2014.10.27 08:13

 クリーム(バンド名)のジャック・ブルースが亡くなったそうですね。まあ、そういう年齢と言えばそういう年齢なのか。ゲーリー・ムーアも亡くなりましたからBBM(どなたもご存知ない?)の3人のうち2人が亡くなってしまった。最年長のジンジャー・ベイカーだけが健在であるというのもある意味皮肉かもしれません。
 1994年にBBMがデビューしたときのジャック・ブルースのインタビューは鼻息荒かったですよ。前年にアルバムを出したカヴァデール/ペイジの存在に触れて「一緒にしないでくれ」とまで言っていました。
 
 すごい意気込みではありましたが、売れなかったみたいですね。音はまるでクリームそのものでした。1994年にクリームが出てきた感じ。
 ジャック・ブルースというミュージシャンはある時期本当に好きでした。1980年代の後半、深夜のテレビ番組で偶然ソロ・コンサートの様子を目撃して楽曲の素晴らしさに感動しました。厳密に言ってロックの範疇からはずれたような曲が多いわけですよ。ジャズやソウル・ミュージック、あるいはファンクみたいな曲を演奏している。ご本人に訊けば「ぜんぶブルーズだ」とおっしゃるでしょうけどね。
 
 いい曲がたくさんあるもんだなーと感心して当時手に入るかぎりのソロアルバム(再発されたものばかりでした)を購入しました。ジャズっぽい名曲をロックの解釈で演奏している感覚が斬新だったのです。
 ある意味でCHARさんに似ているかもしれません。演奏も風貌もロックの王道を行く感じですが、楽曲的には他のジャンルの要素が色濃く出ている。いつだったかジャック・ブルースとCHARさんとサイモン・カークの武道館公演が中止になったことがありますが、あれは残念でした。当然行くつもりだったのですが。
 
 同じクリーム出身でありながら、エリック・クラプトンとジャック・ブルースの世間的評価にこれほどまでの差がついてしまったのはどうしてなのだろうと考えてみたことがあります。ジャック・ブルースは深刻なドラッグ中毒だったときがあるみたいですが、それはクラプトンも同じです。楽曲はまったく問題ないですし(私はむしろジャック・ブルースの作った曲のほうが好きです)、ステージも文句なしにかっこいい(わざわざ名古屋のライブハウスまで見に行ったこともありました)。それなのに天と地ぐらいの差が開いた。
 
 要するにあれですね。クラプトンは一介のギタリストからスタートしていつのまにか文化人になっているわけです(悪い意味ではありません)。最近のストーンズなんかもそうですね。各界の名士が称える存在になった。ところがジャック・ブルースはいつまでたってもロッカーなのです。しかもダークなイメージがある。いまさらそんなことを言う必要もないのにわざわざ「ツェッペリンはクズだ」と発言したのは50代になってからでした。チープでもパンクでもない。しかしダークなのです。
 そこがいいんだな。じつは私もちょっとそういう人間でありたいと思っています。ダークでいたい。残念ですよ。
Tags :
幼児・小学生
中学生
高校生
高校受験
ソーシャルブックマーク:

プロフィール

プロフィール画像
長野先生
35年以上、中学生を教え続けてきました。生徒たちが日々の学びを通じて大きく成長できますように明るいヒントを発信していけたらと思います。

カレンダー

<<   2014年10月   >>
      01 02 03 04
05 06 07 08 09 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

新着記事

月別アーカイブ