2017.03.18 00:30

 ときどき並行して歩いている見知らぬ方のお話が聞こえてしまうときがあります。盗み聞きしようとしているわけではないですよ。意思的に聞こうとしているわけではないのに聞こえてしまうということです。どなたにもあることだと思います。
 たまにすごく面白い話があります。ギャグではないのに。ただ結果として大笑いしてしまうような出来事というのは、世の中にいろいろあるではないですか。そういう話を先日耳にしました。
 
 若い女性の2人組でした。20代の半ばぐらい。いわゆる会社なんかに普通にお勤めされている女性だと思います。並行して歩いているので顔までは見ませんでした。わざわざのぞきこむのは失礼でしょう。現代風のお嬢さんということでわかっていただけるかなと思います。
 片方の方がこの前本当に困っちゃって・・・という話をされている。街中で西洋人の方に話しかけられたというのです。大真面目な顔で質問してくるからさー・・・と話されていました。その質問というのが信じがたい。
 
 オ江戸ハ、ドコデスカ?
 たどたどしい日本語で、そう訊かれたそうです。
「江戸なんて広いじゃない。あたし、もうどうしようかと思っちゃって」
 もう1人の方が「東京の昔の呼び名です・・・じゃだめなのかな」と言った。
 質問を受けた方もそう思って、このあたりは全部江戸ですということを身振り手振りを交えて一生懸命に説明したそうです。
 
 でも、そんな質問ないよねえ。歴史好きの外国人なんだろうけど。
 すると質問された方が真面目な声で、自分もはじめはそう思っていたのだがじつは質問が微妙に違っていたのだと言い出しました。
 話をわかりやすくまとめると、その西洋人の方はこう訊きたかったみたいです。
「大江戸線(の乗り場)はどこですか?」
 いやだーともう1人の方が笑って話は終わってしまったのですが、質問された方の困惑した様子を思い浮かべると非常に面白い話だと思いました。
 
 先日、近所でおばあさんとお孫さん(幼児)のこういう会話もありました。サイレンの音が聞こえてきた。
おばあさん「ほら、消防自動車だ! 来るよ来るよ」
幼児「消防自動車来る?」
おばあさん「そうだよ、来るよ来るよ。消防自動車」
幼児「・・・」
おばあさん「消防自動車、たくさんたくさん来るといいね。いーっぱい来るといいねえ」
 ばあさん、そりゃまずい。私は思いましたよ。大災害ですものね。
Tags :
幼児・小学生
中学生
高校生
高校受験
ソーシャルブックマーク:

プロフィール

プロフィール画像
長野先生
35年以上、中学生を教え続けてきました。生徒たちが日々の学びを通じて大きく成長できますように明るいヒントを発信していけたらと思います。

カレンダー

<<   2017年03月   >>
      01 02 03 04
05 06 07 08 09 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

新着記事

月別アーカイブ