2014.10.06 13:55

 基本的に火曜日と木曜日にお休みをいただいています。先週は木曜日は出てきました。代わりに金曜日にお休みをいただきました。
 火曜日は本当にずーっと休んでいます。あまりにも休みが続いていてちょっとまずい気がしたので、先々週授業のはじまる前後にちらりと顔を出しました。じつは授業の様子は先生方の日誌を読んでわかっています。何々くんが授業中ジュースを飲もうとして注意された・・・などという細かいレベルまでじつは知っている。
 
 ただやはり現場の空気を感じておくのは大切ですからね。休みが続くようであれば、またどこかで顔を出します。
 休みの日、けっこうやることがある。「若いときにはなかったやること」ですね。医者に行く。両親の様子を見に行く。両親も高齢ですからいろいろ持病を抱えていてーー以前書いたようにーーちょっと面倒なことも起きているのですが妹がいてくれて助かっています。
 明日の火曜日は自分自身の健康診断が入っています。健康診断は受けているだけで、結果は気にしません。そういう人間なのですね。
 
 たまに完全に「何もやることがない休み」というのが出てきます。若いころはそういう休みばかりだったのですが。
 あれもやろうこれもやろうと考えながら、ついつい朝からインターネットで将棋を指していて予定していたところに行けなかったりする。気がつくと夕方近くなっている。息子に「ゲームはだらだらやらないで時間を決めてやるといい」などと言っておきながら、自分はだらだら画面に向かっていたりする。困ったものですね。と同時に、このだらだら感がいいのだと思うときもあります。完全に自由だからこそ「くだらなく過ごす自由」も持てた。
 
 ずっと自宅にいる日は家族と夕飯をとるわけですが、最近息子も忙しくて自宅にいないことがよくあります。大学の仲間や近所の友だちーー中学校時代のですねーーと食事に行ったり、アルバイトや自動車学校に行っていたりする。するとつまらない。子どもが生まれるまえは夫婦だけで食事していたわけですが、こんなに静かだったかなと不思議に感じます。空間にエネルギーが足りないような気がするのです。
 2週間か3週間に1日、むりをしても午前中から出かけます。自宅を出てしまわないとまた将棋で終わってしまうような気がするので雨が降っていてもとにかく出る。
 
 遠い昔はそのまま各駅停車に乗って日帰りで熱海や高崎なんかに行ったりしていたのですが、そういうことはしなくなりました。長編小説を読まなくなって俳句を鑑賞するようになった・・・みたいな感覚でしょうか。自然体でいきたいと思っています。
 
 
Tags :
幼児・小学生
中学生
高校生
高校受験
ソーシャルブックマーク:

プロフィール

プロフィール画像
長野先生
35年以上、中学生を教え続けてきました。生徒たちが日々の学びを通じて大きく成長できますように明るいヒントを発信していけたらと思います。

カレンダー

<<   2014年10月   >>
      01 02 03 04
05 06 07 08 09 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

新着記事

月別アーカイブ