2017.03.04 03:18

 生徒から「働くというのはどういうことか」と質問されるときがあります。まあ、そんなに深刻なお話ではない。ぽんと訊かれたときには、タイトルのような答え方をしています。自分のできること、自分の得意なことで世の中を明るくする。その過程でいろいろなことは整理されてきて報酬をいただく。簡単に言えばそういうことではないかと考えています。
 報酬に関しては、あまりとらわれすぎるとよくないかもしれません。上記のことを徹底的に心がけていけば自然と道は開けてくるように思います。
 
 ちょっと個人的なことを書くと、私は以前より収入は減りました。これは規定があり、そういうものでしょうから文句はありません。はじめからその契約で働かせていただいています。
 ところがーーありがたいことにーー教室の生徒はどんどん増えてきました。当然、定年前よりも忙しくなってきた。授業のコマ数とは関係なく、やらなければならないことが増えてくる。それはそうですね。生徒の数だけやらなければならないことは出てきますから。
 
 これは「損」なのかどうか。収入が減ったのに忙しくなったのは損なのか?
 私はむしろとてつもなく「いいこと」が起きつつあると考えています。自分たちのやっている(得意な)ことで人が増えてきている。卒業していく生徒のご家庭からは、先生だけではなく事務関係にも感謝の念をいただくことがしばしばあります。総合体として世の中を明るくしていることだけは間違いがないように感じています。
 得意なことは生きていくうちに見つかることも多いですよ。
 
 ときどき「小さいころから先生になろうと考えていたのですか?」というご質問をいただくことがある。それはまったくありませんでした。私はきわめて投げやりな少年期を送ったので、将来についてありとあらゆる希望を持ちませんでした。とりあえずうんと自由な、吟遊詩人とか放浪者とか流しのミュージシャンとか遊び人とか・・・そんな人生以外興味はありませんでした。
 それがいろいろあってこうなった。その過程で、右か左かということはありました。
 
 そのとき、楽な方というよりは、得意な方に曲がってきた。励ます機会が多いとか明るく話す機会が多いとかという感じですね。教える対象を13年前に小中学生に限定したのも自分の得意分野ーーおうちの方とお話したり傷ついている世代を励ましたりーーを活かせると考えたからです。
 得意なことで世の中を明るくする。報酬などはおそらく最終的に自分にふさわしいものになってくるはずです。
 私自身は大空であり、雲の動きについては気にかけずに生きたほうがよさそうだということです。
Tags :
幼児・小学生
中学生
高校生
高校受験
ソーシャルブックマーク:

プロフィール

プロフィール画像
長野先生
35年以上、中学生を教え続けてきました。生徒たちが日々の学びを通じて大きく成長できますように明るいヒントを発信していけたらと思います。

カレンダー

<<   2017年03月   >>
      01 02 03 04
05 06 07 08 09 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

新着記事

月別アーカイブ