2014.10.22 10:46

 今日は忙しいので自宅からです。土日でなくてもそういう日があるのです。教室での会議とかいろいろあって、夜は夜で授業。面談も入っていたかな。食事の時間がとれるかどうか微妙な感じですが、食事抜きはしょっちゅうなのであまりこだわりは持っていません。
 朝と昼を抜くとちょっとした断食みたいな感覚になり頭がすっきりします。食べる時間もないと不満に感じるのではなく、プチ断食を楽しむぞ! という気持ちが大切ですね。
 
 中学受験をしない小6生のための授業がはじまっています。私は現在は国語科の教材のお仕事に一切関わっていません。Z会進学教室には専門のいい先生がたくさんいらっしゃるので、私はのんびり(?)していられるのです。
 ただこの受験をしない小6生の教材についてはじつはぜんぶ私が選んだという経緯があり、非常に愛着があります。自分で自由に作ることができたので、小学校6年生の少年少女にぜひ読んでもらいたいという「文章」だけを選びました。問いはどうでもいいやという感じで。
 
 2回目の授業のとき、時間の話が出てきました。時間を持ったことで人類の文明は発展してきたというようなお話です。全面的に正しいかどうかはわかりませんが、非常に面白い視点ですね。何しろ時間がなければ組織的行動だとか秩序だった生活だとかができないわけです。明るくなったら集まろう・・・では皆さんいつになったら揃うのかわからない。そういうことが書いてある。
 と同時に、時間は各自が持っているものでどう使うかは「生き方の問題」だとも書かれています。
 
 小学生に限らないですね。どなたもそうです。いまのこの瞬間(以外の時間をじつは私たちは所有できませんね)をどう使うかということは、あなたがどう生きるかという大きな問題に直結しています。
 たとえば私はふだんだとだいたいこの時間帯は、スーツに着替えて趣味の将棋の研究をしているころです。まあ遊んでいる。今日もそうしてもいいのですが、教室に出てからだと忙しいのでブログの記事はちょっとだけ質が落ちたものになるでしょう。楽しみにしてくださっている方がたくさんいらっしゃるのに「その生き方でいいのか?」ということです。
 
 空いている時間を勉強に使いなさいというお説教ではないですよ。ただし意識して使いなさいとは伝えたいかな。この瞬間何をしているかーー結局あなたの生き方なのです。
Tags :
幼児・小学生
中学生
高校生
高校受験
ソーシャルブックマーク:

プロフィール

プロフィール画像
長野先生
35年以上、中学生を教え続けてきました。生徒たちが日々の学びを通じて大きく成長できますように明るいヒントを発信していけたらと思います。

カレンダー

<<   2014年10月   >>
      01 02 03 04
05 06 07 08 09 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

新着記事

月別アーカイブ