2015.02.09 09:15

 私は基本的に電車内で座らないことにしています。バスは座ります。座席が独立していて外がよく見えるから(子どもかよ!)ですね。しかし、電車は横並びで外がよく見えないうえに隣の方と密着してしまうのがちょっと苦痛なので座りません。
 始発近くてがらがらのときや体調の悪いときなどもちろん座ることが皆無というわけではないのですが、少し空席があるぐらいではまず座らないですよ。
 
 土曜日、朝から保護者会がありました。そのあと授業が2コマあった。ぜんぶで4時間以上立ったまま喋っていました。そのあいだに面談が4件ぐらい。中3のあるコースの授業が終了する日でもあったので最後の生徒が帰るまで夜は教室に待機していました。滞在時間はどうしても12時間を超えてしまいます。
 何を書きたいか? それでひどく疲れていたように見えただけなのだと思いたいのです。思いたいのですが・・・そうではないかもしれませんね。
 
 帰りの電車(高尾行きの各駅停車)のなかでまえに座っていらっしゃった30代(?)のちょっときれいな女の人に「よろしかったらどうぞ」と席を譲られてしまいました(トホホ・・・)。
 私はつり革につかまって難しい本を読んでいました。途中でーーとくに意味はなかったのですがーーちらりと目が合った。彼女は一瞬笑みを浮かべたように見えました。そしておもむろに立ち上がった。
 私はーーもともと座りませんからーーけっこうですと断ったのですが、女の人だってもう座れないですね。気の毒なことをしたなと思いましたよ。
 
 結局、空いた席には若い女の子がさっと座りました。私に席を譲ってくださった女性は少し位置をずらして別の席に座りました。意地になっているように見えたらいやだなとは思ったのですが、座りたくないのは事実ですので困りました。
 これで・・・4回目か。1回はバスの中で、お身体の不自由な方からどうぞと謎の勧誘(?)を受けました。2度目は小学校低学年ぐらいの女の子。立川教室からの帰りです。3回目は山手線内で男子高校生のグループ。3人がはじけたように立ちあがって「どうぞ!」。
 
 息子には「座ってあげなよ」と笑われましたが、我慢して座るのも何だかなあ。ただいろいろな方のご厚意を無にするのは本当に申し訳ないので、何とかならないものかなと思ったりします。「席を譲らないでください」というボードを提げて電車に乗るわけにもいきませんからね。今後はドア付近に立って座席のまえには行かないように気をつけようと考えています。
 
 明日、記事はお休みしますが受験生の方は頑張ってください。忘れられない1日になると思います。ということは・・・そのこと自体が財産ですね。
Tags :
幼児・小学生
中学生
高校生
高校受験
ソーシャルブックマーク:

プロフィール

プロフィール画像
長野先生
35年以上、中学生を教え続けてきました。生徒たちが日々の学びを通じて大きく成長できますように明るいヒントを発信していけたらと思います。

カレンダー

<<   2015年02月   >>
01 02 03 04 05 06 07
08 09 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

新着記事

月別アーカイブ