2019.07.18 00:56

 昨日の朝刊に10代の自殺者数が過去最悪であるという記事が出ていました。抽象的に書けばお若い方が希望を持てない世の中だということになるとは思いますが、低年齢層になればなるほど自殺理由がご家庭やご両親との確執にあるということでしたので、ここはやはり大人側がきちんと考えないといけないと思いました。
 要するに、追いつめてはいけない。追いつめるというのは、何が何でも1つの価値観で1つの方向に引っぱろうとすることです。努力しろと追いつめる。勉強しろと追いつめる。それは危険です。
 
 私なんかーーこんなのは自慢になりませんがーーきわめて適当な人間で、ぶらぶら生きていればそれでいいような気がするので、自分の子どもに「努力しろ」などと言ったことはありません。適当にやっておきなよぐらいで、かえって息子のほうが「そんなんじゃだめだよ」と奮起していたぐらいです。
 就職のときも、彼は家内に40代半ばではじめて就職した私の話題を出して「お父さんみたいになったら大変だから」と頑張っていたそうです。そのあたりは、まあ人生観の違いもありますね。
 
 いずれにせよ、追いつめないということは本当に大切なことで、私自身子どものころ父から「勉強するのかしないのかお前自身が決めろ!」などと怒鳴られたりしたのですが、そういうのはじつに狡猾で恫喝的なやり方で、やります、頑張りますしか選択肢がない。いまにも鉄拳がとんできそうな雰囲気の中で、ではやめますと小学生が言えるわけがないのです。そしていやいややっていると、あのとき約束したのは誰なんだ? 約束を守れないなら家を出ていけなどと乱暴なことを言われる。毎日毎日そんなでは、自殺したくもなるでしょう。
 
 追いつめないこと、話を聞いてやることは本当に大切です。人間の心の中には、いろいろつまらないゴミが蓄積しているものです。友だちに悪質ないたずらをされればもちろん本気でなくても「ぶっ殺すぞ」と考えたりもする。次第に心の中はゴミ屋敷みたいになってくる。未熟な子どもたちの心の中は、けっこうそういう状態です。
 それを聞いてやることでゴミが減っていく。ただ聞いてやる。ぶっ殺すなどと言い出しても、とりあえずは一生懸命(ここは大切)に聞いてやる。
 
 ゴミ整理やゴミ出しのお手伝いですね。それを途中で言葉をさえぎって「お前はそれだからいつまでたってもだめなんだ」などと余計な意見をするものだから、逆にゴミは増える一方だったりする。
 仮にお子さんを叩いたとしますね。多くの場合、激情にかられてそうしてしまう。大人の社会でいきなりそんな行為に出たら大変なことになりますよ。怒鳴っただけでも大騒ぎになる。それをお子さんにだけは許されると考えるとしたら、やはり不安な要素が出てくるとは思います。
 
 大人の世界で到底許されない行為を持ちこまない礼儀は、子どもに対しても大切だと思います。私たち大人の見識が試されているということです。
Tags :
幼児・小学生
中学生
高校生
高校受験
ソーシャルブックマーク:

プロフィール

プロフィール画像
長野先生
35年以上、中学生を教え続けてきました。生徒たちが日々の学びを通じて大きく成長できますように明るいヒントを発信していけたらと思います。

カレンダー

<<   2019年07月   >>
  01 02 03 04 05 06
07 08 09 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

新着記事

月別アーカイブ