2020.01.19 06:29

 保護者会でもお話をはじめたので、ブログにも書いておこうと思います。煩雑でわかりにくくなるといけませんので、なるべくシンプルに事実関係を書きます。
 この春で私は退職することになりました。何かやらかしたわけではないですよ。単純に年齢の関係です。春以降まで残ると次の年度の途中で引く規定になってしまう。現場にいながら途中退出はさすがにまずいでしょう。
 身分的には3月まで社員であるそうなのですが、教室は3月から新年度ですから、3月上旬の入試の合否発表のあたりで基本的には引こうと思います。
 
 同時に社員の形で書かせていただいていたこのブログもおしまいになります。いままでは会社(の方たち)がぜんぶお膳立てしてくださっていて、私はただひたすら文章を書くだけですみました。そうしたさまざまなことを個人でやる能力や才覚は残念ながらありません。静かに終わることにします。
 もともと隠者として生きたいという気持ちも強いので、個人的にどんどん露出していく生き方はちょっと本音と違ってしまうということもありますかね。
 
 何かしら文章は書いていくでしょうが、文芸的なものを書くぐらいでしょうか。まあ、そちらは日の目を見ることはなくても、私個人の中で完結できればある種満足でもあるのです。
 退職後も先生としては使ってくださるということでしたので、3月からはいくつかの教室で授業を担当させていただくことになりました。別の形で教えることも可能にはなりますが、とくに予定しているものはありません。
 
 渋谷教室はいままで一緒にお仕事をさせていただいていた国語科のY先生が教室長になります。彼は若いですが(若いからと書くべきかな)、非常に能力が高く生徒に人気があります。毎日毎日隣席の彼のところにたくさんの生徒が質問などで来てくださる光景を見てきました。上の方から次の教室長に現時点でどなたがいいだろうと打診されたときは、迷わずY先生を推薦しました。
 また本部からS先生という英語科の若手の実力者が副教室長としていらっしゃることになっています。教材も作られている先生で、渋谷教室自体は盤石です。
 
 3月度は基本的に有給休暇をいただく(消化する?)つもりですが、授業は休暇も何もないので1日から淡々と展開していきます。講演会は2月2日の町田教室、2月29日の川越教室が終わると当分機会はないと思います。ブログそのものはどうなるのだろう? おそらくしばらくは残されていると思いますが、4月には完全に私の手を離れます。コメントなどもできなくなるかもしれません。
 残り少ない日々ですが、いましばらくおつきあいください。
Tags :
幼児・小学生
中学生
高校生
高校受験
ソーシャルブックマーク:

プロフィール

プロフィール画像
長野先生
35年以上、中学生を教え続けてきました。生徒たちが日々の学びを通じて大きく成長できますように明るいヒントを発信していけたらと思います。

カレンダー

<<   2020年01月   >>
      01 02 03 04
05 06 07 08 09 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

新着記事

月別アーカイブ