2020.01.08 09:23

 今年の2月にふたつの教室でお話させていただくことになりました。2月2日が町田教室、2月29日が川越教室。新しい教室ができるたびに何となく呼んでいただいていろいろお話してきました。
 勉強のことより、むしろどうやって成長していくのが望ましいか・・・みたいな内容になってしまいます。この2回を終えるとしばらくお話する機会はなさそうなので、いままでのまとめでもあるかなと考えています。
 
 世の中、幸せではないという人が多い。生徒という意味ではないですよ。周囲の大人を見ていてそう感じることがしばしばあります。人生は終わることのない悲しみや苦痛の連続にすぎないと認識されている方がたくさんいる。
 おそらく知人がーーくわしくは書きませんがーー昨年自ら生命を絶っています。確かめようがないことですし勘違いであればいいのですが、あることからそう想像できる。しかし、つらいこと苦しいことの連続こそが人生であるという認識は、あくまでもご本人の印象にすぎないと思います。
 
 そう痛感されるのはその人間の責任ではなく、あまりにもその種の教育(と呼べるのかどうか)を受けてきたからでしょう。徹底した悲観主義教育ですね。悲しくて切なくて苦しくてつらいことばかりだぞと繰り返し教えられてきた。露骨に教えられなくても、少なくともそう示唆されてきた。
 周囲の人間も悪気があるわけではない。ご自身がそういう連鎖の中で育ち、よかれと思って目下の者に伝えてしまう。「このままいったら大変なことになるぞ」「生存競争に敗れたら終わりだぞ」と。
 
 もちろんうまくいかないことはあるかもしれません。それが受験であったり恋愛であったりお金儲けであったりする。ただ、ひとつの扉が閉ざされれば、逆に開く扉も無限に生まれてくるとも考えられます。
 わかりますか? 行きたかったA校に失敗してしまったら、A校以外の無数の学校に進める可能性、そこで考えもしなかった濃密な人間関係に恵まれる可能性が生まれてくる。そうしたところにすぐに光をあてられる強靭な精神力こそが幸福の原動力なのです。
  失意の感情を味わうのは悪いことではありません。仮に涙を流すことがあっても、光が見えていればその情緒は非常に美しい。
 
 結論が「人生は何もかも思うようにならない苦難の連続でいいことなんかひとつもない!」となってしまってはいけないのであって、どの瞬間も「私は新しい扉をたくさん開く自由を得た。うんと冒険して予定通りではない人生の妙味を味わい尽くしてやる」とご自身の中に希望の灯をともせる人間へと導いていくことこそが、本当の意味での「教育」ではないか。
 ではどうしたらそういう人間に近づけるかということです。個人でご家庭で、希望を灯せる人間へと近づく方法論ですね。そんなお話ができたらと思います。
Tags :
幼児・小学生
中学生
高校生
高校受験
ソーシャルブックマーク:

プロフィール

プロフィール画像
長野先生
35年以上、中学生を教え続けてきました。生徒たちが日々の学びを通じて大きく成長できますように明るいヒントを発信していけたらと思います。

カレンダー

<<   2020年01月   >>
      01 02 03 04
05 06 07 08 09 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

新着記事

月別アーカイブ