2017.10.14 00:22

 政治的な話題はこれまでも避けてきました。1つには、私はほとんど政治に興味を持ってこなかったのでとりあげる資格がないと考えているからです。よくわからないことを偉そうに語るのはちょっとどうかなという気持ちがあります。そういうのってどの世界でもありそうですね。昔飲み屋さんで「おたく、ロックが好きなんだって? おれも大好きだよ。マイケル・ジャクソン!」と話しかけられ、このあといったいどういう展開にもっていったらいいのだろうと困ってしまったことがあります。そういう困惑を他者に与えたくありません。
 
 ただ選挙のときにはそれなりに応援したい候補者が出てくることがあります。若いときは「無所属で魅力的な女の人」「極端に面白いことを公報に書いている人」「気の毒そうな人」に入れていた時期がありました。この選択ですと、だいたいの方は落選されてしまいます。毎回毎回落選される方ばかりなので、これはもう選挙に行く意味がないやと棄権していた時期もありました。
 前回のアメリカ合衆国の大統領選挙のときにちょっといいことを言うなと感じた候補者がいましたが、その方は党の代表者に選ばれませんでした。そもそも投票もできませんけどね。
 
 具体的には書きませんが、今回の選挙でそのアメリカ人に似たことをおっしゃる政党が出てきました。応援したいので、期日前投票には行くつもりです。いまはネットで街頭演説の様子を見ることができます。そこで非常に面白いことを発見しました。
 ふだん私は街頭演説を見ませんから、こういう手法がどれぐらい流行しているのかはまったくわかりません。ひょっとすると「そんなことも知らなかったのか」と笑われるような気もします。
 
 その党首が演説している最中にかすかに音楽をかぶせているのです。はじめは何かの錯覚かと思ったのですが、間違いなくかぶせている。音楽というよりは効果音みたいなものですね。単音だったり和音だったり、トークの合間にポローンと入る。
 それがじつにじつに心地いいのですよ。音楽とまで言ってしまっていいものなのか心配ですが、要するに音というのはこんなにいいものだったのかという気持ちになります。そしてまたその音が訴えにすごくマッチしています。思想のある音なのです。
 
 授業なんかでもこの手法はありだなと思いましたよ。かすかに音が、メロディーが入る。知っている曲では、逆にそちらに意識を持っていってしまわれるでしょうから、単音でいいかもしれない。
 用言というのは3つあったのを覚えているかね? ポローン。日本人ではじめてノーベル文学賞をとったのは誰だっけ? でまたまた和音。いずれにせよ、こういう効果を考え出す人間という動物は不思議ですね。
Tags :
幼児・小学生
中学生
高校生
高校受験
ソーシャルブックマーク:

プロフィール

プロフィール画像
長野先生
35年以上、中学生を教え続けてきました。生徒たちが日々の学びを通じて大きく成長できますように明るいヒントを発信していけたらと思います。

カレンダー

<<   2017年10月   >>
01 02 03 04 05 06 07
08 09 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

新着記事

月別アーカイブ