2015.05.03 07:25

 昨日の朝日新聞(デジタル)に面白い記事が載っていました。まあ、当たり前のお話なのですが。
 小4~小6、中2、高2の子ども17000人と小4~小6の保護者の方7800人を対象に調査したそうです。
 もっと頑張れと親がいくら激励したところで子どもの生活力は向上しないという結論が出た。いくら頑張れ頑張れと念仏みたいに唱えてみたところで、効果はまったくないということですね。これは親だけではなく先生も同じだと思います。
 
 それよりずっといい方法が4つ出ていました。①ご自身の体験を話す。②山、森、川、海などの自然の中で遊ばせる。③家の手伝いをさせる。④読書。
 頑張れ頑張れの何倍も効果がありました。ふだんこのブログで書いていることとまったく変わりません。変わりませんが、さすがに私は17000人も生徒は見ていませんから改めて記事に残しておこうと思いました。
 頑張れというのは大人側の勝手な希望なのですよ。昔、こんなことがありました。
 
 お父さまが頑張れ、トップを目指せとつねに激励されていた。中学生の男の子です。もういやだと彼は私のまえで涙を見せた。1度涙がこぼれたら、あとからあとから湧いてきてとうとう声をあげながら泣きはじめました。こみあげてくる思いがあるのですね。
 ずるいよずるいよ・・・と。お父さんは自分はトップなんか目指していないじゃないか。会社でトップになろうとしていないじゃないか。僕はそのことを何も責めないのに、どうして僕だけこんなに責められなくちゃならないんだ!
 
 言葉の激励なんてそんなものです。魂がこもっていないことが多々ある。魂がこもるということは相手のことを本気で深く考えるということなので、逆に「安易に」頑張れとは言えなくなります。もし、お子さんに日々頑張れと言われたら・・・私なら自宅に帰りたくなくなりますよ。お父さん、本当に頑張ったの? 頑張って会社で1つでも上をめざしているの? 現状で満足していたら進歩がないのはわかっている? やればできるんだからもっと頑張って努力しなよ。
 どう考えても逆効果でしょう。それよりは上記の①~④までちょっと配慮してあげてください。どれもこれも今日からできることばかりです。
Tags :
幼児・小学生
中学生
高校生
高校受験
ソーシャルブックマーク:

プロフィール

プロフィール画像
長野先生
35年以上、中学生を教え続けてきました。生徒たちが日々の学びを通じて大きく成長できますように明るいヒントを発信していけたらと思います。

カレンダー

<<   2015年05月   >>
          01 02
03 04 05 06 07 08 09
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

新着記事

月別アーカイブ