2017.01.15 01:50

 いなすという言葉があります。軽くかわすぐらいの意味でしょうか。辞書をひいてみたところいろいろ出ていました。相撲でもよく使われていますね。
 上手にいなすことができるようになってきていると思います。結局、そういうことが進化なのかもしれません。妙な摩擦を避ける知恵とでもいうのでしょうか。先日は地下鉄の中でカートをぶつけられました。もちろん相手に悪気があるわけではない。ただスマホを見ながら引っぱっていました。
 
 ちらりとこちらを見て「あ、どうも」みたいな感じで軽く頭を下げた。スマホなんか見ているから・・・とは思いましたが、とくに腹をたてたりはしないですね。冷静に対応できるようになっています。
 同じようにエスカレーターで右側歩行するために強引に割りこんでくる人だとか、隣席でやたらとタバコの煙を吐き出す人(もちろん喫煙可能なお店でのことです)だとかいろいろ遭遇しますが、若いころのようには動揺しなくなりました。
 
 腹をたてるというのは自身が不幸になることですし、世の中は多様性から成り立っているのですべてありかなとは思います。喜びはしませんが、文句を言いたいという気持ちにはなりません。
 昔、将棋のインターネット対局で暴言を吐く方と対局したことがありました。私は返事を書かなかったのですが、対局中さかんに「弱いね」などと送ってくる。面倒な人にあたってしまったなと思いながら適当に早く指しました。相手もつられてすごい早指しになってきた。考えなくても指せるところを見せようとしたのかもしれません。
 
 で、最後の最後にあちらは慌ててミスをして私が勝ってしまいました。するとすぐに「おまけおまけ」と送ってきましたよ。「こんなのわざと負けただけ」と送信してくる。私は結局返信しませんでした。
 人は不用意な言動で自分自身をおとしめてしまうことがありますね。見知らぬ他人にここまでやってしまうのは、じつは将棋が原因ではないと思います。内側に人生に対する大きな不満が渦巻いているのかもしれません。
 
 外側に出てくるものは内側にあるものです。外側をじっと見ていれば内側が何となくわかる。だから生徒たちには書いている文字に、日ごろの言葉づかいに、服装や歩き方に注意してごらんと言うのです。それがぜんぶ自分の気づきになりますからね。
 
 
Tags :
幼児・小学生
中学生
高校生
高校受験
ソーシャルブックマーク:

プロフィール

プロフィール画像
長野先生
35年以上、中学生を教え続けてきました。生徒たちが日々の学びを通じて大きく成長できますように明るいヒントを発信していけたらと思います。

カレンダー

<<   2017年01月   >>
01 02 03 04 05 06 07
08 09 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

新着記事

月別アーカイブ