2014.10.05 09:31

 先日「ジャージー・ボーイズ」という記事で、私は「不便だったからこそ幸せだった」と書きました。そのことをずっと考えています。
 夢中になったフランキー・ヴァリという歌手について、全然わからなかった。わからないし音源も手に入らない。そういうなかでじりじりしながら自分自身で調べていく。あるいは何とか音源を手に入れようとFEN放送の懐メロ番組(土曜日にやっていました)を毎週必ず聴く。何年も何年もそうし続けて、本当に大好きなアーティストに「育った」わけです。
 
 男女関係もこういうものではないかとふと思いました。最近の若い方はあまり激しい恋をなさらないという記事を読んだことがあります。草食系と呼ぶのですか? がつがつしていない。結婚もしてもしなくてもいいという方が昔より増えてきたそうですね。
 便利すぎるのではないか? そう思います。連絡のとりたいときに連絡がとれる。電話でも活字でもどちらでも可能です。濃密につながっている。自分が若いころはそうではありませんでした。
 
 たとえば何か気になることが出てきても、夜になると一切連絡がとれませんでした。メールだのラインだの何もありません。携帯電話もない。自宅の電話では家族に会話を聞かれてしまう。わざわざ公衆電話にかけに行くのですが、逆に向こうの女の子が家族のまえなので話せない。
 共通の友だちに公衆電話で電話をかけて、さっきの自分の発言はこれこれこういう意味だと彼女に伝えてほしい・・・というようなわけのわからない連絡をしたことも1度や2度ではありませんでした。そこまでしてもこちらの気持ちが本当に伝わったかどうかは翌日になるまでわからない。心配で眠れずじりじりしながら朝を待つ。
 
 たいていなあんだ、心配することはなかったのか・・・という結果になるのですが、とにかくすぐに連絡がとれないこと自体がお互いの気持ちを高めた事実はあったと思います。会うのだって大変でした。いまの時代と違って自分の両親の世代は男女交際にけっこう厳しかった。電話をかけたらあちらのお父さんに「うちの娘に何の用だ!」と怒鳴られたりしました。電話を切られたり手紙を捨てられたりしたこともありましたよ。
 それでも相手を好きだという気持ちは変わらない。変わらないというより、妨害が入ることで負けるものか! とかえって強くなる。
 
 あの抵抗感(?)がすべて消えてしまって、のべつまくなしに「いま何してるの?」みたいなコミュニケーションがとれてしまったら、(この思いが伝えられないなんて!)という激しい感情はわきたたないかもしれません。
 空白の時間、沈黙の時間、耐え忍ぶ時間が愛情を育てていたのですね。その期間があまりにも切ないので一緒にいたいと願う。
 不便さがいろいろなものを育ててくれた。勉強だってそうかもしれません。お兄さんから譲られたお古の参考書1冊しかないとなったら、汚かろうが何だろうが隅から隅まで読もうとするでしょう。しかし5冊も6冊も持っていたら、そこまで熱を入れて読むかどうか。ちょっと意識してもいい問題かもしれませんね。
 
 
Tags :
幼児・小学生
中学生
高校生
高校受験
ソーシャルブックマーク:

プロフィール

プロフィール画像
長野先生
35年以上、中学生を教え続けてきました。生徒たちが日々の学びを通じて大きく成長できますように明るいヒントを発信していけたらと思います。

カレンダー

<<   2014年10月   >>
      01 02 03 04
05 06 07 08 09 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

新着記事

月別アーカイブ