要があり、

英語に苦手意識E72Dがあったため、

英文ビジネスEメール講座を受講されました。

 

大学受験のときに、英語を学習していても、

仕事で使うとなると、慣れが必要ですし、

本当に正しいのかが不安になりますよね。

 

たとえば、こんなメールを英文ですらすらかけますか?

 

--------------------------------------------------------

○○様

 

いつもお世話になっております。

Z会の▲▲です。

 

先日はお忙しいところ、打ち合わせのお時間をいただき、

ありがとうございました。

打ち合わせの内容をまとめましたので、

添付ファイルにてご確認ください。

 

よろしくお願いいたします。

--------------------------------------------------------

 

私は、たぶん1時間以上、悩むE6F2と思います。

打ち合わせの内容?添付ファイル?すんなり単語が思いつきませんE722

作成した英文が、正しいのかどうかも不安E706です。

効率悪いE725ですよね。

 

ビジネスEメール講座は、添削指導がありますので、

自分で作成したメールの

良いところ、ダメなところを指摘してもらえます

Tさんも初めは英語に拒否反応があったそうですが、

添削課題をこなすうちに、添削の先生からのアドバイスやコメントが楽しみになり、

苦手意識を克服できたE704そうです。

そして次はスピーキングにも挑戦したいE702と意欲的な発言もE702

今後も英語力を向上させて、活躍の場を広げていってくださいE702E702

 

E6ECTさんの体験記

 

ビジネス英語講座は、

英語の学習の中でも特にビジネスで使用することに特化した講座なので、

業務の効率化にもつながるおすすめな講座です。

仕事で英語を使うことが増えそうな方、実際困っている方、

ビジネスに活かせる英語力を高めませんか?

 

E71Aビジネス英語講座の詳細こちら

Tags :
大学生・社会人
英語
ビジネス
ビジネス英語
ソーシャルブックマーク:

プロフィール

プロフィール画像
資格取得や自己啓発の情報を発信
TOEIC・TOEFL対策、資格・公務員試験対策、大学院入試対策をサポートする「Z会キャリアアップコース」のスタッフブログ
TEL:0120-919-996
OPEN:月曜日~金曜日 午前9:00~午後5:30(年末年始を除く祝日も受付)~

カレンダー

<<   2019年08月   >>
        01 02 03
04 05 06 07 08 09 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ