2017.04.25 00:04

 昔、ヨガだか何だかの不思議な(?)本をぱらぱらめくっていたら、くしゃみを我慢することでエネルギーを温存する面白い技法について書かれていました。詳しくは忘れてしまったのですが、確かにくしゃみそのもののエネルギーはすごいものがありますね。口を覆わないと迷惑がかかることもありえます。
 それを内部にエネルギーとしてためることが本当にできるものなのかどうか私にはよくわかりませんが、発想としてはとても面白いと思いました。
 
 似たようなアメリカのことわざに「汽笛を鳴らす蒸気は機関車を動かさない」(そっくりそのままではありません)というものもありました。こちらは自己啓発の教材で見たものです。もちろん比喩的な解釈が施されていて、威勢のいいことばかり口にしている人間はそれだけで満足してしまって実行力がともなわない可能性があるから気をつけなさいと書かれていました。
 確かにそういうことはあるでしょう。適切に、力をためておく配慮は必要です。
 
 先日の朝、興味深い場面を目撃しました。あるお店のまえで従業員らしき女性がマネージャーらしき男の人に向かって文句をおっしゃっていた。文句というより嘆いているのです。マネージャーさんは水を撒いている途中だったらしいのですが、ホースからは水が出ていませんでしたから長いこと話していたのかもしれませんね。
 抗議している人の声は必然的に高くなります。「昨日だってあの人のために休憩時間を5分も削って」マネージャーさんの返事はぼそぼそしていて聞こえませんでした。5分さえ譲れないのか・・・と私は思いました。
 
 一般的な話になりますが、ネガディヴなエネルギーはそのまま外に出すより他の形に変形できればそれに越したことはないでしょう。ときどき運動選手なんかでも「悔しさをバネに」大きく飛躍するケースを目撃することがありますが、いくら悔しいからといってわめいたり暴れたりしていてはどうしても消耗してしまうでしょう。
 理不尽なことというのは生活にはつきもので、致命的な事件でなければ(これもまたある種の機会だ)ととらえようと私個人は考えています。あきらめるというより、新しい意識を作る瞬間として活用している感じですね。
 
 するととんでもない遠方から吉報が来たりする。これを理不尽さに腹をたてなかったことと関係ないと見るか関係ありと見るか。私はもちろん密接に関係していると考えています。証明はできませんが、あ、あの分がやっぱりという感覚があるのです。
Tags :
幼児・小学生
中学生
高校生
高校受験
ソーシャルブックマーク:

プロフィール

プロフィール画像
長野先生
35年以上、中学生を教え続けてきました。生徒たちが日々の学びを通じて大きく成長できますように明るいヒントを発信していけたらと思います。

カレンダー

<<   2017年04月   >>
            01
02 03 04 05 06 07 08
09 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

新着記事

月別アーカイブ