2016.06.29 03:00

 先日、高名な劇作家であり評論家でもある某先生のインタビュー記事が新聞の夕刊に載っていました。夕刊は忙しくてときどき読まなかったりすることもあるのですが、突然ーー今回のようにーー非常にためになる記事が載っていたりするので、やっぱり毎日確認しようと思いました。
 その先生は戦後、非常に貧しい思いをされたとおっしゃっていました。食べることさえままならなかった。
 
 そして、何もなかったからこそ本を読み観念が発達し思想や哲学に興味を持つようになったと続けられていた。
 この「何もなかったからこそ」というのは本当にその通りで、現代人は気晴らしのようなものを生活の中心に置きすぎて貴重な可能性を浪費してしまっているような気がします。何もなければもっともっと自己の本質に迫れたかもしれない。しかし現実はテレビやゲームなどの娯楽があり、常に誰かとつながることができ、生活のいたるところに気晴らし的要素が用意されています。
 
 動画があり24時間通用する通信手段がありコンビニがあり、何もないの真逆です。とりあえずほしいものは手に入る。ただその次から次へと入手できるものは、人間の本質をどうこうするものではない可能性もあります。
 少なくとも1冊の書籍を繰り返し繰り返し読むことで観念にまで高まってくる何かではない。楽しくうきうきはまったく悪いことではないものの、自己を深く貫けるのかどうか。人格の深い部分で糧になるのかどうか。
 
 俗に生病老死と言いますが、それを経験しないですむ人間は1人もいません。であればそうしたものごとに関しても哲学を持っていてもいいはずです。昔はそれが普通だった。私の世代でさえ、若いときしょっちゅう死については話題になりましたよ。「暗い」などとは言わずに。
 二宮尊徳先生の有名な銅像あります。薪を背負いながら本を読んでいる。あれは率直に言って退屈だったからという理由もあったと思いますが、幸い本しかなかった。読書はその人の本質まで届くものです。いまだったらひょっとするとゲームをやったかもしれません。歩きスマホとか。二宮先生、現代に生まれていたらあそこまで偉くなれたかどうか。
 
 
Tags :
幼児・小学生
中学生
高校生
高校受験
ソーシャルブックマーク:

2016.06.27 01:56

 夏の講演会が昨日からスタートしました。昨日は比較的小さな教室だったのですが、今週末は大きめの教室でお話することになっています。名古屋の会場も100名を超したと聞きました。前回はちょっと短めでしたので今回は1時間半じっくりお話しようと思っています。
 昨日のアンケートを見たところ、中学生ご本人がこれからしっかりやろうと思った・・・みたいなことを書いてくださったのでうれしく思いました。どういう形であれ、よかったかな。
 
 叱咤激励も相手の気勢をそいでしまってはまったく意味がありません。本当にいつまでもしっかりしなくてだめだなという類の激励は、私は一切しません。発奮させる目的で発言することになりますが、大人の狙いをご本人たちが察知できるとはとても思えない。文字通り「どうせ自分なんかだめだ」としょげ返って(態度には出さなくても)しまうケースのほうが圧倒的に多いでしょう。
 いい意味の「躁状態」を作り出してやることが、いちばんでしょう。乗りに乗っている、楽しい!  という感じ。
 
 世の中全体が騒然としてきています。私たちも巻きこまれていくわけですが、根本の原因は、現代文明人に他者の痛みに対しての想像力が欠如しているからではないかという気がします。こちらにとって不利益なことを要求する相手もまたやむにやまれぬ事情でそうしているという「理解」まではいかなくても「慈悲」の気持ちがまったく発動していない。いくら優秀でも本質的な慈悲心が欠如している人間はこわいですね。人間は他者に対して慈しみの感情を持つべきでしょう。そもそもそれが「人間」の定義ではないかとも。
 
 騒然とした世の中でも、とにかく私たちには事実として「持っているもの」がたくさんあります。ご飯が食べられる、それなりの空間で落ち着いて眠れる、着たい服を選べる、学校に行ける、勉強する自由がある、聴きたい音楽が聴ける、いきなり拘束されたりしない、好きな人がいる・・・持てる側として持てない側のつらさに思いを馳せ、いずれ世の中のゆがみを是正していく意志を大切にしてください。
 彼らの「そちら側は勉強できるのだからこちら側を助けて!」という悲痛な声をどの程度まで聞き取ることができるかということもまた想像力です。
 
 いずれにせよ自分がやるしかないという気合いは大切です。「個」の集合体が世の中になるわけですから。私はあなたの得するようなことばかり話していますが、じつは世界全体の得を考えています。両立するのですよ。違いますか? 
Tags :
幼児・小学生
中学生
高校生
高校受験
ソーシャルブックマーク:

2016.06.26 06:40

 身近な方からいただいたものは大切に扱うようにしています。そういうものですよね。いまから10年以上昔、当時一緒に働いていた仲間から誕生日プレゼントで枕をいただいたことがありました。それをずーっと大切にしていました。
 10年以上使っていると当然ぼろぼろになってきます。家内や息子から「いい加減に買い替えたら?」と言われていたのですが、死ぬまで使うと宣言していました。いくつかの袋に分かれて何か入っているのですが、その袋がだんだん分裂してきて非常に寝にくい。
 
 寝にくくてもとにかく大切にしなければと使い続けてきました。ときどき干したりしていたのですが、枕カバーをはずしてみるとだんだん異常な感じになってきている。色も形も異常。洗えるタイプなのかどうかよくわからないのですが、洗うこと自体が危険な感じなのです。
 先日、干そうとしていたらついに破けてしまいました。中からプラスチック製の詰め物がばらばらとこぼれてきた。それでもまだあきらめず裂け目はテーピングしようかと思ったのですが、ちょっと引っぱると別の箇所もまた裂けてきました。
 
 詰め物がベランダのあっちにぱらぱらこっちにぱらぱらとこぼれ落ち、さすがにこれはもう天寿をまっとうしたなと思いました。
 その日、仕事に来る途中スーパーで新しい枕を買いました。今度は確実に洗えるやつにしようと少し高めなのを買った。高めといってもたいした額ではないですよ。もっと安いものもあったけれども・・・程度です。
 枕カバーに包んで寝てみたら、これがびっくりするほど寝やすい!
 
 何しろ頭が安定するのですから。あたりまえなのですが、これまではぼろぼろのものをカバーの中で中央に寄せ集めて頭を乗せていたわけで、えらい違いです。
 そしてよく眠れるようになりました。眠りの質が落ちてきたのは加齢のせいだとばかり思いこんでいたのですが、それだけではなかったみたいです。休みの日「こんな時間まで寝ていたか」ということまで出てきました。
 たかが枕、されど枕ですよ。こんなことならもう少し早く取り替えてもよかったかもしれません。もうほとんど「大切なぬいぐるみ」みたいになっていたからな。
Tags :
幼児・小学生
中学生
高校生
高校受験
ソーシャルブックマーク:

2016.06.25 00:25

 私は現在高校入試に挑む中学生を見ています。大学受験生(高校生など)を見ていたのはもう10年以上昔のことになります。当時どちらを主体にするかという選択肢があったのですがご家庭のお困りごとのお手伝いもできるという感触を得ていたので、中学生専門でいったほうが大きな意味でお役にたてるのではないかと考えました。大学受験生を担当されていた先生方からしばしば「勉強するのはあくまでも本人なのだから」という話を聞かされていたこともあり、ご家庭との接触はやりたい人間がしたほうがいいと感じました。困っているのはご家庭だったりしますからね。
 
 中学生と高校生の国語を担当していてしばしば感じるのは、現代文(論説文)のレベルはまったく変わらないということです。もちろんいろいろなケースはあるのですよ。しかし、いわゆる上位の高校の論説文の難しさは大学受験のそれとまったく変わりません。変わらないどころか、偶然同じ文章が出てきたりもします。問いの難易度は若干違いますが。
 すると、どうなりますか。文章がわからなければ問題は解けない。じつは中学3年生時点で高校3年生レベルの理解力を持っていなければいけないということです。
 
 最上位校を受けるなら・・・ということですよ。具体的には名前を出しませんが、国立大学の附属高校なんかですね。
 文章は言葉でできていますから、厳密に言えばすべての語彙を理解していないと正確にはわからない。言葉の意味だけではなく、つながりも含めてです。ある国立大附属高校の入試問題から例をあげてみます。
 「集団単位という時間を超えて維持されている」「外縁の明確な集まりの中」「文化的な要素をはらんだ同一の行動」「価値が付与された」「純粋に観念的な次元にまで及ぶ」・・・
 
 どうですか? これらの箇所には一切の注がついていません。しかもこの文章はかなりやさしめなほうです。例をあげるにあたって極端なものは避けようと意図的にわかりやすいものを選びました。
 高校3年生であれば、それなりにすらすら読むことができると思います。18年間生きてきた累積的な財産もあり、さまざまな観念も構築しやすいでしょう。しかし14、5年しか人生経験のない少年少女がこうした文言を理解するのはなかなか大変です。しかも「すらすら」理解しないといけません。
 
 結論を書くとこういうことになります。首都圏の高校受験で最上位校を受けるのであれば一読して大学の入試問題が理解できるレベルまで自分を高めていかなければならない。そのレベルの文章をたくさん読むしかありません。質が変化するまで量で攻めていくしかないのです。
 読むのが嫌いという自由はもちろんありますよ。ただ本当に最上位校をという希望があるのであれば高校3年生程度の読解力をつける必要があります。毎日の努力ですね。今日はちゃんと読みましたか? 
Tags :
幼児・小学生
中学生
高校生
高校受験
ソーシャルブックマーク:

2016.06.23 00:28

 世の中、いろいろな方がいますね。今週、電車の中で暴れた方を見ました。ひどく酔っている。ちょっと変な感じだったので様子を見ていたら降車駅に着いてもなかなか開かない扉を思い切り蹴った。どん! とすごい音がしましたが、そうするのが当然みたいな顔をされていたのでなるほどいろいろな考え方があるものだと思いました。周囲の「人間」にあたらないだけよかったのかもしれません。私個人はこうしたことを目撃するのもまた勉強だなという気持ちがしました。
 
 公の場で乱暴を働くのはもちろんよくないですが、そうかと言ってすべての人間が絶対的に穏やかに生きなければならないというものでもない。その人間にふさわしい形で成長発展していくことこそが、世の中全体から見ても利益につながってきます。ふつふつと湧き出る怒りが抑えきれないのであれば、武術や格闘技などで昇華される手があると思います。そういう伝説(?)を持ったプロの挌闘家のお話はよく聞きます。
 いちばんいけないのは自分自身を見失うことですが、そのときもご自身を責めたりせず「再発見」される工夫が必要でしょう。
 
 本当の自分はどのあたりにあるのかということを数値や順位を除外して考えてみる習慣や時間が必要だと思います。そんなに難しいことではないですよ。
 たとえばいまの自分は何をしているときがいちばん楽しいか。何をいちばん美しいと思うか。憧れている人は誰で、それはなぜか。いちばん苦手な物事は何か。身体を動かすのは好きか。どこにいるといちばん落ち着くか。好きな本は? いちばん食べたいものは? この瞬間、本当は何をしていたい?
 
 そんなことをあれこれ白いノートに書き出してみるといいですね。ご自身の本質を見つけようとする以上に大切なことは世の中にありません。
 いろいろ感じることが出てくるでしょう。たとえばどなたも遊ぶのは嫌いではないでしょう。しかし、その「遊び」とは何なのか。私にとってはこうやって文章を書いているのは遊びに近い感覚があります。全然つらくない。真夜中でもまったくつらくない。すると書くことに関係していれば幸せになれるなと気づきます。
 
 お若い方は職種に限定せず、大きく希望を持ってくださったらいい。何も否定しない。落書きが好き? 落書きではなくちゃんと勉強して描いてみればいいではないですか。落書きでは収入を得られませんが、きちんと描けば確実に収入を得られます。動物が好き? 獣医さんの勉強はしていなくても、動物たちと接するお仕事は無限にあります。何も思いつかないというのであればーー掃除だとか洗濯だとか料理だとかーーをやってみてください。気づくことがいろいろ出てくるでしょう。
 私はあなたの幸せをあきらめないですよ。ですから、少なくともあなたは私よりはあなた自身の幸せをあきらめるべきではないと思います。
 
 どうあろうと、責めないですけどね。
Tags :
幼児・小学生
中学生
高校生
高校受験
ソーシャルブックマーク:

2016.06.22 00:13

 ついに出てきましたね。ドイツでのフェスティバル。本当に心待ちにしていました。火曜日の明け方、Youtubuにアップされていたので次から次へと見てみました。いずれDVDも出るのかな。
 リッチー・ブラックモアがハード・ロックに回帰するのは20年ぶりです。それこそ私がZ会にお世話になりはじめたころです。指の手術もしたそうですし、いったいどうなることかと心配していたのですが、とりあえず無難なステージだったと思いました。
 
 ロニー・ロメロという実力派のすごくいいシンガーを見つけてきた。リッチー自身が「ロニー・ディオがフレディー・マーキュリーに会ったようなシンガー」と語っていましたが、確かに太くてそれでいてなめらかないい声をしています。安易に有名人を持ってこなかったのは見識ですね。まあ、華は・・・一朝一夕には身につかないので仕方がないのかなとも思います。
 あとバック。健闘していたとは思いますが、今回リッチーがどの曲でもギター・ソロをあまり崩さずに弾いていたのはバックがやりやすいように配慮していたのかもしれません。ツェッペリンみたいな駆け引きは難しいでしょう。
 
 ドラムが高校の軽音楽部のセットみたいな感じだったのですが、あれはわざとなのかな。「スターゲーザー」のイントロ部分を省略してしまったのには心底がっかりしました。アマチュアバンドでさえ頑張っているのに。コージー・パウエルの魂だろうが。
 選曲はさすがに考えられていました。出だしは「バーン」か「キル・ザ・キング」を予想していたのですが、意外にも「ハイウェイ・スター」を持ってきた。いいシンガーがいるので正面突破ということですね。
 
 照明も凝っていて非常に印象に残りました。昔とはもちろん違いますが、形はアーチ型のやつです。それが複雑に明滅する。「スモーク・オン・ザ・ウォーター」では連続的にたくさんの花火が上がりました。
 私はリッチー・ブラックモアの表情ばかり見ていたのですが、もっといやそうに出てくるかと思っていたら比較的あたりまえ(?)みたいな顔をしていましたよ。彼ももう70代ですから、大げさに装う必要はないのかもしれません。
 
 てっぺんの尖った例の帽子をかぶっている映像もありました。ドイツ、イギリスのステージが終わったあとは、日本に「わざと」来ないか当たり前のように来るかのどちらかだと思います。あの表情であれば案外あっさり来てくれるのではないかとひそかに期待してはいるのですが・・・
Tags :
幼児・小学生
中学生
高校生
高校受験
ソーシャルブックマーク:

2016.06.20 00:16

 私の両親はまったくアルコール類を飲みません。妹も飲みませんから実家では私1人が突然変異的に飲むようになりました。体質的には本来飲めない家系なのでしょうね。そのわりに何に使っていたのかわからないのですが、母はときどき梅酒を作っていました。大量の梅と氷砂糖を焼酎の中に漬けこんでおく。不思議ですね。大人になってからも飲んだ記憶はほとんどありません。単に趣味だったのだろうな。
 小学校低学年のころ、漬けこんだ梅の実をかじってみたことがありました。
 
 誰かにかじってみるか? と言われてかじってみたのですが、当然アルコールがしみこんでいます。そのときおそらく祖母だったと思うのですが、まだ子どもなのだからそんな梅をかじらせては身体に毒だよというようなことを言った。確かに毒という単語が出てきました。
 そこで私は完全に勘違いしました。そのちょっとあと、小学校で「梅毒」の話題が出た。どういう文脈だったかは忘れてしまいましたが、活字で出てきた。梅を「ばい」と読むのを知ったのはそのときがはじめてかもしれません。
 
 授業中ではなかった。女の先生がとてもこわい病気だというようなことをみんなに話しました。私はあああれかと思って、先生に「ぼくんちにはその梅毒というのがたくさんあります!」と言いました。先生はびっくりしましたよ。そんなわけがないと反応した。こちらは梅酒の梅の実のことだと固く信じていましたからね。「いや、絶対にたくさんあります。母(当時から私は敬語を使っていました)が一生懸命作ってるんです」とむきになって言い返した。すると先生は話題を変えてしまいました。
 
 自宅に帰ってからも憤然として母にも告げました。「うちには梅毒がたくさんあったよね?」母も仰天しましたよ。そんなものはないと言う。「いや、絶対あるよ。梅毒出してよ」そもそも梅酒という用語を知らない。瓶詰めという用語も出てこない。うまく説明できなくていらいらしましたよ。どこか・・・梅毒しまってあったじゃないかとしか言いようがない。
 母は私が真剣に言っていることはわかったみたいで、何のことだか知らないがそれは非常に悪い病気であり、そんな病人はうちにはいないと断言しました。
 
 うーむ・・・ですよ。どうしてあんなことになってしまったのか思い当たったのはずっとあとになってからです。梅酒の梅なんか子どもにかじらせたら毒だよのひと言がきっかけだったなというところにたどりついた。梅で毒。梅毒となってしまった。
 新聞で最近また梅毒が増加しているという記事を読みました。それでふとこのばかみたいな話を思い出しました。
Tags :
幼児・小学生
中学生
高校生
高校受験
ソーシャルブックマーク:

2016.06.19 00:52

 遠慮という言葉がありますね。非常に深い言葉だと思います。辞書をひくと2つの意味が出てきます。「遠い先々のことまで見通して考える」「他人に対し言葉や行動を控えめにする」と書かれています。
 ただこれは重なる要素もたぶんにありますね。遠い先々のことを考えるからこそ他人に対して控えめに接する・・・というケースは多いと思いますよ。
 私は子どものころ、とても引っこみ思案でした。そしてとくに母親から「男の子がそんな風に遠慮ばかりしていてどうするのだ」と叱られました。
 
 もっともっと積極的にやらなければいけない。横入りされて黙っているのではなく、こちらも横入りし返す(?)ぐらいでないといけない。やってみましたよ。幼児期、両親の言うことは絶対ですから。やってはみたものの、全然愉快でない。こんな下品なことをするぐらいなら、横入りされたまま黙っていたほうがよっぽどスマートだという気持ちになりました。
 母親自身が遠慮深く損をしてきた思いがあり、私にその影を見るのがつらかったのだろうとあとで考えるようにはなりました。
 
 実生活においてものすごく積極的な人というのはーー学校でも仕事場でもーーたくさんいらっしゃいます。私自身はそういう方の奮闘努力を微笑ましく感じますが、遠慮深い方を低く評価するかというとまったくそんなことはありません。
 要するに個々人の美学なのですよ。
 20年前Z会進学教室に応募する履歴書を書いたときのことを覚えているのですが、どうしても採用されたい(その後のキャリアについて考えていました)からこそ、徹底的に自分らしく書こうと思いました。
 
 本当の自分を偽って採用されたとしても意味がないと考えました。自然の開花でなければ意味がない。遠慮深い自分が思い切り自分をアピールしても、それは所詮造花にすぎないですからね。
 備考欄だったと思いますが、16年間(その時点で)中学生のことは見続けてきたのでいちおうのことはわかりますとだけ書きました。何ができます、こんな実績がありますの類は一切なし。そして・・・結果的に現在の自分があります。
 
 Z会というきちんとした会社の教室で、教えたり相談に乗ったり書いたり話したり多少なりとも世の中を明るくするお手伝いをさせていただいているということですね。
 遠慮深くて損をしていると言われている方、もちろん心底積極的になりたければどんどんなられたらいいと思います。ただそのままでも悪くはないですよ。バランスを崩すほどはむりをなさらないように。本当のご自身になりきることだけが真実の開花であると私はいつも考えています。
Tags :
幼児・小学生
中学生
高校生
高校受験
ソーシャルブックマーク:

2016.06.18 00:57

 現在、教室にアルバイトの方がいらしてくださっています。Z会進学教室卒業生の方もそうではない方もいます。今年の3月に長いことお仕事をしてくださっていた女性が就職でやめていかれました。優秀な方でしたからどうなることかと心配したのですが、今年からいらしてくださった方も本当に頑張ってくださいます。
 そのうちのある女性は他教室に通われていました。そういうケースもよくあるのです。採用関係は本部でやっていますから。
 
 その方は杉並区に住んでいらっしゃるので私と生活圏がかぶります。話をしているうちに荻窪のタウンセブンという商業施設の話題が出ました。私は買い物をしているよと話した。たとえば腕時計を買った。すると彼女はその時計屋さんのお嬢さんとは中学時代から親友同士で、いまでも1日に1回は何らかの形でやりとりをしているとおっしゃるではないですか。
 ちょっとびっくりして私は深く考えずに「この話の記念にまた時計を買おうかな」と言いました。
 
 彼女もおそらくは深く考えずに親友にその話をしたみたいです。親友の方もおそらく深くは考えずに経営者のお父さまに伝えた。
 何々さんがアルバイトをしている教室の先生がうちのお店でまた時計を買おうかなと言ってたよ・・・ぐらいでしょうね。するとお父さまはーーこれまた社交辞令的な意味合いからだと思うのですがーーサービスしなくちゃねとおっしゃった。
 
 こうした社交辞令的なやりとりはよくありますね。「また近いうちに飲みにいこうよ」「ぜひ行こう」・・・というやりとりがあって何となくそのままになる。だからといってどちらも傷ついたりはしません。世の中の人間関係を円滑にしていくためのある種の知恵ではないかと思います。
 しかし、今回私は本当に出かけて行きました。腕時計は2つ持っていて困らない。ただ、ここは実際に行動に移すべきだという気持ちがありました。
 
 お嬢さんのご親友のアルバイト先の人間ですとあえて告げました。お店にいらっしゃったお父さまは本当に値引きしてくださいました。ただ私の本当の狙いはそんなところにはありません。
 お父さまはお嬢さんに、本当にその先生が来たよと告げられた。アルバイトの方にはお嬢さんからその日のうちに連絡があった。
 私たちにはいろいろなことができます。かなりいろいろなことができる。さらにもう少しだけ、じつはできることがあるのかもしれません。
Tags :
幼児・小学生
中学生
高校生
高校受験
ソーシャルブックマーク:

2016.06.17 00:48

 本日6月17日でこのブログもちょうど7周年をむかえることになります。ここまで続けてこられましたのはひとえに皆さまのおかげです。心から御礼申しあげます。
 記事そのものは私個人が1人で書いてきましたが、初期のころはそれこそおっかなびっくりの面がありました。直接お話しているのと違って活字の向こう側にいらっしゃる方が見えない。こうやって勉強するといいよというアドヴァィスをさしあげたことで「余計なお世話だよ」という思いをされる方がいないだろうかとときどき考えました。
 
 はじめの半年は「中学受験応援団」というサブタイトルでしたから、中学受験生のご家庭に向けて書き続けました。はじめて100名以上の方が入ってくださった日は「おおっ!」と思いましたよ。Z会ブログランキングの10位にはじめて入れたときも「おおっ!」と思いました。
 いろいろ書いているうちに読んでくださっているのは受験生のご家庭だけではないということがわかってきました。どういう経由だったか・・・闘病中の方のブログに私の記事が載っているのを偶然発見しました。
 
 そうなってくるとちょっと気持ちも変わります。半年が経ちこれからは週に1回程度の更新頻度でいいですよと言われたのですが、闘病中の方やコメントをくださる方のことを考えると継続的に何か書き続けたほうがいいのではないかという気持ちになりました。いいというのは、相手の方のためだけではなく自分のためにもという意味です。温かい気持ちを持つことは生きる意味を明確に示してくれます。自分のような変な人間でも、何かしらお手伝いができるのだというささやかな喜びですね。
 
 読んでくださっている方はどんどん増えてきました。ページビュー数が6万を超え訪問者数が2万を超える月があります。
 こう考えています。私はけっこう占いが好きで、自分でカードを引いてみることがあります。信じているのですか? と訊かれるのですが、盲信しているというよりはたとえば悪い札が出たときに自分の中でどんな変化が起きるか見たいという気持ちがあります。「損をする」という札が出れば「損をしまい」と萎縮するのではなく、いったい私にとって損得とは何だろう? と考えてその日を過ごします。鏡みたいなものですね。
 
 ブログ記事も書籍のほうもそんな風にゆるい予感の風としてに受け止めていただけましたらうれしく思います。
 今後ともよろしくお願いいたします。
 
 
Tags :
幼児・小学生
中学生
高校生
高校受験
ソーシャルブックマーク:

プロフィール

プロフィール画像
長野先生
35年以上、中学生を教え続けてきました。生徒たちが日々の学びを通じて大きく成長できますように明るいヒントを発信していけたらと思います。

カレンダー

<<   2016年06月   >>
      01 02 03 04
05 06 07 08 09 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

新着記事

月別アーカイブ