2019.05.29 09:47

 独立していた息子が一時的に(?)もどってくることになりました。彼なりにいろいろと考えるところがあるらしく、転職したいということで何か資格試験の勉強もはじめるようです。私はそのへんの事情は家内経由で聞いています。私自身は息子が中学生のころから彼の生き方になるべく口をはさまないようにしてきたので、基本的にはつねに「賛成」という立場ですね。
 彼は高校も高校時代の塾も大学も就職も、ぜんぶ自分の意志で決めています。いいこともそうでもなかったこともすべて自身の選択なので、落ち着いたものです。
 
 犬がいちばん喜ぶと思います。私も家内も60代で何となく勢いがない部分がある。そこに20代の若者が帰ってくるわけで、散歩のときなんか全力で走ってもらえるぞ! ぐらいに期待しているかもしれません。以前も書きましたが、私にいたっては一緒にベンチに座らせたりしていますからね。座っている犬にあれこれ話しかけてみる(あそこの花を見なさいとか)のですが、犬にしてみれば全然楽しくないでしょう。
 ただ横顔を見ていると目を細めたりしているので、何となく伝わっているのかなと感じるときもないことはない。
 
 息子の荷物が早い時間帯に届くというので昨日はーー邪魔にならないようにーー早めに家を出ました。あんまり非常識な時間帯に教室に来るのもどうかという気がしたので、いつもと違って吉祥寺から井の頭線の各駅停車に乗りました。現在450ページを超える少し分厚い書物を読んでいて、井の頭線の各駅停車はすいていて読書に非常に都合がいいのです。
 さらに神泉駅で下車し、渋谷までひと駅歩いてみました。神泉駅でわざわざ下車するのはたぶん20年ぶりぐらいです。
 
 少年時代、私は友人とこのあたりをうろうろすることがありました。ふだん井の頭線を使っていたのですが、わざと渋谷の手前で下りる。当時の神泉駅周辺は現在より格段にあやしげな雰囲気で、人通りもあまりありませんでした。そういうところが面白くて、路地裏をうろついたりしたものです。
 あたりまえですが、現在はおおいに開けていますね。下車するお客さんが非常に多いのにも驚きました。普通のお勤めの方が大勢改札口を出ていきます。
 
 それでも昔のように路地をうろうろしていたら、路上で寝ているごく普通の服装の男性を3人見ました。若者2人、中年1人。朝の10時すぎでしたから一晩中ということはないとは思うのですが、まあいまでも若干不思議な街ではあるのでしょう。神の泉ですからね。
 
 
Tags :
幼児・小学生
中学生
高校生
高校受験
ソーシャルブックマーク:

プロフィール

プロフィール画像
長野先生
35年以上、中学生を教え続けてきました。生徒たちが日々の学びを通じて大きく成長できますように明るいヒントを発信していけたらと思います。

カレンダー

<<   2019年05月   >>
      01 02 03 04
05 06 07 08 09 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

新着記事

月別アーカイブ