2020.02.19 09:46

 私は特別神経質な人間だとは思っていませんが、たとえば財布の中のお札は同じ向きに揃えています。これはもう何十年もそうしていて、裏表も上下もぜんぶ同じ方向に揃えている。長いこと当然ではないかと思っていたのですが、あるとき友人に「そんなこと考えたこともなかった」と言われて、皆さんがそうではなかったのかと意外に感じました。
 お札の顔は下向きにしておいたほうがお金がたまるという説を聞いたことがあります。恥ずかしがって財布から出ていきたがらないからだそうです。
 
 いくら何でもそれは迷信だと思いますが、相手の方にお札で支払うとき顔を下向きにしておいたほうが正面を向けて支払いやすいということに気づいてから、私もまたお札の顔は下向きに並べています。
 そんなものなのかな? と感じるのは、銀行でお金をおろすときですね。ATMでおろすとお札の向きがめちゃくちゃになっていることがよくあります。同方向に揃って出てくるときのほうが珍しい。
 
 こういうのはお金を補填しておく方が同方向に揃えたいと考えないのかなという気持ちになります。私がお店でお支払いするときでさえ、すべてのお札を同じ向きにしてさっと出しますが、それはある意味で礼儀だと思うのでそうやっているわけです。ATMでお金をおろすのは基本的に銀行を使うお客さんですから、私が責任者であればできるだけ揃えてあげようよぐらいの提案はするのではないかと思います。
 せめて裏表ぐらいは揃っていないと、みっともないでしょう。
 
 昔、こういうことがありました。ATMでいくらかおろしたところ、1枚だけ破れてくしゃくしゃのお札が出てきました。感じが悪いので、そのお札は機械にもどして新しいお札を出そうとした。ところがーーはでに破れているせいかーー機械に入らないのです。何度やってももどってきてしまう。
 仕方がないので「こんなお札が出てきてしまったので」と窓口のほうにいくと「並んでください」と注意されました。「破れているお札の交換をお願いしたいだけです」と言ったのですが、順番ですとけっこう待たされました。
 
 あれは何となく理不尽な思いがしました。ATMではもともと選びようがないではないですか。ひどいお札が出てきたうえに、それを取り換えるために窓口に並ばないといけない。せいぜい10分程度ですが、何となくですね。
 
 
Tags :
幼児・小学生
中学生
高校生
高校受験
ソーシャルブックマーク:

プロフィール

プロフィール画像
長野先生
35年以上、中学生を教え続けてきました。生徒たちが日々の学びを通じて大きく成長できますように明るいヒントを発信していけたらと思います。

カレンダー

<<   2020年02月   >>
            01
02 03 04 05 06 07 08
09 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

新着記事

月別アーカイブ