2015.05.28 00:37

 先日主婦と生活社の編集者の方から久しぶりにご連絡をいただきました。拙著「励ます力」が新宿の紀伊国屋書店さんでずっと売れ続けて(?)いるので、今後の展開についてご相談くださるというお話でした。何か質問はありますか? とも訊かれましたが、私としては置いていただけるだけでありがたいのでとくに要望みたいなものは出しませんでした。
 特定の本と特定の書店さんとの相性というのは、やっぱりあるそうです。ご縁ということなのでしょう。
 
 今年も渋谷教室で私は小さな講演会を実施するのですが、やはり反響が大きく1回目の定員70名も2回目の定員100名もどちらもあっという間に満員になってしまいました。昨年度まではここまでは集まってはくださらなかったので、これまた書籍の影響は大きいと感じます。
 基本的に私は何かを書くにせよどこかでお話するにせよ、関係ある方々に少しでも希望を持っていただきたいという強い気持ちを持っています。世の中にはいろいろな考え方があり地位のある方の「絶望するしかない」というような意見もときどき耳にしますが、私の姿勢はどんな瞬間にも希望はあるはずだという考えで一貫しています。
 
 陸軍中佐だった祖父が「戦場でさえ選択肢がある」というような不思議な発言をしていた話は以前も書きましたが、いまになってみるとそういう意味に近いことを表現したかったのではないかと感じることがあります。戦傷を負った祖父は晩年言葉が少し不自由でしたし、私も私で幼かったので真意をきちんと理解することができなかったのですが、こうやって勝手な想像ができるのはある意味で幸せなのかもしれません。
 私はーーそれこそ勝手にーー祖父の言葉もまた自分の人生観を補強する材料の1つとして解釈しています。
 
 書籍が売れないというお話はよく聞きます。確かに皆さん電車のなかでもスマホばかりご覧になっていますね。私個人は所有していないのでよくわかりませんが、家内も息子もそうなのでしょう。また有名な小説家の新刊が初版1万部程度(!)であるという記事も何かで目にしました。それでは生活できませんから皆さんたくさん書いて次々出版しなければならない。本意ではない方もいらっしゃるでしょう。
 ただそういう時代であれば、淘汰されてホンモノだけが残るという気持ちもあります。平安時代や鎌倉時代でさえいい作品は残っている。それこそ戦場で希望が見つかるのであれば、どういう状況下でも希望は創造できると信じたいですね。
 
 「励ます力」の出版は個人的に本当にうれしかった。ただ、喜んでばかりいてはだめなのであって、私がやるべきことはここを1つの突破口として希望の輪を広げていくことでしょう。書籍の販促活動もブログの記事も講演などもーーもちろん授業や面談もーーありとあらゆる機会を光をともすきっかけにしたい。
 厳しい時代だからこそ、声を上げる意味がありましたね。まだまだまだ旅は続きます。むりをせずエレガントに支えていくつもりです。励ます力ですよ。
Tags :
幼児・小学生
中学生
高校生
高校受験
ソーシャルブックマーク:

プロフィール

プロフィール画像
長野先生
35年以上、中学生を教え続けてきました。生徒たちが日々の学びを通じて大きく成長できますように明るいヒントを発信していけたらと思います。

カレンダー

<<   2015年05月   >>
          01 02
03 04 05 06 07 08 09
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

新着記事

月別アーカイブ