2012.03.09 13:12

 わざわざ自習するために高校に行った息子が早々に帰ってきました。「卒業式の予行演習だったので帰ってきた」明日が卒業式なのです。彼は欠席するつもりだと以前から言っています。
 中学のときは卒業式には出ましたが、学年みんなで記念にディズニー・ランドに行く行事は当然のように欠席していました。私はこういうことは彼にすべて任せています。

 自分の高校の卒業式のときのことを私はまだ覚えています。謝恩会(?)みたいなことを高校の食堂でやりました。卒業生と先生、少しは保護者の方もいらっしゃったのかな。とにかくそういう集いがあった。
 私は何となくうんざりして(苦手なのです)途中で抜け出しました。で、6年間(私は中高一貫校に通いました)世話になった無人の教室を逆に見て歩こうと思いました。

 高3⇒高2⇒高1(3階のこの部屋にいちばん長くいました。思い出深かったのですね)⇒中3⇒中2⇒中1とうろうろして、最後に1階にあったトイレに入りました。そこもまた私が入学してはじめて入ったトイレです。
 そのとき謝恩会が終わったのですね。人の気配がする。こんなところに一人でたたずんでいる姿を見られるのはいやだったので、慌てて個室に隠れました。

 はじめに来たのは昔の同級生とその連れのだれかでした。小用を足しながら「来年は絶対に〇〇大学に受かってやる!」と言っていました。その後も何人かがたて続けに入ってきて、なかなか出られません。
 先生が数人入ってきたのがわかりました。ある先生ーー私はこの人のことが好きでしたーーが「今年の卒業生は本当にレベルが低かった」と他の先生に話しかけていました。

 私はその先生の言うこともわかるような気がしました。自分もまた周囲の連中にはうんざりだ。この先生の「レベルの低い卒業生」のなかに自分だけは含まれていないだろうという気がしたので、卒業後かなり長い手紙をその先生に書き送ったことがあります。翌年は年賀状も出したのかな。
 その先生からは一切返事をいただけませんでした。ちょっとショックでしたね。「大人とは子どもが傷ついた姿である」と言ったのは太宰治でしたっけ? そういうことです。
Tags :
中学生
高校生
高校受験
ソーシャルブックマーク:

プロフィール

プロフィール画像
長野先生
35年以上、中学生を教え続けてきました。生徒たちが日々の学びを通じて大きく成長できますように明るいヒントを発信していけたらと思います。

カレンダー

<<   2012年03月   >>
        01 02 03
04 05 06 07 08 09 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

新着記事

月別アーカイブ