Z会キャリアアップコースBLOG

語学、就職、公務員試験、大学院進学、資格取得など自己啓発やキャリアアップに関する情報を発信します。
Z会ブログトップへ

2010.12.21 17:06

かつてZ会webサイトに掲載していた人気シリーズ
「キャリアのつくり方」
今回は不動産会社を経営する寺島俊郎さんのお話を、
2回に分けて再掲いたします。



 ◆寺島 俊郎さん(宅地建物取引主任者)
 長野県生まれ。兄の経営する会社で営業販売を経験した後、不動産会社に
 勤務。2004年7月に独立し、静岡県三島市内において不動産会社を経営。
 宅地建物取引主任者資格は1988年に取得。
 ※肩書き等は取材時のものです。


◆宅建には働きながら、半年余りの勉強期間で合格

 現在私は不動産業全般の仕事をしています。主にはアパートやマンション、店舗など賃貸物件の斡旋を取り扱っています。

 私はこの仕事する前は外国製品の営業販売をやっていました。営業も楽しかったのですが、不動産業を営んでいる親戚に不動産業の楽しさを聞くことがあり、「宅建の資格を取っておくべきだ」とアドバイスを受けたことがきっかけで、不動産業に興味を持ちはじめました。
 その後、不動産会社に転職したんですが、働きながらの半年余りの期間、資格の勉強をして、その年の試験で宅建資格を取得しました。


◆宅建資格は不動産業には必須

 不動産業を取り扱うならば、宅建資格は必須のスキルです。メインで業務をされている方はたいてい資格を取得されていると思いますが、本人とは別に宅建資格取得者を雇い入れるという形でお仕事をされている方もいらっしゃいます。また、中には宅建資格と共に、1級・2級建築士やマンション管理士、測量士などの資格を取得されて、活躍されている方もいらっしゃいます。

 不動産に関係する様々な資格を幅広く持って、メイン業務として不動産業を行う方は少なくないですね。不動産に関する知識は多岐に渡りますから、どこを専門とするかによって必要な資格は異なります。
 仕事の幅を広げていくとなると宅建だけでなく、それに関連する様々な資格が必要となってきますから、将来独立を目指そうと考えるならば、会社に勤めている時に様々な資格にチャレンジした方がいいと思いますよ。やはりそれが仕事においての自分の強みになりますからね。


◆物件を介して大家さん、お客様に喜んでもらえる仕事。自分も嬉しい

 この仕事をしていて一番の喜びであり、やりがいはやはり物件が決まる時に感じますね。大家さんには喜んでもらえ、お客様も条件に合った物件に出会えて喜んでもらえる。また、私も本当にうれしいですし、みんな喜べますからね。また、ビル全体とかを契約してもらえるような大型物件を取り扱えたりした時は達成感も大きいです。

 中には難しい条件を希望されるお客様もいらっしゃいますが、諦めず根気強くやった結果、希望物件が見つかり、決まった時の達成感は最高です。
 物件を紹介したお客様からまた違うお客様を紹介していただいたり、住み替えでお客様がリピートしてくださったりすることも少なくないですが、そういったつながりが生まれるのは本当にうれしいことですね。そういったことがあると、ますます一生懸命紹介させていただこうと頑張れます。

 この仕事は「貸す側」と「借りる側」の両方からの依頼がないと成立しない仕事です。そういう意味で、「モノを売る」というような商売とは性質が異なりますし、ちょっと特殊な仕事なのかもしれません。

つづく
Tags :
大学生・社会人
公務員・就職・資格・大学院
宅建
ソーシャルブックマーク:

プロフィール

プロフィール画像
資格取得や自己啓発の情報を発信
TOEIC・TOEFL対策、資格・公務員試験対策、大学院入試対策をサポートする「Z会キャリアアップコース」のスタッフブログ
TEL:0120-919-996
OPEN:月曜日~金曜日 午前9:00~午後5:30(年末年始を除く祝日も受付)~

カレンダー

<<   2019年12月   >>
01 02 03 04 05 06 07
08 09 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

月別アーカイブ