2017.10.31 03:17

 ある学校の説明会で、ご担当の先生がご自身がどれだけ頑張って学校のために予算をとってきたかというお話をされていました。事実、そのおかげで学校のすべての設備が本当によくなっています。その先生がいらっしゃらなかったら生徒も先生も保護者の方もまだまだ不自由な思いをされたでしょう。
 予算というのはある程度の覚悟を持たないとどんどん削られてしまうものだと思います。有能な先生であれば、やはり母校のために張り切って主張すべきところは主張していくでしょう。
 
 私ならどうしただろうということをちょっと考えた。おそらくーーというより間違いなくーー私であれば、皆さんも大変でしょうからと母校の利益を主張しなかっただろうと思いました。そして、帰ってきて「みんな大変そうだから我慢してあげようよ」と周囲に告げたでしょう。
 これはもちろん世間で言うところの「無能」ということになるのですが、私はいつでもどこでも相手がどなたであっても譲ってしまうところがあります。
 
 現在の教室でもそうです。数年前に比べて大変になっている部分がある。ひょっとすると教室長の私が強引に抵抗すればそうはならなかったかもしれない。しかし、私は全体のパランスを考えてめったなことでは反論しません。部分(私)は全体(会社という意味ではなくもっと広義の全体)の一部であるからには、全体の意志はそうは間違えてないという変な信仰(?)があり、それでいいとすぐに考えてしまうのです。
 幼いころから私はこうでした。両親はこういう私の性格をいやがり「言いたいことははっきり主張しなさい」とよく注意されました。
 
 言いたいこと? 私にはそもそもそういうものがほとんどなかった。ただ「言いたいことを言いなさい」という他人の意志の中にこれこれこういうことを言ってほしいらしいというものが透けて見えるので、言いたくもないのに何かを主張していた時期がありました。
 現在私の周囲の仲間は私のことをよくわかってくださっていますが、それはまた彼らが私に対して親のように過大な期待を抱いていないからでもあります。他者を冷静に理解するためには距離感が必要なのです。
 
 私は教室の利益を第1に考えています。と同時に私個人の利益と他者である世界全体の利益を第1にも考えています。すべての第1の接点で・・・という気持ちを持っているのですが、すると非常に曖昧な地点に行きつく感覚があります。
 この生き方を正しいと主張する気持ちは自分にはまったくありません。私は私としてしか生きられないというある種の悲しみと諦めと僅かばかりの誇りの中で、今日もまた生きているという感じでしょうか。
Tags :
幼児・小学生
中学生
高校生
高校受験
ソーシャルブックマーク:

2017.10.29 06:49

 あれはいつのころまででしたかね。少なくとも大きな駅には伝言板というものがありました。黒板ですね。チョークも置いてある。
 待ち合わせで行き違ったりしたときに連絡をとるために伝言を書いておくのです。時間も書いておく。ちゃんと枠が作られていて、10人ぐらいは余裕で伝言を残せました。たとえばこんな具合です。「先に行っている、長野。11時15分」という感じ。もうちょっと複雑なものもありました。つねに3割ぐらい埋まっていた。数時間経過したら消しますというような注意書きが書かれていました。
 
 その伝言板というものを読むのが好きでした。中学生のころです。これは女性の文字だなと考えたりしながら読む。ときどき「どうして・・・14時30分」みたいなどきりとする記述を発見した。どうしてのあとはどうなっちゃったんだよーとわくわくしたものです。待ち合わせに相手があらわれなかったのか、それとも不特定多数に向かって何かを発したかったのか。ありとあらゆるパターンを想像する。
 ついにはいたずらで自分がでたらめの伝言まで書くようになりました。さよならと書いたことがある。遠くから見てじーんときた(病気かよ)。
 
 詩を書くような感覚でした。もちろんそんなでたらめを書いてはいけないのですが、人気のない時間帯を狙って書く。4時間も待っていましたと書いてみたこともあった。あとで見る人が感動してくれるような気がしたのです。ここで4時間も待っていた人間がいるのかと。
 本当はどなたのことも待っていない。実際にはどなたかと伝言板で連絡をとりあったことは1度もなかったと思います。
 
 いまは携帯電話ですぐに連絡がとれますからね。行き違うということにはほとんど不安がない。何かの会合でお約束の時間に待ち合わせの場所に着けなくなったとしても(私は用心深いので交通機関が止まってもだいたいは間に合うのですが)幹事さんにでも連絡すればまったく問題ない。
 便利ではあります。ただどうなのかな。駅の掲示板で連絡を取り合っていたような不便さの中には、何かしらいいものも含まれていたような気はします。
Tags :
幼児・小学生
中学生
高校生
高校受験
ソーシャルブックマーク:

2017.10.28 01:05

 ちょっとした問題が起きたので、ある生徒と話をしました。注意する類の話なのですが、単純に「何々してはいけません」「何々しなさい」では相手の心の核の部分にはまったく届かないでしょう。
 たとえば学校ではいろいろな決まりごとがあります。廊下を走ってはいけない。授業中に騒いではいけない。トイレを故意に汚したりしてはいけない。遅刻をしてはいけない。特定の人間に意地悪をしてはいけない。
 
 仮にこうした規則を次々とやぶっていく生徒がいたとします。その生徒を呼んで1つずつ規則を説明すればよくなるものでしょうか。「廊下を走ってはいけないよ」「授業中は静かにしていないといけないよ」・・・1つずつ説明して守らせたとしても、それで人間の質がどれだけ向上してくるかは、はなはだ疑問です。
 ただ「走らない」だけ、ただ「騒がない」だけになりませんか。理由を訊けばおそらく「注意されるから」と答えるでしょう。
 
 私は呼んだ生徒にこういう意味のことを言いました。「全面的に支持者だ」と。この支持者というのはいま相手がしていることをすべて認めるという意味ではなく、彼(彼女)の成長を全面的に支援する立場であるという意味です。どんなささいな出来事も、すべて成長の糧になるよう協力するということです。
 ですからその事件も単純に「何々をするな」とは言わずに、その程度の人間でいいのかどうか考えてほしいと伝えました。彼(彼女)には大きな夢がある。
 
 夢の実現のためにいま勉強しているわけですが、それほどの夢を持つ人間が、この程度のことを面白がっていてよいのかどうか。もっともっと高潔な志を持つべきではないか。徳の高い大きな人間になろうという意志を持つべきではないか。
 いま何をすべきかがわからなくなっていらっしゃる方は、大成したご自分を想像して質問してみてください。どうしたらいいですか? と。そして大成したご自身がやりそうもないことは、いまもやらないほうがいい。静かに思いをめぐらせば、ちゃんとわかっているものなのですよ。
Tags :
幼児・小学生
中学生
高校生
高校受験
ソーシャルブックマーク:

2017.10.27 10:33

 20代のころ勤めていた大手塾では体罰が容認というよりむしろ奨励されていました。いまの世相からはちょっと信じられないですが、当時は保護者の方も「何かサボっているようなことがありましたらゴツン! とお願いします」ぐらいのことはおっしゃっていた。
 私はーー育ちと関係あると思いますーーとにかく体罰を与えるのは苦痛なので、そういうことをしない。するとまだ若かったので子どもたちからちょっと舐められている感じがするときはありました。
 
 この先生は楽だという印象なのでしょう。遊んでいたって口頭で注意するだけだから・・・というわけです。
 当時、先輩の先生方にいろいろ相談することもありました。特定の生徒が騒いだり宿題をやってこなかったりする。すると予想通り「ぶん殴ってやれよ」という乱暴な返事が返ってきた。「甘やかしているとどこまでもつけあがるよ」と言う。何だか愛情があるのだかないのだかわからなくなってきます。
 そのとき、おれは帰しちゃうよとおっしゃった先生がいました。
 
 何のために来ている? 宿題もやらずにただ騒ぐのなら帰れ! と帰していると言うのです。それは複数の先生も同調されていた。みんなの邪魔になるような生徒は、そもそも塾をやめてもらってもけっこうだという話が出ました。
 この「帰れ」というのは実際に私も使ったときがあります。もちろん2度や3度の何かでそんなことは言わないですよ。ただ度重なると、ほかの生徒まで「やってこなくても大丈夫そうだぞ」と考えたりする。そこで思い切って「帰れ」と帰したことがありました。効果はありました。翌週からは見違えるように真面目になった。
 
 ご自宅から抗議があればきちんと説明するつもりでしたが、とくに何もありませんでした。まあ、ふだんは穏やかですからね。あの先生が帰すということは、よっぽどまずかったのだと感じてくださっていたのかもしれません。
 ただ現在の私はまったくそういう発想を持ちません。そもそも叱らない。する必要がないからです。私語はかすかに「あるときもある」程度。騒いでいていいのだという確信犯的な生徒はいません。
 
 体罰ではなくても帰れというのはやはり暴力的です。暴力的な言動は確実に相手の何かを損なうという気持ちをーー最終的な結論としてーー私は抱いています。あくまでも平和的な手段しか選択するつもりはありません。
 
 
Tags :
幼児・小学生
中学生
高校生
高校受験
ソーシャルブックマーク:

2017.10.25 09:18

 新人類という言葉が昔流行りましたね。上司に残業を命じられたときに「今日はデートですから残れません」と帰ってしまうようなタイプの若者を揶揄する称号ではなかったかと思います。まあ、そういう方はいらっしゃるでしょうね。大昔ですが、私が保護者の方と面談して受付に戻ってみたら教務の方が帰ってしまって無人だったということがありました。当日、その方は午後4時までの勤務予定でした。面談も4時までの予定だったのですが、少しだけ延びた。延びたと言ってもほんの5分10分ぐらいです。
 
 私みたいに古い人間だとそれぐらいは待っていてよーということになるのですが、帰ってしまわれた。
 面白いのは、その方はーーすでに退社されていますーー不真面目ではありませんでした。遅刻や欠勤などはせずにきちんと働いてくださる。仕事もできない方ではない。ただ周囲がどんなに忙しくしていても、定時にいらっしゃって定時に失礼しますと帰っていかれます。感覚の違いみたいなものは感じましたが、まあそういう人生観の方もいらっしゃっていいのではないかと私は考えていました。多様性こそ豊かさですから。
 
 電車の中でお化粧したりものを食べたりする方についてもあれこれ批判されていますが、私はとくに嫌悪感は抱きません。確かに私の育った時代は外で何かを食べるだけで行儀が悪いと叱られたりしましたが、においの強いものでなければ車内で食べてもそんなに迷惑にはならないですね。お化粧もーー向かいで大真面目にされると笑いそうになるのですがーー大迷惑というわけでもないですね。私は寛容な人間でありたいのですよ。
 私だって新幹線の車内でビールを飲んだりしていますが・・・それはまた少しべつの話になるのかな。
 
 今回のニュー・タイプはそうしたお行儀がどうのこうのとは関係のない新型人類です。
 先日、ある飲み屋さんでこういう方を見ました。私はカウンター席に座っていた。その方は私の隣に座りました。30代前半だと思います。ラフな服装でしたよ。日本酒を頼み、次にメニューを見てこうおっしゃった。「さんまの塩焼き、塩つけないで焼けますか?」
 え? と思いましたよ。お店の方も驚いたらしく「できることはできますけど・・・」と困惑しています。
 
 男性は「じゃあ、塩つけないさんま焼きください!」とにこやかに注文した。お店の方は「本当にいいんですか?」と念を押していました。
 塩のついていないただのさんま焼きが運ばれてくると彼はじつにおいしそうに食べていました。食べ方はとてもきれいでした。
 見た感じは非常に健康そうで、塩分摂取がどうこうということではないような気はしました(ほかのおつまみはそのまま食べていらっしゃったので)。
 
 焼魚に一切塩をつけない、醤油もかけないというのはニュー・タイプです。焼魚の味そのものがお好きなのでしょうね。ちょっと訊いてみたかったのですが、いかにも酒場のおじさんみたいなので何も質問しませんでしたよ。
Tags :
幼児・小学生
中学生
高校生
高校受験
ソーシャルブックマーク:

2017.10.24 09:03

 先生方があれこれ生徒のことを話されているのを聞いていると勉強になります。私もだいたいのことはわかってはいるのですが、やっぱりそうか・・・と自身の認識を改めて補強してくださる話がしばしば出てきます。
 先日、私が担当したことのない女子生徒のことが話題になっていました。すごくできる子なのですが、先生同士の会話で「だってあの子は大人だから」という話題が出てきました。ある先生がこうおっしゃった。
 
 今年の夏休みも50冊読んだと言っていましたよ。
 その生徒のこれまでの言動から考えて、けっしてはったりの類ではないと思います。ひょっとするとひかえめな数字かもしれない。同時に私も年間400冊以上読み続けてきたという生徒を知っていますから、休み中であればむりなことではないと思います。
 夏休みに50冊読むような生活を送っている。彼女だって部活はなさっているでしょうし、学校の宿題、塾の講習、いろいろなことがあった。
 
 それでも自ら50冊を読む。そこに知への渇望というか、教養への欲求というか、頭のなかで物事をふくらませることの喜びというか、そうしたものがある。それに時間を費やすことをまったくいとわない。
 会話だけでは人間そうは大人になれないものです。とくに同世代との会話。もちろん友だちとの会話は大切であり、楽しめるだけ楽しんでいいですよ。ただお互いに熟知した言葉をやりとりしているだけでは、大人の階段をのぼっていることにはなりません。
 
 少年少女期には未知の言葉や表現、概念との出会いが必要であり、それはやはり会話ではなく活字からということになるでしょう。
 今週私が担当した小6のあるクラスの教材にたとえば「想像すらできない」という表現が出てきました。こういうのは話すときは「想像できないよ!」と熱意をこめて伝えればすんでしまいます。熱意をこめて表現できない活字だからこそ「すら」をつけて強めた。こういうことに気づけるかどうかという話をした。それが大きいのです。
 
 読まないことにははじまらないというお話は何度も何度も繰り返しています。それでも読まない自由はもちろんどなたにもあります。ただ勉強ができるようになりたい、国語ができるようになりたい、いい作文が書けるようになりたいということであれば、大前提はまず読むことです。まったく読まずに大人の観念を身につけ優等生になり、国語も作文も大得意という生徒を私は知りませんが、そのあたりは個々人が判断してくださったらいいと思います。
Tags :
幼児・小学生
中学生
高校生
高校受験
ソーシャルブックマーク:

2017.10.23 08:39

 先日、身内からあることを訊ねられた。私が4歳になる以前のことです。覚えている? という質問なのでちょっと考えた。これこれこういう子を知っているかという内容でした。少しして相手について記憶がどんどん湧いてきました。はじめはどうだったかなぁ・・・ということまで鮮明に思い出した。その子の住んでいたところ、家族構成、私とはどんな風に遊んでいたか(私はその子にいいところを見せようとして、大きな川に転落したことがあります。怪我をしなかったのは奇跡だと驚かれました)。そしてなぜ別れてしまったのか。
 
 色白のかわいい女の子であったことまで思い出した。こういう話をすると記憶力がいいとおっしゃってくださる方がいらっしゃるのですが、私の記憶は非常にまだらになっていて、全然覚えていない期間というのがあるのです。全然と言ってももちろんどこで働いていたかぐらいの記憶はありますよ。
 ただ日記を読んでみても、何のことだかわからないということがたびたびあります。だれそれとどこどこに行ったと書いてある。そのだれそれさんがわからない。どこどこがどこのことなのかわからない。
 
 こうやっていわゆる「会社員」(職種は先生ですが、身分的には会社員です)になる以前の記憶と言ったらいいのでしょうか。とくに30代の半ばから40代前半ですね。自由気ままに生きていたのですが、自由すぎて正確な足取りがわからなかったりします。会社員であれば毎日一定の時刻に一定の場所に行きますから、この年はどうであったと輪郭がわかりやすい。
 ところが塾の講師と家庭教師だけをやっていた時代は(この子の自宅ってどこだったっけ?)みたいなことが起きる。生徒自身は覚えているのです。ただ家庭教師先の自宅の場所はまるで忘れてしまったりしている。
 
 1つには確かに飲酒の影響があるでしょうね。当時は飲んでばかりいた。いまよりはるかにだらしない生活でした。意図して「だらしなく」生きていました。本質的に私はそういう人間なのです。仕事をサボったりするときもありました。コンサートに行くために授業を休んで上の方から叱られたりした。馘首されたらされたでいいやという気持ちはつねにありました。
 私の日記はメモみたいなもので、場所と時間と人名ぐらいしか書いてない。するとあいつ・・・東京から出て行っちゃったんだっけ? とは思い出すものの、理由も時期もわからなくなっている。
 
 幼少時のおつきあいはまだ人間関係もシンプルーー親子関係ぐらいしかありませんからーーなところに入ってくるので、希少価値という意味で濃密な感覚になるのかもしれないですね。それにしても4歳のころのことを鮮明に思い出せて40歳前後はよく思い出せないというのは、我ながらどうかと思いますよ。
Tags :
幼児・小学生
中学生
高校生
高校受験
ソーシャルブックマーク:

2017.10.22 00:42

 教科書より少しだけ文章が難しくなると「古文が全然わからない」という人がいます。相手によってアドヴァイスは変えますが、古文がわからないと言う人はだいたいにおいて国語の力が弱い傾向が強い。ですから、もちろん現代文でいいですから日ごろからとにかく文章を読みなさいということになります。日ごろから文章を読んでいないと、展開についてのある種の勘が養われません。文章を読み慣れている人は、無意識のうちに先の展開を予想しているものです。こうくるなという予知能力(?)がついてくる。それは古文でも現代文でも同じです。
 
 一般的に詳しい古典文法はふつうの公立中学では習いません。先生によっては面白がってお話してくださることがあるみたいなのですが、定期試験には出てこないので皆さんあまり真剣に聞いていない。ましてや自分のものにしていない。
 そういう状況下で古文をわかるようにしたいということであれば、まず古文そのものを音読することが大切です。繰り返し音読する。そのうえで現代語訳と「ご自身で」ていねいに見比べてみてください。舐めるように一字一句を見比べる。
 
 たとえばこういうところ。昨日私は授業でやりました。「朗夜のけしきいふばかりなし」とありました。現代語訳を見てみます。「気持ちよく晴れた夜の様子はとてもすばらしいものであった」と書いてある。
 何か感じませんか? 「いふばかりなし」を直訳したらどう考えても「とてもすばらしいものであった」になるわけがないですね。するとなるほどこういうところは夜の雰囲気のよさを表現するわけなので、大胆に「すばらしい」と訳してしまってもいいのだな・・・とわかってきます。
 
 こういう経験を1つずつ重ねていくとかなりわかってきます。単語なんかもそうして気づくことが多々あります。へええ、つれづれなりというのは退屈という意味なのか。するとつれづれぐさというのは・・・退屈で書いたという側面もあったのかもしれないなという広がりが出てくるでしょう。
 こうした地道な作業をいやがってはいけません。しばらくはこんな感じで慣れていく。高校に入ったらさらに緻密に単語に分けて考えていく必要が出てきます。ただとりあえずは高校入試が目標です。極端に緻密にやろうというのはーー時間があればいいのですがーーもう少し先でも大丈夫は大丈夫です。
 
 慣れてくると同じ10分間かけるのであれば、現代文より古文のほうが得点を稼げるとおっしゃっていた優等生がけっこういました。訳せなくても点はとれるようになってくる。頭からだめだと決めてかからないことが大切ですね。
Tags :
幼児・小学生
中学生
高校生
高校受験
ソーシャルブックマーク:

2017.10.21 00:39

 今週、私は月曜日以外はすべて教室には来ていました。来週の水曜日まではそうなります。ただおとといの木曜日はお休み扱いにしました。で、用事だけをすませて1時間ちょっとで帰りました。
 出勤した日には必ずブログを更新するとお約束しています。これは私は生徒との約束だと考えています。大人の方相手であれば、忙しくて更新できませんでしたごめんなさいでもそう怒られないでしょう。ただ10代の少年少女には、大人は都合よく生きているなという印象を与えたくないのです。
 
 ですから2009年以来、出勤した日にブログを更新しなかったことは1度もありません。社員会という催しが朝から沼津であった日も、午前4時前に起きて記事を更新しています。
 ところがこうして8年間続けてくると書くことが大量には残っていないという状況に陥ります。とくに何日も続くと、ぼんやりしてきて焦点が定まらない感じになる。そこで、どうしてもひと呼吸入れたい。そんなこんなで、簡単に帰れる日は正式に「お休み」という形をとっています。
 
 もっとも休みの日は自宅にいてもろくなことはしていません。
 おとといは帰ってから犬の前でビールを飲んでみました。例のーープロの陶芸家の教え子が作ったーー陶製の器と缶ビールを床に置いて犬を撫でながらビールを飲んだ。
 何飲んでいるの? と興味津々で器をのぞきこもうとします。鼻がひくひく動いているので匂いを嗅いでいるのでしょう。匂いどころか舌まで出してちょっと舐めようとする。だめだめとおさえつけて器を別のところに置く。するとまたそちら側にまわっていく・・・
 味なんかまったく予想もつかないはずですから、とにかく好奇心なのでしょう。
 
 器をあっちにもっていったりこっちに引き寄せたり落ち着かないことおびただしい。仕方がないので犬用のビスケットをやって時間を稼ぎます。
 家内が教えこんだのですが、うちの犬は「おすわり」「お手」だけでなく「ハイタッチ」という変なことができます。二本足で立ち上がり前脚をこちらの両手にぱっと合わせる。ばかなことを教えこんだものです。「ハイタッチ!」と声をかけるとわっと立ち上がる。ビスケットに気を取られているうちに私はビールを飲む。
 
 家内は自分の部屋に犬のケージを置いているのですが、最近は在宅時はずーっと自由に放し飼いにしているみたいです。つまり家内の部屋=犬の部屋ということになりますね。
 先日は、キッチンテーブルにスナック菓子の袋があったので何気なしに食べようとした寸前袋に犬の絵が大きく描いてあることに気づきました。「これ、犬用じゃねえか!」慌てて袋にもどしましたよ。もう犬も人間も同権みたいになってきました。人犬同権家庭です。それはそれで、幸せですかね。
Tags :
幼児・小学生
中学生
高校生
高校受験
ソーシャルブックマーク:

2017.10.20 00:12

 選挙も近くいろいろ騒然としてきていますが、観察しているとどうなのかな? と感じることもあります。要するに何をしたいのか。何のためにそうしたいのか。視界の悪い状況下なので「とりあえず」という候補者も多いのかもしれません。
 これはどの世界でも同じでしょう。何をしたいのか。何のためにそうしたいのか。答は人間の数だけあっていいと思うのですが、世の中の混乱にまぎれてしまってご自身のことが把握できていないケースもありそうですね。
 
 人のふり見てわがふり直せという言葉がありますが本当にその通りで、私ぐらいの年齢になっても何をしたいのか、何のためにそうしたいのかと考えることは大切なことだと思っています。考えるというより、深く思いを沈めていく感じですね。
 宝くじがあたったら・・・と、ときどき破滅的なことを口にする方がいます。いますぐ学校(会社)なんかやめてやる! あんなやつらとはすぐに別れてやる! こんな家出ていってやる! 
 よく聞いているとそうしたせりふの中には何かしら潜んでいる。
 
 本当は何々が悪いということではなく、ご自身がすべてを発揮しきれていないことに苦しんでいる。外部の圧迫こそが原因であるという結論を便宜上出してきて、乱暴なことをおっしゃることで溜飲を下げようとしている要素を感じます。
 ご自身を発揮できていないのは「何をしたいのか深く考えていない」「したいことはあってもそれが人生や社会全体とどういうつながりを持つのか考えていない」「自己を発揮するための具体的な行動に転化していない」というところに原因があるような気がします。
 
 ご自身を発揮するというのは、いまこの瞬間でさえ発揮していなければならないということです。ある人が偉大な詩人になりたいと願うのであれば、食事をとっているいまこの瞬間も偉大な詩人のように振舞うべきでしょう。
 人生は有機体で、どこの細胞も同じ生命体の一部です。ひとりの人間の腕は詩人の細胞だけれども脚は外科医の細胞だったなどということは絶対にありません。ぜんぶがつながっている。時空を超えてじつはすべてつながっている。
 
 最近、国民的な人気を誇る将棋の藤井聡太四段が高校進学されるかどうか悩まれているという記事を読みました。先輩の永世名人のアドヴァイスに「いずれにせよどちらに決断してもうまくいくだろう」という意味の記述がありました。高校に進学されても、中卒のまま将棋の世界に専念されてもどちらでもうまくいくというのです。
 それは「主体が藤井聡四段だから」ということですね。時空を超え、手段を超えてうまくいくということでしょう。方法論ではありません。
 
 同じことです。宝くじがあたろうとあたるまいと、点数がとれようがとれまいが、いまお金を潤沢に持っていようがいまは貧しかろうが、主体が自分だからうまくいく。そういうご自身を作りあげていくということが大切ですね。いまの行動で、いまの発想でということですよ。わかりますか? いまのあなたが、そのまま将来のあなたなのですから。
 
 
Tags :
幼児・小学生
中学生
高校生
高校受験
ソーシャルブックマーク:

プロフィール

プロフィール画像
長野先生
35年以上、中学生を教え続けてきました。生徒たちが日々の学びを通じて大きく成長できますように明るいヒントを発信していけたらと思います。

カレンダー

<<   2017年10月   >>
01 02 03 04 05 06 07
08 09 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

新着記事

月別アーカイブ