2011.09.11 13:18

 今日は横浜教室でお話をしてきました。行き帰り、例によってグリーン車を使いました。休日なので片道550円。都内から横浜までグリーン車に乗るというのはばかみたいなのでしょうが、私はとにかくグリーン車が好きなので、これは趣味みたいなものです。楽をしたいから乗るのではなく、グリーン車そのものが好きだからあえて乗っているのです。休みの日など、用事もないのにグリーン車に乗ることがあります。

 昔、会社のある女の人に「横浜までグリーン車だなんて、私にはとてもそんな贅沢はできません」と言われたことがあるのですが、その方は洋服もバッグもアクセサリーもとても高価なものを身につけられていて、私から見るとグリーン車に乗る何百倍も贅沢に見えます。でも、そうではないのですね。
 要するに、何にお金を使うかは人それぞれということなのでしょう。

 行きは東海道線で行き、帰りは湘南ラインで戻りました。そういうところもわざと電車を変えます。行きは東京駅からでしたから電車自体がらがらで、とても快適でした。ところが途中ーー品川だったかなーーサラリーマンらしき人が乗ってきて、わざわざ通路を空けた私の左側に座ったので、ちょっと落ち着きませんでした。他者の視界に入るのは何となく気疲れします。まさか「がらがらなのだから私の近くに来ないでください」とは言えません。

 
 帰りは意外にもすごく混んでいてちょっと驚きました。窓際に座れましたけどね。武蔵小杉の駅に止まったのははじめてでした。
 鶴見駅の近く、大きな工場が見えます。工場の近くにぼろぼろの集合住宅がある。窓側から見ると完全に閉鎖されているようにも感じるのですが、じつはまだどなたか住んでいます。玄関側の狭い廊下に一つだけ洗濯物が干されているのでわかるのです。何年も何年も私はその光景を見ています。で、洗濯物を探しては(あ、まだ住んでいるな)とちょっとほっとします。
Tags :
中学生
高校受験
ソーシャルブックマーク:

プロフィール

プロフィール画像
長野先生
35年以上、中学生を教え続けてきました。生徒たちが日々の学びを通じて大きく成長できますように明るいヒントを発信していけたらと思います。

カレンダー

<<   2011年09月   >>
        01 02 03
04 05 06 07 08 09 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

新着記事

月別アーカイブ