2019.04.04 04:50

 困りますよ。犬の話です。先日、事件を起こしました。小さな犬に飛びかかっていった。自宅の前の大きな公園には犬(と飼い主)がたくさん集まっています。そこで飛びかかっていったそうです。
 家内ははじめちょっとふざけているぐらいに見ていた。相手は小型犬で、もこもこした服(?)を着ていた。その服に噛みついたまま持ち上げて左右に振りまわし投げ飛ばした。小型犬はキャンキャン鳴きわめき、飼い主の小学生の女の子まで泣き出してしまったというではないですか。
 
 服は破れてしまいました。家内はうちの犬をとりあえず仲間に預け、女の子のご自宅まで謝りに出向いたそうです。うちのバカ犬が暴れましてお宅さまの大切な犬を投げ飛ばし服も破いてお嬢さんも泣かせてしまいました・・・。いったいいくつ悪いことを重ねているんだよという感じです。
 おばあさまらしき方がご在宅でした。幸いとても穏やかでていねいな方で念のために病院に犬を連れて行かれたあと、何ともありませんでしたとわざわざお電話までくださったそうです。
 
 家内が犬を仲間に預けて謝りに行っているあいだ、うちの犬は家内と離れているのが不安だったようでずーっとギャンギャン騒いでいたらしい。まったく困りますよ。
 不思議なもので、私と散歩しているとき彼女(犬)はけっこう大人しいのです。顔見知りの方が家内が連れているときとは別の犬のようだとおっしゃるので、確かにそうなのでしょう。他の犬に飛びかかっていきそうなときも私は強く「乱暴するなよ」と注意するので、犬なりにわかるみたいですね。
 
 家内は息子が幼いころ、非常におおらかに育てていました。私個人はもうちょっと母親は注意したほうがよいのではと感じることもあったのですが、自分の少年期のように口うるさく干渉されて変にねじれてしまうよりはいいのかなとも思って、静観していました。小学校低学年のころは息子もいまの犬同様乱暴者で、家内どころか私まで複数回呼び出され(公立小学校ですからよほどのことだと思います)たりしたのですが、少年期から現在(25歳)にかけてはきわめて穏やかな優しい子に育ってくれています。
 
 我慢して叱らないというのではなく、家内は子どもに対するいらいらをあまり意識しないタイプだったのだと思います。それはひとつの長所であり、人間を育てていくうえで寛容さは大きな意味のあることだと感じますが、今回は相手が犬ですからね。少し厳しくしつけないといけませんね。けさも家内は相手のお宅に最後のお詫びに行くような話を(昨晩)していましたよ。
Tags :
幼児・小学生
中学生
高校生
高校受験
ソーシャルブックマーク:

プロフィール

プロフィール画像
長野先生
35年以上、中学生を教え続けてきました。生徒たちが日々の学びを通じて大きく成長できますように明るいヒントを発信していけたらと思います。

カレンダー

<<   2019年04月   >>
  01 02 03 04 05 06
07 08 09 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

新着記事

月別アーカイブ