2019.04.14 07:36

 話題にする先生がすでに鬼籍に入られているので書ける部分があります。ご本人が存命であれば書かなかったでしょう。15年ぐらい昔、私と同世代(当時40代後半)の女性講師の方(他塾で教えていらっしゃった)から「じつは結婚したいのだが、いい相手はいないだろうか」という相談を受けました。
 私に相談するのがいいと思われた理由はわかりません。複雑な事情もあるらしく「おばさんの私をもらってくださる方ならどなたでもいい」とおっしゃるではないですか。
 
 お身体をこわされたこともあって、仕事を続けていく自信がないともおっしゃっていました。心当たりがまったくないわけではなかったのですが、細かくお話を聞いてみるとなかなか難しいことがわかってきました。どなたでもいいとおっしゃるわりには、できれば外科医にしてほしいなどという言葉が飛び出してくる。「私にもプライドがありますから」
 その先生は以前ご結婚されていた。そのことはとりあえず隠したまま紹介してほしいともおっしゃる。
 
 ちょっと自分の手に負えそうもなかったので、いわゆる相談所を薦めました。やはりプロにお任せするのがいちばんなのではないですか? と。
 大きな相談所にいらっしゃったみたいですが、あれこれ問題点を聞かされました。「低レベルの相手しか出てこない」「私と釣り合わない男の人を押しつけようとする」「(相手の学歴や職業名を出して)これでは先がない」「容姿が気に入らない」
 はじめは確かに「もらってくださる方ならどなたでも」だったのですが。
 
 ときどき勉強はあまりせずに、とてつもなく高い志望校を口にする子がいます。「夢は大きく」とおっしゃるのですが、そんなハイレベルの学校に入学したら間違いなく毎日猛勉強するしかない。今日の、この瞬間のあなたの生活ぶりで大丈夫なのか? ということになりますよ。
 そのうち頑張るというのは、だいたい全員が考えていることです。やればできるようになるだろうというのも、やらない人全員がぼんやり期待していることです。
 
 いまのあなたと釣り合った現実、いまのあなたと釣り合った未来しか訪れないのだということはよく考えてみてください。本当に素敵な方と相思相愛になりたければいまご自身を心身ともに徹底的に磨くしかないように、本当に高いレベルの学校に進みたいのであれば、いまのあなたを頭だけではなく精神や肉体(身体が弱い方は着いてこられないとおっしゃっている一流高校もあります)も含めて、ふさわしい人格に磨きあげるしかない。夢は漠然と叶うだろうではいけないのであって、そのためにいま何をしているかということが問題です。
 
 本当のプライドは「いま自分は確かにこれをやることで前進している」という部分に置いてください。具体的に何を、どういう意気込みでやっているかということですね。
Tags :
幼児・小学生
中学生
高校生
高校受験
ソーシャルブックマーク:

プロフィール

プロフィール画像
長野先生
35年以上、中学生を教え続けてきました。生徒たちが日々の学びを通じて大きく成長できますように明るいヒントを発信していけたらと思います。

カレンダー

<<   2019年04月   >>
  01 02 03 04 05 06
07 08 09 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

新着記事

月別アーカイブ