2013.03.31 04:36

 けさは、勉強の話を書きますかね。
 とくに受験生の方ですね。Z会進学教室ではなくても塾の春期講習に通われている中学生は多いのではないでしょうか。中学生だけではないな。小学生や高校生の方もいらっしゃるでしょう。
 いつもいつも繰り返すことですが、復習をきちんとしてください。宿題や課題ではないですよ。宿題や課題以外に復習もするということです。

 春期講習は期間があまりにも短い。そうすると、たとえば国語でいうと文法には1日しかさけません。たった1日ですよ。たった1日で、それこそ中学3年生なら2年間分の内容を総復習してしまいます。
 文法が好き(そんな人いるのかな)で、これまで熱心に勉強してきた方には何でもないのかもしれませんが、普通の中学生にとってはそれこそ何が何だかわからない1時間になってしまう可能性もあります。

 ただ規則性のあるものですからね。何が何だかわからなくても、あとで授業でやったことをよく見直してみれば、ああそういうことなのか、ここをすべて覚えればいいだけなのかということは必ずわかります。わからなかったら、まだ講習期間中なのですから先生のところに質問に行けばいいですね。
 そうやって健康診断みたいに考えてください。診断結果に不安なところがあれば治療するということです。それが復習ですね。

 せっかく講習に通ったのに成果が上がらなかったという方は例外なく習いっぱなしなのです。塾の先生は理解させることにはそれなりに習熟していますから、きちんと説明を聞いていればその場では理解できると思います。なるほど、よくわかったという気持ちになる。
 ただそれを本当に自分のものにするためには、同じものを繰り返しやってみる必要があります。時間を置いても自力ですらすらできるようになってはじめて本当の理解に至るのですよ。

 先日の授業でこんなのがありました。「食べるとおいしい」の「食べる」は終止形か連体形か。文章が終わっていないので終止形ではない? 名詞=体言に続いていないので連体形ではない? おかしいですね。どちらでもないということはありません。どちらでもあるということもありません。どうやって見分けるか、したに「と」がついた場合どちらになるか話しました。聞いている分にはばかみたいに簡単です。でも1人になるとあれ、どっちだっけ? となる。
 復習は大切ですね。宿題や課題にプラスして、必ずやっておいてください。これはご自宅で1人で勉強している方にも言えることですよ。きのうやったところを見直してから、今日の課題に入りましょう。

 

 
Tags :
中学生
高校生
高校受験
ソーシャルブックマーク:

プロフィール

プロフィール画像
長野先生
35年以上、中学生を教え続けてきました。生徒たちが日々の学びを通じて大きく成長できますように明るいヒントを発信していけたらと思います。

カレンダー

<<   2013年03月   >>
          01 02
03 04 05 06 07 08 09
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

新着記事

月別アーカイブ