2014.10.18 06:46

 今日は午前中からあれこれと忙しいので自宅からです。
 お金がなくて困っているときに家具のあいだから何枚も小銭が出てきたらどうしますか? 千円、5千円という紙幣ではありません。しかし、小銭ーー百円玉や十円玉はぽろぽろ出てくる。当然、かき集めて使うのではないですか?
 そのお金にはちょっと特質があり、いましか使えません。そうしたらどうでしょう。おそらくすぐに使えるように準備しておくと思います。100円ショップに行けばほしいものはいくらでもあるでしょう。まえもってリストを作っておくといいですね。
 
 拾わないという選択肢はまずないと思います。お金が余っているのであればべつですが、なくて困っている。むだにしないように心がけるのが普通でしょう。逆に言えばそうやってきちんと拾っておかないから足りなくなるのです。隙間に落ちていたお金をばかにしないで使ってくださったらいい。
 ところで隙間に落ちている時間についてはどうでしょう。1時間はありません。しかし10分、15分ならたくさん落ちているのではないですか? 忙しいと嘆きながら隙間の時間をむだにしていませんか?
 
 考え方によっては時間はお金より価値があります。お金はまた稼ぐことができますが、時間はもう戻ってこない。今日1時間むだにしてしまったら明日いくら努力しても今日の1時間を補填することは不可能です。そもそも生きる時間が有限なのですから、取り戻してあれこれすることはできないですね。
 その場で使わなければ消えてしまう。だからこそ隙間の時間ができたら何に使うか決めておくといい。長文読解なんかは確かにむりでしょうが、単語や漢字の暗記にはぴったりですね。
 
 通学通塾時間が長いという人もただ長いと嘆いていないで、その時間を隙間の時間として利用されたらいいのです。座らなくたって勉強はできますよ。神奈川県からZ会進学教室の渋谷教室に通ってくださっていたある卒業生は、大量の読書時間がとれたとおっしゃっていました。大量の読書をしていたので文章を読んだり理解したりするのがものすごくはやかった。遅い人の2倍ぐらいのスピードで読んでいました。
 読書だけは時間がとれないと言い張る人がいますが、隙間の時間を使えば何とかなるはずです。
 
 ほかにもいろいろありますね。見たいテレビとテレビのあいだの時間、食事が出てくるのを待つ時間、バスや電車の待ち時間、学校や塾の休み時間、起きたすぐあと、お風呂から上がって髪を乾かしているとき・・・最近はそれこそ歩きながらスマホを見ている人がたくさんいますね。危険なので全然お奨めはしませんが、あれだって無意識のうちに隙間の時間を活用しているわけです。
 家具と家具のあいだに落ちているお金を拾う努力をまったくせずに、お金がないから何も買えないと言っている人は工夫が足りません。同じことです。隙間の時間をまるでむだにしていませんか?
Tags :
幼児・小学生
中学生
高校生
高校受験
ソーシャルブックマーク:

プロフィール

プロフィール画像
長野先生
35年以上、中学生を教え続けてきました。生徒たちが日々の学びを通じて大きく成長できますように明るいヒントを発信していけたらと思います。

カレンダー

<<   2014年10月   >>
      01 02 03 04
05 06 07 08 09 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

新着記事

月別アーカイブ