2016.06.17 00:48

 本日6月17日でこのブログもちょうど7周年をむかえることになります。ここまで続けてこられましたのはひとえに皆さまのおかげです。心から御礼申しあげます。
 記事そのものは私個人が1人で書いてきましたが、初期のころはそれこそおっかなびっくりの面がありました。直接お話しているのと違って活字の向こう側にいらっしゃる方が見えない。こうやって勉強するといいよというアドヴァィスをさしあげたことで「余計なお世話だよ」という思いをされる方がいないだろうかとときどき考えました。
 
 はじめの半年は「中学受験応援団」というサブタイトルでしたから、中学受験生のご家庭に向けて書き続けました。はじめて100名以上の方が入ってくださった日は「おおっ!」と思いましたよ。Z会ブログランキングの10位にはじめて入れたときも「おおっ!」と思いました。
 いろいろ書いているうちに読んでくださっているのは受験生のご家庭だけではないということがわかってきました。どういう経由だったか・・・闘病中の方のブログに私の記事が載っているのを偶然発見しました。
 
 そうなってくるとちょっと気持ちも変わります。半年が経ちこれからは週に1回程度の更新頻度でいいですよと言われたのですが、闘病中の方やコメントをくださる方のことを考えると継続的に何か書き続けたほうがいいのではないかという気持ちになりました。いいというのは、相手の方のためだけではなく自分のためにもという意味です。温かい気持ちを持つことは生きる意味を明確に示してくれます。自分のような変な人間でも、何かしらお手伝いができるのだというささやかな喜びですね。
 
 読んでくださっている方はどんどん増えてきました。ページビュー数が6万を超え訪問者数が2万を超える月があります。
 こう考えています。私はけっこう占いが好きで、自分でカードを引いてみることがあります。信じているのですか? と訊かれるのですが、盲信しているというよりはたとえば悪い札が出たときに自分の中でどんな変化が起きるか見たいという気持ちがあります。「損をする」という札が出れば「損をしまい」と萎縮するのではなく、いったい私にとって損得とは何だろう? と考えてその日を過ごします。鏡みたいなものですね。
 
 ブログ記事も書籍のほうもそんな風にゆるい予感の風としてに受け止めていただけましたらうれしく思います。
 今後ともよろしくお願いいたします。
 
 
Tags :
幼児・小学生
中学生
高校生
高校受験
ソーシャルブックマーク:

プロフィール

プロフィール画像
長野先生
35年以上、中学生を教え続けてきました。生徒たちが日々の学びを通じて大きく成長できますように明るいヒントを発信していけたらと思います。

カレンダー

<<   2016年06月   >>
      01 02 03 04
05 06 07 08 09 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

新着記事

月別アーカイブ