2017.03.06 09:22

 中学3年生のとき、両親に精神科に通わせてほしいと頼んだことがあります。だめだと言われました。
 あれは何というか・・・自分の中にある種のダンディズムのようなものがあり、徹底的に病的でありたい、できれば病んでいるという確証を得て友人たちに宣言したいという変な気持ちがありました。精神病のことを医学辞典でさかんに調べ、自分はそうではないかと考えた。読めば読むほどそう感じてくるものです。
 
 鬱という漢字を覚えたのもそのころです。鬱だと自称しながら(?)漢字が書けないようではみっともないという思いがあり、何度も何度も練習しました。まあ、変わった少年でしたよ。
 権威だとか明朗だとか、立派、元気、快活、健康などという概念に徹底的な憎しみを抱いていたように思います。そういうことを押しつけてくる大人は絶対に信用できないと考えた。
 そうなってしまった主たる原因は、やはり家庭にあったと思います。私自身の内側だけでわかっていることですが。
 
 少年期に「負」のヒーローみたいなのがほしい。暗いくせに、ものすごく女の子にもてるというような。
 それがスコット・ウォーカーでした。ミュージックライフ誌のインタビュー記事を読んだら「公演は金のためだけ」と言い放っている。さらに鬱病にかかっていたという告白もありました。端正な顔を隠すように、真っ黒なサングラスをかけた写真(インタビュー時のものではなかったかもしれません)が掲載されているのを見て、私も真っ黒なサングラスを買いました。
 当時のスコット・ウォーカーは女の子にすごい人気でした。人気があるのになぜこうなる?
 
 もっともいくら何でも美男子の典型みたいなスコット・ウォーカーと自分を重ね合わせるほど狂っていたわけではありません。目指すことはできない高峰だという気持ちは常にありました。
 漠然と、そちらの方向に歩みたいと考えただけです。黒いサングラスは夜でもかけていました。夜道が見えなくて側溝に落ちたことが2度あります。
「ジョアンナ」というバラードが有名ですが、私は「ザ・ウォー・イズ・オーバー」という曲が好きです。じつに不思議な曲。うまく説明できません。
 
Tags :
幼児・小学生
中学生
高校生
高校受験
ソーシャルブックマーク:

プロフィール

プロフィール画像
長野先生
35年以上、中学生を教え続けてきました。生徒たちが日々の学びを通じて大きく成長できますように明るいヒントを発信していけたらと思います。

カレンダー

<<   2017年03月   >>
      01 02 03 04
05 06 07 08 09 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

新着記事

月別アーカイブ