2016.03.31 06:23

 週刊将棋という将棋の新聞があったのですが、今月限りで休刊になってしまいました。以前からなくなることはわかっていたのでそんなにショックではないのですが、一時期毎週愛読していただけに寂しいですね。
 最近は新幹線の中なんかでよく読んでいました。1984年創刊ですから32年間続いたことになります。毎週のように買っていたのは1980年代ですね。その後はたまに買う感じになりました。
 
 将棋に、というより将棋界そのものに以前ほど興味がなくなってしまいました。自分が少年時代に親しんできた棋士が亡くなられたり引退されたりして、何となく興味が薄れてきたということはあるかもしれません。
 夢中になっている状態のときは、やはりひいきの棋士が何人もいました。ファンは、自分を棋士に重ね合わせて指したりするものです。当時はネット対局がありませんから、もちろん道場でした。
 
 若くして(と書いてさしつかえないと思いますが)亡くなられた美男子の真部一男先生が私は非常に好きでした。彼が名人候補として大活躍されていた時期は、自分も将棋に熱中したものです。真部先生の真似をしてよく穴熊を指したりしました。週刊将棋にも真部先生の記事が掲載されていたので、しょっちゅう買っていました。
 真部先生が体調不良であまり活躍されなくなり、同じく振飛車党だった森安九段が亡くなってからは将棋熱が冷めた感じがあります。
 
 1984年創刊というと私が毎月必ず購読している「BURRN!」誌と同い年だったということになります。私自身まだ20代でした。
 雑誌や新聞が本当に読まれなくなった、書籍が売れなくなったとさかんに書かれています。紙媒体で情報を得たり考えたりする機会はとても大切だという気がするのですが、どうなのでしょう。
 最後の週刊将棋は渋谷駅では売り切れで手に入らず、荻窪駅で入手しました。保管しておこうかなと思います。
Tags :
幼児・小学生
中学生
高校生
高校受験
ソーシャルブックマーク:

プロフィール

プロフィール画像
長野先生
35年以上、中学生を教え続けてきました。生徒たちが日々の学びを通じて大きく成長できますように明るいヒントを発信していけたらと思います。

カレンダー

<<   2016年03月   >>
    01 02 03 04 05
06 07 08 09 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

新着記事

月別アーカイブ