2010.12.29 11:41

 昨晩コメントをいただいた方のお名前(?)を拝見して驚いたのですが、私がときどきうかがう名居酒屋に通っていらっしゃるようでした。以前も同じことを書きましたが、そのお店は本当に空気が澄んでいて、ちょっと神社仏閣みたいな空間なのです。変な例えですが、おわかりいただけると思います。

 当然、お客さんもその覚悟で来ます。大声を出したり騒いだりする人は一人もいません。また団体客もいない。年齢層も高いですね。
 基本的にご家族経営のようで、女将さんとその娘さんらしき方が中心になって働いています。女将さんはけっこう厳しい方で、若いお客さんが汚く食べ散らかしていたりすると丁寧な口調ながら注意しています。いいことだと思います。

 神社や寺院という場所は何となく心が休まりますね。そういうところは本来一人で行くものだと思っていますが、一人で静謐な空間を歩いていると自分を反省するいい機会になります。地方に旅行したときなど神社仏閣を見つけると必ず寄ってみるのですが、雑踏を歩いているときとは全然気分が違う。浄化された場の力とでも言うのでしょうか。

 たとえば公衆便所とか駐車場とか病院の廊下とかに一人でじーっとたたずんでいても、神社仏閣にいるときのような気持ちにはなれません。何となく落ち着かない。神社仏閣ではこれまで数え切れない人間が祈りを捧げてきたはずで、その総量がありとあらゆる空間に漂っているのでしょう。人々の祈りの集積のシャワーを浴びているわけですね。

 飲食店にも同じような感覚のお店がある。大衆的ないいお店はたくさん知っていますが、飲みに行くときですら今日は何か精神性の高いエネルギーがほしいという日は、そのお店を選んでいるような気がします。
Tags :
ソーシャルブックマーク:

プロフィール

プロフィール画像
長野先生
35年以上、中学生を教え続けてきました。生徒たちが日々の学びを通じて大きく成長できますように明るいヒントを発信していけたらと思います。

カレンダー

<<   2010年12月   >>
      01 02 03 04
05 06 07 08 09 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

新着記事

月別アーカイブ